担保権

担保権を設定することは債権回収を確実にする有効な方法の一つです。担保権を実行することで裁判の判決を得ることなく債権を回収することができます。担保権は大きく2種類に分類することができ、当事者間の合意で成立する「約定担保」と、法律上の定められた条件を満たすと当然に成立する「法定担保」があります。約定担保には抵当権や譲渡担保権、質権などがあります。法定担保権には先取特権があります。担保権についてのお悩み対処法をご紹介します。

担保権に関する法律相談

  • 銀行の質権設定について

    銀行の質権設定についてご質問です。 銀行の質権設定については、口座を保有する会社の代表者が同席できない状態においても 設定をすることは可能でしょうか?

    1弁護士回答
  • 譲渡担保は被害者弁済になりますか?

    被害者弁済が成立したという事になりますのでしょうか? 交際相手に4000万詐欺され、刑事告訴し受理が決まってます。 交際相手から示談要請が有り、50万毎月分割。あとは交際相手が所有する...

    1弁護士回答
  • 抵当権の未行使によるデメリット

    抵当権を設定して、支払期限が到来しても抵当権者は抵当権を行使するかどうかは任意なのですか?行使しないまま放置するとデメリットはありますか?

    2弁護士回答
  • 抵当権の行使と履行期限

    抵当権を設定した後、抵当権の行使をするには履行期限を経過していないと、できませんか?

    4弁護士回答
  • 所有権移転登記をする前に抵当権を設定されました。

    昨年末に裁判で「所有権を移転せよ」との判決をいただきまして、ゆっくりと移転の準備をしていたところ、 第三者より抵当権が設定されました。 これに対抗する手段はないのでしょうか? 何...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す

担保権の解決策を探す