債権譲渡

債権譲渡をすることで債権の回収をすることができます。債権譲渡とは債権の内容を変えずに債権者の意思によって第三者に債権を移転させることです。ただし、債務者に債権譲渡を主張するためには対抗要件を満たす必要があります。対抗要件を主張するには確定日付のある証書を内容証明郵便で送る方法が確実でしょう。その他、債権譲渡の条件や手続方法など債権譲渡に関するお悩み対処法をご紹介します。

債権譲渡に関する法律相談

  • 債権譲渡契約したのに使い込まれた場合

    ファクタリングで、ある会社と債権譲渡契約を結びました。 しかし、当日売掛先から入金があったのにもかかわらず、契約を結んだ本人と連絡がとれず集金できませんでした。 2日後くらいにその...

    1弁護士回答
  • 債権譲渡は有効でしょうか?

    債権譲渡は有効でしょうか? 4000万貸した相手がいます。相手は東北の社長に1700万貸していて借用書の写メはあります。 ただ、相手から岩手の債権を譲渡するというメールは有りますが、それ...

    1弁護士回答
  • 相手方への内容証明の作成期間について

    現在、不当利得返還請求を弁護士に依頼していますが、初回相談から3ヶ月、委任契約締結と着手金の送金から2ヶ月経過しても特に進捗の報告がないため進捗確認の連絡を入れたところ、まだ内容...

    2弁護士回答
  • 債権差押と債権譲渡が競合した場合の対処方法

    債務者の売掛金に債権差押を申立したところ、後になって債権譲渡されていたことが判明しました。 この場合の対処方法をご教授下さい。

    2弁護士回答
  • 譲渡先を明示せずに契約に伴い発生する債権譲渡を可とする条項の有効性

    企業と広告掲載サービスの契約を行う予定です。 契約期間は2年、月々のサービス料の明示はありますが、中途解約した場合、残りの期間のサービス料を支払うという特約が付いています。 さら...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す