保証人への請求

債務者が債権を弁済せずに滞納した場合、すぐに連帯保証人へ請求するべきです。連帯保証人は債務者と同じ返済責任を負っています。つまり、保証人への請求も主債務者への請求も方法は同じです。そもそも、債権回収を確実にするためには、契約締結時に、支払い能力の高い保証人を獲得し、保証人ではなく、連帯保証人として契約させることが重要です。保証人への請求についてお悩み対処法をご紹介します。

保証人への請求に関する法律相談

  • 夫婦の連帯責任について

    民法761条(夫婦の連帯責任)に関しての質問です。 旦那Aにお金を貸しております。 妻B(同居はしているが籍は入れていない) ①同居はしているが籍は入れていない相手側に対しこの条文による連帯...

    1弁護士回答
  • 名義トラブルと精神的苦痛

    外国人の夫の弟の住む家を夫が借主、私が保証人という形で賃貸契約を結びました。 不動産屋には住むのは弟一人という形で4年前に契約しました。 その際の費用はこちらで立て替え後日弟に払っ...

    1弁護士回答
  • 印紙のない借用書での、連帯保証人への返済請求

    印紙の貼っていない借用書、連帯保証人は署名と拇印です。 借主が死亡したので連帯保証人に請求できますか? その際、やはり弁護士さんを通した方がいいですか? 返済期日は2018年4月20日と...

    6弁護士回答
  • 債務者の母親の戸籍は取れますか?

    債務者の母親の戸籍は弁護士照会で取れますか?連帯保証人をたてたいのですが、債務者はなんだかんだと立てず、4000万の貸し金に9万しか返しません。債務者の親族にお願いしたいです。

    2弁護士回答
  • ビジネスをしてる友人にお金を託した、渡したものは返金可能であるか。

    ビジネス関係で知り合った友人にお金が倍になる案件があると言われ、90万円を渡しました。内容は把握できておらず、どのようにお金が渡っているか知りませんでした。お金が入るという期間か...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す