542件見つかりました

法律相談一覧

  • 生命保険金と遺留分算定について

    ベストアンサー

    相続対策で生命保険に親に入ってもらおうと思います。保険金を受け取った場合、遺留分算定の財産に含まれますか?

    弁護士回答
    2
  • 遺留分算定の基礎になる財産は?

    遺言が検認されました。相続人は被相続人の子供ABCの三人です。 遺言は、母が住んでいた家と土地(売買価格で4500万位)を長男A(母と同居、現在居住中) に相続させるというものでした。 他に800万くらいの不動産がありますがこれに関してはなにも明記されていませんでした。 BとCは遺留分減殺請求をしました。 ①BとCは、明記のなかった不動産は3人で等分...

    弁護士回答
    3
  • 遺留分の算定について(生命保険)

    ベストアンサー

    遺留分の算定についての相談です。 契約者が被相続人(亡くなった人),被保険者が相続人,受取人が被相続人(亡くなった人)の場合,保険料の掛け金(生前に一括で支払っています)は,遺留分の算定の基礎に入れる必要があるのでしょうか? また,契約者が被相続人,被保険者が相続人,受取人が相続人ではない第三者の場合,同じく,保険料の掛け金(生前に一括で支払っ...

    弁護士回答
    4
  • 遺留分の算定について(土地・畑)

    ベストアンサー

    遺留分の算定についての相談です。 土地(畑)の評価はどのようにしたらよいでしょうか。 固定資産税評価額でしょうか。 相続税のように、固定資産税評価額に倍数をかけた額でしょうか。 この土地では、一部で家庭菜園を行っています。 育てた野菜を商品として出荷したり、賃貸収入を得たりはしていません。 よろしくお願いします。

    弁護士回答
    3
  • 遺留分の算定について(生命保険)

    ベストアンサー

    遺留分の算定についての相談です。 被相続人は、亡くなる5・6年前に、生命保険に入っています(一括で支払っています)。 また、相続トラブルを心配していたようで、10年前に公正証書遺言を作成して、定期的に更新していたようです。 相手方より、公正証書遺言作成後に、保険に入るために引き出した預金は、操作されたものだから、遺留分に算入せよと主張されています。 ...

    弁護士回答
    5
  • 贈与と遺留分の算定について

    親A,Bには現在合計9000万円の資産があり、AとBの間には子CとDがいます。 また、相続発生時には残りの資産が8000万円まで減少していると仮定します。 また、AとBは20年ほど前にCの家賃を合計800万円負担しています。 A、Bは共にCへは遺産相続させたくないと思っており、遺言ではすべての遺産をDに相続させることになっています。 この場合、CがA,Bの死後に遺留分減殺請...

    弁護士回答
    1
  • 相続における遺留分算定方法。特別受益の扱いについて

    今年初めに亡くなった父の遺産相続のことで相談します。母は既になく相続人は私と妹です。父は30年前に妹に新居の援助として2000万円ほど生前贈与をしています。恐らくそのこともあって、父は遺産3000万円を全額私に相続するよう遺言を残しました。 しかし、妹から遺留分の減殺請求を出すと言ってきました。妹は、昨年に相続法が改正され、遺留分算定には特別受益が10年以...

    弁護士回答
    1
  • 遺留分算定の基礎となる財産額の求め方

    遺留分算定の基礎となる相続財産が,たとえば,建物持分100%(固定資産評価額500万円),土地持分50%(全部の固定資産評価額1000万円)のみで,土地建物セットでの現況販売価格を2100万円とします。この場合,固定資産評価額を基準とすると,遺留分基礎となる財産額は500万円+1000万円×50%=1000万円ですが,現況販売価格2100万円を基準とすると,どう考えればいいでし...

    弁護士回答
    4
  • 遺留分算定・亡くなる前の預金引き落とし

    ベストアンサー

    【相談の背景】 父が亡くなり、後妻に財産をすべて遺贈する旨の遺言がありました。 相続人は後妻と子2人で、私は子です。 遺留分請求を考えていますが、父が危篤状態の際に父の口座から200万円ほど引き落とされていることがわかりました。 父は意識がない状態でしたから、後妻が引き落としたと思われます。 理由は「入院費・葬祭費の手付金・生活費」とのことでした。...

    弁護士回答
    2
  • 遺産における生命保険金の比率が高い場合の遺留分算定について教えて欲しいです

    ベストアンサー

    【相談の背景】 相続人は配偶者と子供2人(子供A、子供B)です。 遺言書では子供Bは相続を放棄するよう記載されているため遺留分を主張しております。 財産は生命保険と預金のみです。 生命保険金 3500万円 (受取人内訳 配偶者:3000万円、子供A:250万円、子供B:250万円) 預金 8000万円 生命保険金は遺留分の算定の基礎の金額に含まれ...

    弁護士回答
    4
  • 生前贈与と法定遺留分の算定対象範囲について

    【相談の背景】 ・家族構成は父、母、兄、自分、妹と妹の子供(孫)3人です。父が全財産を妹と妹の子供(孫)に相続させる遺言を残すことを考えています。 ・2007年、父は妹に2千万円の生前贈与をしました。 (【民法1043条3項】により生前贈与の法定遺留分への算定は相続開始前の10年間に行ったもののみが対象。一方、『当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを...

    弁護士回答
    1
  • 遺留分減殺請求があり遺留分を算定する場合、遺言執行者の報酬は控除して算定すべきか?

    ベストアンサー

    1 非相続人は遺言で、遺言執行者とその報酬を決めていました。 2 相続人の一人には、ゼロという内容の遺言であったため、遺留分減殺請求が行使されました。 3 そこで、遺留分を算定する際に前述の遺言執行者の報酬は、財産から控除して計算するのでしょうか? ■どなたか、お詳しい方ご教示頂けると幸甚です。よろしくお願いいたします。

    弁護士回答
    1
  • 遺留分侵害について 額の算定。

    ベストアンサー

    遺留分侵害について 母親が、私に「全財産を譲る」との公正証書遺言を作成いたしました。 今の時点で、予想される相続人は、私の兄、亡くなった姉の子供が二人(代襲相続人)です。 全財産を譲るということなので、遺留分侵害の問題があるかと思います。 遺言には、母の葬儀費用や医療代、施設代金などは、私が負担することとするとあります。 質問1 この医...

    弁護士回答
    1
  • 遺留分の基礎財財産の算定

    遺留分の基礎財産について質問があります。 遺留分の基礎財産には、相続開始以前に行われた贈与も含む場合があると思いますが、次のケースも含まれるのでしょう? ?相続人に対して、相続開始1年以上前に行われた贈与で、1年間で110万までの贈与(理由はこづかいや謝礼)は、遺留分算定の基礎財産に含まれますか? ?上記の内容で、相続開始前の10年間で、そのような贈与...

    弁護士回答
    1
  • 遺留分侵害額の算定における相続によって得た財産価額について

    ベストアンサー

    本人訴訟中の原告です。 遺留分侵害額の算定で被相続人の基礎財産に遺留分割合を乗じて算定した遺留分の額から遺留分権利者が相続によって得た財産の額を控除し、同人が負担すべき相続債務の額を加算して算定する。 となっていますが、「遺留分権利者が相続によって得た財産の額を控除」の点でお教えいただきたいです。 実は被相続人の遺言でわたくしは預金の3分の1を...

    弁護士回答
    1
  • 遺留分侵害額の算定方法について

    ベストアンサー

    【相談の背景】 父が亡くなり、自筆遺言書にはすべての財産を後妻に遺すとの内容が書かれていました。 相続人は後妻、前妻の子2人で、前妻の子の私には特別受益はありません。 プラス財産2000万円、負債1000万円、私の遺留分割合は1/8です。 遺留分を請求したいと思い交渉中ですが、遺留分の算定方法について疑問があります。 最高裁の判例では、『相続人のうちの1...

    弁護士回答
    4
  • 遺留分減殺 価額弁償額の算定について

    知人が相続にあたり、遺留分減殺請求の意思表示の上、唯一の相続財産である不動産に付き、遺留分減殺を原因として持分の移転登記請求訴訟を提起した所、被告(知人の兄)が価額弁償の抗弁を提出しました。この「価額」の基準は、一般的に言って何なのでしょうか。固定資産課税評価額、路線価、時価・・判例では「時価」という言葉がでてきますが、訴訟上で鑑定を求めること...

    弁護士回答
    1
  • 遺留分侵害額の算定における「法定相続分」とは?

    「最高裁平成8年11月26日第三小法廷判決・民集50巻10号2747頁」 によると、 遺留分侵害額=(相続開始時の財産価額+贈与価額-債務額)×遺留分の割合×『法定相続分』-遺留分権利者の特別受益価額-同人が相続によって得た財産価額+同人が負担すべき相続債務額 とのことですが、上記算式における『法定相続分』について質問します。 元々、法定相続...

    弁護士回答
    2
  • 相続人と債権者が同一人物の場合の遺留分の算定

    ベストアンサー

    被相続人 : 父 法定相続人 : 後妻と前妻との間に生まれた長男(私) 遺産 : 不動産Aと現金約200万 負債 : 1900万円 遺言書 : 公正証書 遺言の内容 : 後妻に全て相続させる 遺言の内容は後妻に財産も負債も全て相続させるというもので、私は遺留分減殺請求をしようかと思っているのですが、不動産Aの登記簿を取ってみたところ、不動産の購入時に後妻の名前で1900万円の...

    弁護士回答
    2
  • 遺留分減殺請求権の算定額における特定受益について。

    ベストアンサー

    出来るだけ要点を聞きたいと思います。 遺留分減殺請求権の算定額を決定する際に死亡時の財産の他に相続人間の平等を考慮するために生前に特定の 者が特別な利益を受けていた場合もそれを加算すべきだと知っていますが、そこで私のことについてのことですが、小学校高学年に心気症を患って以来、死に対する恐怖で疲労困憊となり、中学校の時にはパニック障害に陥り、外...

    弁護士回答
    1
  • 遺産相続 遺留分請求における土地評価額算定について

    【相談の背景】 父親死去(昨年8月)に伴う遺産相続について。 相続対象となる財産は下記のとおりです。 ・都内に土地 約350㎡ ・その土地にアパ-ト 築40年弱 2階建て 2LDK 5部屋分 ・金融資産 約1,100万円 相続人は自分(兄)と妹です。母親は3年前すでに死去しています。 遺言があり、自分への遺産相続は無し。すべての遺産相続は妹となっています。ちょっ...

    弁護士回答
    3
  • 遺言書の財産目録のうち、一つだけ財産額が算定できませんが、遺留分侵害請求訴訟できますか?

    ベストアンサー

    【相談の背景】 遺留分侵害請求の提訴を予定している者です。 遺言書にいくつか記載された財産目録のうち、ある一つだけ自力で調査困難且つ、相手方が詳細情報開示を拒否している財産(合同会社の債権、株式、遺贈)があります。 相手方はこちらからの連絡や郵便物も受け取らず無視し続け半年程経ちキリがないので、早く遺留分請求訴訟を起こしたいと思っています。 ...

    弁護士回答
    1
  • 預かり保証金は相続債務になるのか

    父の相続に関して、私は唯一の相続人なのですが、生前、父は甥っ子を可愛がっていたこともあり、公正証書遺言を残していました。内容は、すべての財産を甥っ子に遺贈するとの内容でした。 私は、納得がいかないのですぐに遺留分減殺の請求をしました。 財産の中身は、不動産、預貯金のみなのですが、不動産の中に収益不動産があります。この収益不動産の預かり保証金が4...

    弁護士回答
    1
  • 遺留分減殺時の土地評価額

    仮に裁判で、遺留分精算金の不動産土地評価額を出す場合、税務署での相続税算定時の評価額・遺留分に関しての何か規定のある評価額・特別に定められたもの・など決められているのでしょうか?

    弁護士回答
    1
  • 遺留分減殺請求においての現物返還請求権について

    ベストアンサー

    父が亡くなり、相続人は母、兄、自分です。 母に全財産遺贈するとの遺言書があり、自分が遺留分減殺請求をいたしました。 遺留分の算定の基礎の財産の計算方法のに異議がある旨は伝えてあります。 母の勝手な遺留分の計算で現金書留を送ってきました。(未開封) 価格弁償の申し出と現金の送付ということをして、現物返還請求権を消滅させようとしております。 現物...

    弁護士回答
    2
  • 特別受益、持ち戻し免除の意思、遺留分の関係について

    ベストアンサー

    相続人は、兄弟2人です。 兄は、被相続人から3千万円を援助してもらい、被相続人所有の宅地に、兄名義の家を新築し、被相続人と同居していました。 現存の遺産は、兄所有の家が現在建っている、固定資産税評価額1千万円の宅地のみです。 遺産分割調停で3千万円の贈与が、特別受益と認められた場合、暗黙もふくめて持ち戻し免除の意思の有無が問題になるかと思います。 ...

    弁護士回答
    1
  • 遺言書と、遺産の遺留分について。

    父方の祖母がなくなりました。父は姉、兄との3人兄弟で二人は祖母が生前に財産を相続しており、遺言書には残りの財産は父に相続させると書いてあります。公的な文書です。 しかし、父の姉が自分達にも遺留分としてもらう権利があると主張します。この姉夫婦は借金があり、相続するはずの土地には抵当がついていました。返済状況もよくないらしくその土地は売却して返済する...

    弁護士回答
    3
  • 遺留分、特別受益、時効の援用について

    遺留分について、相続で公正証書遺言があり内容には30年前ほど前にマンションのお金1200万ほどを母が私に出しているという内容であり、生前贈与をされているので、遺留分を請求できないと言われました。ただ物的証拠はなく、私はこれを生前贈与だとは思ってなく、口約束で借りたという記憶があります。この場合は遺留分は請求出来るのでしょうか?また借りたお金は時効にな...

    弁護士回答
    2
  • 遺留分減殺請求について1点教えて下さい

    ベストアンサー

    お世話になります。 遺留分の算定時、贈与した相手が相続人以外の場合は条件のひとつに 「被相続人と受贈者の双方が遺留分権利者に損害を加えることを知ってした贈与」 とあるのですが、これについて教えて下さい。 【ご質問】 1、遺留分権利者に損害を加えることを知ってかどうかを、裁判所はどこで判断するのでしょうか? 2、贈与者がまだ存命の場合、存命中...

    弁護士回答
    2
  • 特別受益の要件について

    ベストアンサー

    同居している父から、2年程前に「将来、自宅の修繕費につかいなさい」と言われて500万円受け取りました。 父は長い間病気を患い、何時亡くなってもおかしくない状態です。 贈与を受けた場合、「特別受益に該当するなら遺留分算定の基礎となる財産に持ち戻さなくてはならない」と書いてあります。 自宅の修繕費としてもらったお金は特別受益に該当しないと思う...

    弁護士回答
    1
  • 相続土地で使用借権の負担のある土地の客観的評価額は一定程度減額評価されるのか?

    被相続人が残した土地について、相手方と遺留分減殺請求の調停中です。当方と相手方は、本土地に使用借権が設定さっれていると認めている。当方は国税不服審判所の裁決や国税庁の通達等を理由に使用借権はゼロ評価であると主張している。 しかし相手方は当方の主張に反論し、「相続税又は贈与税等の算定に際した評価額に関するものであり、遺留分算定にための財産(不動産...

    弁護士回答
    3
  • 相続手続きに関して質問させて頂きます。

    ベストアンサー

    A(被相続人)には、BとC(いずれも子)の相続人がいるとします。 質問1. Bが相続放棄し相続人とはならない場合でも、Bに対する生前贈与が、民法1030条の要件を満たす場合は遺留分算定の基礎財産に算入されるとご教示いただきました。 ここで相続放棄したBは相続人ではないところ、CのBに対する訴訟手続きは遺留分減殺請求訴訟あるいは 通常の損害賠償請求訴...

    弁護士回答
    1
  • 遺産分割協議で遺産を相続人間の借金返済に当てることはできますか?

    1.兄弟間で借金がある場合、親を相続する際の遺産分割協議において、債務残高に同価値の不動産を債権者である相続人に相続させ、それをもって債務消滅とする内容の合意をすることはできるのでしょうか? 2.また、その不動産は弁済として受けた相続人の遺留分算定に含まれますか?それともこれとは別で取り分を与える必要があるのでしょうか? 3.また、遺産分割協議で弁済...

    弁護士回答
    1
  • 遺留分減殺請求における持ち戻しの免除

    遺留分減殺請求訴訟の原告です。原告である私の大学の学費について、特別受益として持ち戻しの対象になるか争いがあります。両親の意向で兄弟の中で私だけが大学を卒業しています。これに関する主張として、持ち戻し免除の意思表示が推定されるとして、持ち戻しの対象とならない旨の主張をしたいと思っています。しかし、遺留分の算定の際には,持ち戻し免除の意思表示は一...

    弁護士回答
    1
  • 遺留分減殺請求権の行使方法

    同順位の相続人が 4人割合は各自4分の1づつの法定相続分を持っていますがここに突然、公正証書遺言書の存在が明らかになり、1人に不動産を含む一切の財産を相続させる。この遺言の遺言執行者も一切を相続する人間を指定してあり後は、特に遺言と呼べる内容は何もなく困っています。 遺留分減殺請求権の行使をしたいのですが、財産目録も交付されず、遺留分の算定はおろか総...

    弁護士回答
    1
  • 遺留分侵害額請求権など

    ベストアンサー

    【相談の背景】 父と義理の母は離婚財産分与で裁判中でした。 一審の判決後、義理の母が控訴したところで父は死亡しました。判決の財産分与額は2000万円位です。父は納得していました。 父と母は裁判中と合わせて7年間別居していました。 遺言公正証書は結婚当時、一切の財産を妻に相続させるとありました。 7年の間、子供達で父の生活費や病院の送り等をしていました...

    弁護士回答
    2
  • 遺留分減殺請求の時効について

    ベストアンサー

    遺留分減殺請求ができるのかどうかがわかりません。 父が亡くなり、公正証書遺言と執行者の弁護士さんから届いた遺産目録があります。 それによると私が相続できるのは現金の一部のみで、相続割合は全体の6分の1くらいですが、不動産評価や非上場自社株式評価、その他の現金以外の財産評価が不明瞭で疑問があり、きちんと確認して評価をやり直したら遺留分は少し侵害...

    弁護士回答
    2
  • 相続、遺留分に詳しい弁護士の方

    相続、遺留分に詳しい弁護士の方 三点お伺いします。 1、法定相続分・遺留分について 法定相続人は配偶者Wと実子二人A,Bです。 そこへ、養子Cが入ったとします。 本来は、実子二人A,Bは遺産の4分の1がそれぞれの法定相続分です。 遺留分はそれぞれ、その半分の8分の1ですね。 養子Cが入ったことで、実子二人A,Bと共に子三人はそれぞれが ...

    弁護士回答
    2
  • 遺留分侵害請求権について

    ベストアンサー

    【相談の背景】 父が亡くなりました。私は前妻との娘です。現在の再婚相手との間に子供はいませんでした。父の財産は過去10年以内に再婚相手に生前贈与していました。 父の子は3人います。 そのうち1人は遺留分侵害請求をすると言っています。私と残りの1人は請求しません。 【質問1】 私が遺留分侵害請求権をしないと請求した1人の子はどの様に算定されますか。

    弁護士回答
    2
  • 遺産分割後のトラブル

    ベストアンサー

    身内から催告書が来ました。 内容は 父の遺産分割で 私に対して渡した額より 弁護士に算定してもらった遺留分が少ないので 差額を支払えと言うものでした。 弁護士無料相談に行って払う必要はないと 言われたのでそのままにしてありますが 相手が精神を病んでいてそれが悪くなっているから このままにすると大変なことになる と連絡がありました。 こちらか...

    弁護士回答
    3
  • 相続人が二人で、超過特別受益者がいる場合

    ベストアンサー

    相続財産は、預貯金のみで、既に相続人のAが引き出して預貯金残高は0円てす。 相続人はAとBの二人だけです。 Aが、引き出した預貯金は、特別受益になり.Aは、超過特別受益者ということになります。 この場合、Bは、遺産分割調停を起こして、Aの特別受益を持ち戻した相続財産の算定をして、そこから、bの遺留分の範囲を請求できますか? または、不当利得の返還請求をし...

    弁護士回答
    1
  • 相続財産、保険金は特別受益になるのか

    相続人A(兄)に全財産を相続すると遺言があり、他の相続人はB(弟)のみ、Bは遺留分減殺請求の意思表示をしています。相続財産は預金が1億円、土地建物が鑑定による算定価格2000万円。相続人Aが取得した保険金が4000万円あるとします。 1.この保険金は特別受益とみなされるのでしょうか。 2.調停で未解決→遺留分減殺請求の訴訟となった場合、この訴訟で保険金を争うの...

    弁護士回答
    1
  • 遺産分割裁判での算定期日は

    遺産分割の件ですが、遺留分の金額で相手Aと揉めています。1.Aの生前預金引き落とし不明金を調査し、銀行の払い出し書はAの筆跡と印。 2.遺留分減殺請求書を内容証明で郵送済み。その後話し合いに応じない為未解決。法定相続人が3人として仮に裁判をした場合、1.の生前引き落とし分は、3分の1? 6分の1? 調査をし判明した期日が相続発生2年後の時、いつから遡り未払い金利息...

    弁護士回答
    1
  • 公正証書遺言を残した場合の相続について

    【相談の背景】 現在は独身ですが離婚経験者で子が一人おります。 しかし、その子や元妻とは別れて以来、数十年全く交流がありません。 その為、自らの財産全てを姪に譲る旨の公正証書遺言を作成しました。 遺産には遺留分というのがあるのは承知しています。 【質問1】 財産の大半が上場株式です。 遺留分の請求権の時効が10年かと思うのですが、算定にはいつの...

    弁護士回答
    1
  • 土地の評価額は

    突然お願いします。仮に遺留分減殺請求裁判での土地評価額とは、何を基準として算定するのでしょうか?1.被相続人の亡くなった年の名寄せ帳金額 2.裁判した年の名寄せ帳金額 3.1か2の名寄せ帳金額に倍率で評価した金額 4.それ以外で法的に決められている算定評価金額 どの様になるのか教えて下さい。仮に裁判後に支払え。と判決が出た場合、いつの日から計算して支払い金額が...

    弁護士回答
    3
  • 遺留分減殺について

    ベストアンサー

    相続関係において「遺留分減殺」という法律があると知りました。そこでご質問させていただきます。 1.当事者は父と子(養子)の家族関係です。配偶者はすでに死亡してます。父と子は別居してます。 2.父が死亡し、遺言書によると、遠縁の人と身の回りを世話してくれた人に現・預金のほとんどを分け与えることとなっています。割合は現・預金1000万円のうち各人に400万円づつ...

    弁護士回答
    2
  • 生前贈与の遺留分減殺請求の時効の考え方について

    母が無くなり2年たちました。 さかのぼる事15年ほど前に、現金を母から生前贈与として 頂きました。 また、母がなくなるまでの間、一切の面倒を私が 見ていました。 2回忌の時に弟が生前贈与を私が受けていた ことを知りました。 この場合、15年前の生前贈与は 遺留分減殺請求の対象となりますでしょうか? 取得時効になりませんでしょうか? また、寄与分はど...

    弁護士回答
    2
  • 民法1029条について教えて下さい!借金がある相続に使えますか?

    ベストアンサー

    民法1029条についてお聞きしたいのですが、「遺留分は、被相続人が相続関始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加え、その中から債務の全額を控除して、これを算定する。」とは、もう少し簡単に言うとどういう意味でしょうか? 借金のある相続(被相続人は夫)を検討しており、夫名義の自宅を残したいのですが、このようなケースで使えるとすれば、ど...

    弁護士回答
    4
  • 遺留分の計算方法について教えてください。

    ベストアンサー

    遺産相続について遺言書を残そうと考えています。残される者への心配もあり困っております。 相続人が被相続人の配偶者、子供3人(仮に長女Aさん、長男Bさん、次女Cさん)である場合 遺言書により、一人の相続人(Aさん)のみに遺産の全てを相続するとした場合において、他の相続人の遺留分を計算するための遺留分算定基礎財産の計算について質問です。 1.下記①②の金...

    弁護士回答
    1
  • 遺産分割の計算方法を教えて下さい

    ベストアンサー

    遺産の算定方法についてお聞きしたいです。 相続人 、私と甥(亡兄の息子 現在、母の現金遺産100万 不動産なし 母から兄への生前贈与 380万 遺産分割で、対象になるのは100万だけなのですが 母が私と同居した時、実家を売って600万になりました。 現在、現金としては存在しないのですが 心情的な意味で、その分を甥から遺留分請求されたら 計算方法としては ①600...

    弁護士回答
    2

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから