現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
山村 邦夫弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

不動産・建築15

離婚・男女問題30

遺産相続21

犯罪・刑事事件17

全国16

宮城県1

( やまむら くにお ) 山村 邦夫

しんせい法律事務所

不動産・建築

分野を変更する
【無料法律相談あり・土日祝日対応可能】
相続人約60人の不動産登記にかかる訴訟の実績あり!
しんせい法律事務所
しんせい法律事務所
しんせい法律事務所

身近な法律事務所を目指しています。一緒に問題を乗り越えて行きましょう。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

ご相談においでいただいた方の気持ちに沿った立場で、法的解決を目指します。
法的な問題に遭遇した不安は計り知れません。
しかしそのまま放置していても事態は解決しません。
まずは私に相談ください。
明確かつ的確なアドバイスによって、一筋の光明あるいは目指すべき道標が得られることになるでしょう。


<重点取扱案件>

 ・登記に関する法律問題
  不動産に関する多種多様な問題に精通しています。

 不動産登記にかかる訴訟を最も得意としております。近年では、明治時代に設定された抵当権設定登記の抹消手続きを訴訟にて解決いたしました。相続人が60人近くいたため、全員の同意(実印への押印)をいただくのに相当時間を要し、かつその実現が困難でしたが、訴訟にて極めて迅速に解決いたしました。


<弁護士 山村 邦夫 の特徴>

 多くの方からうかがったところでは、他の弁護士に相談しても、明確なアドバイスや今後の見通しを得られなかったり、あるいはその弁護士が頼りなかったそうです。
ところが、私に相談したところ、私の明確かつ的確なアドバイスによって、自分のなすべき方向性や、今後の見通しを得ることができたと、ご好評をいただいております。
それがご依頼人が私を選任した一番の理由とうかがっております。

 法と証拠に基づく正当な権利行使において、最大限依頼者の利益を図ろうとする職務姿勢を自負しております。法の趣旨に反した手続きをすることを憚らない弁護士、あるいは依頼者の利益を尊重しようとしない弁護士とは、一線を画しています。


<しんせい法律事務所に依頼するメリット>

 ・弁護士歴17年のキャリアで依頼者をサポート *2004年(同会所属)
 ・税理士・土地家屋調査士・不動産鑑定士との協働で、複雑な問題も迅速に解決
 ・無料法律相談あり
 ・後払い可能、法テラス利用可能
 ・土日祝日対応可能
 ・最短で即日法律相談が可能
 ・ファックス・メールでの法律相談を24時間受付

この分野の法律相談

【相談の背景】 不動産共有物分割請求訴訟を提起しようと裁判所に訴状を提出しました。 訴状審査の段階で、書記官から電話があり、請求の趣旨通り判決が下った場合、それで登記ができるか法務局に確認したほうがいいと言われ、法務局に訴状をもって質問しに行きましたが、法務局は事前審査はしていない。弁護士や...

弁護士も、「この判決の主文で登記が受け付けられるかどうか」法務局に相談することはあります。 だめな時はだめと言われますが、彼らは「大丈夫」とは絶対に言いませんので、最終的には自己責任でやります。 これは司法書士も同じで、実例が乏しいケースでは、司法書士に相談しても「やってみなければわからない」と回答する人が多いです。 さて本件では、書記官が...

山村 邦夫弁護士

【相談の背景】 今年(2022年)土地を購入しました。 隣家とは塀で仕切りがあり、境界杭と同じ幅くらいのブロックが境界線上に平行して存在します。そのため、ブロックは境界杭の幅分境界線をはみ出しています。 隣家は住まわれて20年以上経過しているので時効無効が完成しているかと思いますが登記の登録はされ...

正確には合っていません。 「土地を購入しかつ登記を経ると、(時効取得者に優越して)確定的に所有権を取得する」が正しいです。

山村 邦夫弁護士

【相談の背景】 私の母の再婚相手と私の共有名義であった物件に一緒暮らしていたのですが、母が亡くなった後、その再婚相手と険悪な感じになり、出て行けと言われ出て行ったのですが、その物件を売りたいので協力しろと何度か連絡があったのですが、こちらが追い出されたのにと思い腹が立ち、無視を続けていたら、...

共有名義としたことに合理的な理由・原因があれば、これを足がかりに反論が可能になると思いますが、果たしてあるかどうかです。 他の先生のご指摘にあるように、持ち分を買い取ってもらう形の和解が比較的多いので、そういった形の解決を模索するのが現実的なように感じます。

山村 邦夫弁護士

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分毎に5000円(消費税含む)
成功報酬 基本的基準:権利対象の10%程度(税別、以下同じ)
簡易な案件:権利対象の10%
複雑な案件:権利対象の15%~
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(2件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

抵当権抹消の訴訟手続

依頼主 60代 男性

相談前

抵当権者として登記されている方の相続人が60人近くいたため、全員の同意(実印による押印と印鑑登録証明書の取得)をいただくのに相当時間を要し、かつその実現が困難でした。

相談後

訴訟にて極めて迅速に解決いたしました。

山村 邦夫弁護士からのコメント

山村 邦夫弁護士

抵当権設定登記が抹消されない限り、当該不動産を売却等の処分をすることができず、依頼者は大変お困りでした。相続人の方々の同意を得るまで待っていたのでは、いつのことになるか分からないという不安も抱えておられました。
訴訟によって一気に解決できたので、大変お喜びでした。

不動産・建築の解決事例 2

立ち退き料を支払わずに賃借人に退去していただきました

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 30代 女性

相談前

大家さんが賃借人に借家を退去してもらうよう求めていたところ、賃借人は借地借家法を盾に退去を拒んできました。他の弁護士に相談したものの、賃借人に対して立ち退き料を支払わないと退去の実現は困難であるとアドバイスされ、大屋さんは困って当職に相談にお見えになりました。

相談後

賃貸借契約におけるある条項を利用して、訴訟提起により、賃借人に対して、立ち退き料を一切支払わずに退去を求めることができました。

山村 邦夫弁護士からのコメント

山村 邦夫弁護士

賃貸人の退去において立ち退き料の支払が必須ではない一例であり、大屋さんも大変安堵されていました。

離婚・男女問題

分野を変更する
【無料法律相談あり・土日祝日対応可能】
熟年離婚案件が得意です。男性側の案件の経験と実績が多数あります!
しんせい法律事務所
しんせい法律事務所
しんせい法律事務所

身近な法律事務所を目指しています。一緒に問題を乗り越えて行きましょう。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

ご相談においでいただいた方の気持ちに沿った立場で、法的解決を目指します。
法的な問題に遭遇した不安は計り知れません。
しかしそのまま放置していても事態は解決しません。
まずは私に相談ください。
明確かつ的確なアドバイスによって、一筋の光明あるいは目指すべき道標が得られることになるでしょう。


<重点取扱案件>

 ・離婚・親権・財産分与・慰謝料、養育費、面会交流など離婚自体及び離婚後の夫婦・男女間の問題

 これまで取扱った事例はとても数えられないほど多数にのぼります。ただ近年では、ご主人からのご依頼で、奥さんに対する子供への面会交流につき、具体的な内容の面会交流条項を定めた審判を獲得し、さらに間接強制の手続きにまで至った案件があります。法に則った手続きを最後まで追求していく姿勢が重要だと考えております。


<弁護士 山村 邦夫 の特徴>

 多くの方からうかがったところでは、他の弁護士に相談しても、明確なアドバイスや今後の見通しを得られなかったり、あるいはその弁護士が頼りなかったそうです。
ところが、私に相談したところ、私の明確かつ的確なアドバイスによって、自分のなすべき方向性や、今後の見通しを得ることができたと、ご好評をいただいております。
それがご依頼人が私を選任した一番の理由とうかがっております。

 法と証拠に基づく正当な権利行使において、最大限依頼者の利益を図ろうとする職務姿勢を自負しております。法の趣旨に反した手続きをすることを憚らない弁護士、あるいは依頼者の利益を尊重しようとしない弁護士とは、一線を画しています。


<しんせい法律事務所に依頼するメリット>

 ・弁護士歴17年のキャリアで依頼者をサポート *2004年(同会所属)
 ・無料法律相談あり
 ・後払い可能、法テラス利用可能
 ・土日祝日対応可能
 ・最短で即日法律相談が可能
 ・ファックス・メールでの法律相談を24時間受付

この分野の法律相談

【相談の背景】  先日、弁護士事務所から私の妻宛に特定記録郵便で、不貞による慰謝料請求書が届きました。 内容としては、以前(約3年前)働いていた仕事場の男性と不貞関係にあったと聞き及んでおり、精神的苦痛を被っており、夫婦関係も悪化しているため300万円を請求しますと、その男性の妻からでした。なお...

1 そのとおりです。 2 負けとは限りませんが、依頼した方が安心です。 3 不当な請求を原因とする慰謝料請求がかんがえられますが、困難な面があります。 4 証明の必要はありませんが、反証は必要となる可能性があります。 してもいない不貞の請求で弁護士費用の負担を迫られるのは納得がいかないでしょうが、かといって誤った対応をして不貞の事実が...

山村 邦夫弁護士

【相談の背景】 相手の不貞行為が原因で別居する予定です。 私は精神障害があり障害年金を120万/年 受け取っています。障害は永久認定ではなく、2年に一度診断書が必要で金額が減額することもありえます。 またメンタルが安定せず長期間働いた経験が無く、だいたい1〜2年で転職や休職を繰り返してきました...

障害年金も収入として計算されます。 ただし、基礎収入額の計算において、  ・職業費がないことから、収入額の大半が算入される反面  ・障害者の自立支援という面を按分減額する という特殊処理がなされます。

山村 邦夫弁護士

【相談の背景】 養育費の変更について争っております。相手方の所得証明が出てきたところ、婚姻中に無かった本人該当欄のその他障害に○が入っております。 【質問1】 これは相手方が何らかの障がい者手帳を持っているということですか? そしてあらゆる減免を受けているということでよろしいでしょうか

相手本人あるいはその扶養家族につき障害者であるため、控除を受けているということです。

山村 邦夫弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分毎に5000円(消費税含む)
成功報酬 基本的基準:10万0000円(税別、以下同じ)
簡易な案件:なし
複雑な案件:20万0000円~
備考 ただし、金銭的請求が併合される場合には、通常民事事件の金額を下回らない。
調停から引き続き訴訟に至る場合には、上記金額に10万5000円から21万0000円が別途加算されることがあります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

妻が浮気相手の奥さんから慰謝料の請求を受けたことから、夫婦関係を守るため、当職がご主人から依頼を受けてその浮気相手に慰謝料を請求いたしました。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 男性

相談前

妻が慰謝料請求をされたことに対して、ご主人はとても憤っておりましたが、どうしたらいいかひどくお困りでした。

相談後

当職にて、ご主人から依頼を受け、妻の浮気相手に慰謝料を請求したところ、結局双方ゼロ(浮気相手の奥さんからのご主人の妻に対する請求がゼロであるとともに、ご主人の浮気相手に対する請求もゼロとする)ことで解決いたしました。

山村 邦夫弁護士からのコメント

山村 邦夫弁護士

今回のご依頼は、ご主人からの請求を認めてもらうことを目的としたのではなく、夫婦関係を守るため、ご主人が浮気をした妻を守ろうとしたものであり、ご主人の広い度量に対して、当職がそのお気持ちに応えようとしたのであります。
そこで、ご主人に協力していただき、浮気相手を訴えることによって、妻への請求を阻止することができたのであり、ご主人のご意向を叶えることができました。
単純に、請求した権利を実現させることだけが成果ではなく、ご依頼人様のご希望やお気持ちを叶えるために、どのような法的手段を選択し、どのように遂行していくかが重要であるかを実証した一例と言えましょう。

遺産相続

分野を変更する
相続は早めの対処が肝心です。大切なご家族間でトラブルを生じさせないように、今から将来を見据えておく必要があります。
しんせい法律事務所
しんせい法律事務所
しんせい法律事務所

身近な法律事務所を目指しています。一緒に問題を乗り越えて行きましょう。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

 親御さんが子供たちのためにせっかく残してくださった貴重な遺産をめぐって、子供たちが争うということは、意外に身近に生じています。法律では相続分を定めていますが、それは割合に過ぎず、具体的な遺産の分け方まで定めてはいません。そのため、遺産の分け方で意見が対立することが多いです。時には、「骨肉の争い」などといわれるような激しい感情の対立が生じることもあります。
 そのような場合に、当事務所では、法定相続分を前提としつつも、その具体的な内容について、合理的かつ妥当な解決を目指します。
 また、そのようなトラブルをできるだけ発生させないようにするため、遺言書の作成についても、当事務所はアドバイスを提供申し上げ、また遺言書作成の立会などを行います。
 将来禍根を残さないようにするためにも、遺産を巡って対立しないようにするためにも、あるいは激しく対立してしまった場合に解決への道を探るためにも、早めの対処が重要であり、そのお役に立ちたいと考えております。

この分野の法律相談

【相談の背景】 家屋と土地の登記名義人が違います。家屋を私に名義変更するには家屋の名義人が「土地の名義人の全員の承認が必要」だと主張しています。私は不要だと考えますが如何でしょうか。尚、土地の名義人は既に亡くなっており土地の法定相続人としては私を含め4名です。 【質問1】 この場合、全員の...

不要ですが、建物名義人が土地を借りているため、そのような発言をしていると思います。

山村 邦夫弁護士

【相談の背景】 相続人同士で遺産分割協議をしていました。 私が父の面倒を全てしていました。兄弟のほとんどはそれを理解しており、私に法定相続分以上の財産をくれるという約束をしてくれました。 しかし、1人が自分の判断で遺産分割調停を申し立てたようです。 私もですが、他の相続人もこれには納得いって...

一応、正当な理由なく調停に出頭しないと過料に処されるというルールにはなっていますが、実際にそれがなされた例を見たことも聴いたこともないので、現実的にはペナルティはない状況です。 しかし、不出頭を続けて審判に移行した場合に、それでも欠席を続けると、 >私が父の面倒を全てしていました。 という事情が一切反映されないので、相談者に不利になります。...

山村 邦夫弁護士

【相談の背景】 母が、自己所有の不動産を売却しようとしたのですが、当時入院中だった為、長男が代理人として契約書に署名し、母の委任状を添えて不動産業者に渡し、登記を担当する司法書士と母との確認も済ませました。 あとは司法書士から送られてくる書類を取り交わして、決済日を待っている状態の時に母が亡...

契約自体は有効のままですが、決済日前(所有権移転前)とのことなので予定外の登記手続きにならざるを得ず、また残代金を誰が受領するかなどの点を詰めないといけないため、決済が延期される可能性が高いだろうと思います。

山村 邦夫弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5000円(税込)
ただし、無料相談を承ることが可能ですので、お問い合わせください。
着手金 通常民事事件に準じます。
成功報酬 通常民事事件に準じます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

依頼者の寄与分を裁判手続外で実現しました。

  • 遺産分割
依頼主 男性

相談前

実母の遺産をめぐる争いで、法定相続分での分割自体には問題がありませんでしたが、依頼者が実母の面倒を見てきたことから、寄与分をある程度他の相続人に認めてほしいというご依頼でした。
裁判手続では、寄与分は別件で申立なければならない事項ですが、それによらず任意の交渉で実現できるか、相続人全員の意見の一致をみることができるかどうかが、問題でした。

相談後

協議の結果、依頼者の寄与分を他の相続人に認めていただきました。実母の面倒を依頼者が見てきたことを他の相続人もよくご理解いただいたケースであり、感情的な対立に至らず、相続人全員が誠実に協議した結果の賜物と言えます。

山村 邦夫弁護士からのコメント

山村 邦夫弁護士

相続人間に感情的な対立が未だ発生していなかったので、依頼者の意向を他の相続人に理解してもらいやすかったのと、他の相続人の希望を依頼者が受け入れやすかったということが、成功の鍵でした。
感情的な対立で話し合いがこじれる前に、対処できたことが、相続人間の信頼関係を維持しつつ話し合いを実現できたという好例であります。

交通事故

分野を変更する
「保険会社との交渉」「自賠責保険に基づく被害者請求」「訴訟による賠償金の獲得」の実績60件以上!最大限依頼者の利益を図ります。
しんせい法律事務所
しんせい法律事務所
しんせい法律事務所

身近な法律事務所を目指しています。一緒に問題を乗り越えて行きましょう。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

ご相談においでいただいた方の気持ちに沿った立場で、法的解決を目指します。
法的な問題に遭遇した不安は計り知れません。
しかしそのまま放置していても事態は解決しません。
まずは私に相談ください。
明確かつ的確なアドバイスによって、一筋の光明あるいは目指すべき道標が得られることになるでしょう。


<重点取扱案件>

 ・加害者の加入する保険会社との交渉、自賠責保険に基づく被害者請求
  (訴訟手続までを見据えた対応を心がけています。)

 加害者の加入する保険会社との交渉や、自賠責保険に基づく被害者請求、そして訴訟による賠償金の獲得については、これまで約60件以上の実績があります。


<弁護士 山村 邦夫 の特徴>

 多くの方からうかがったところでは、他の弁護士に相談しても、明確なアドバイスや今後の見通しを得られなかったり、あるいはその弁護士が頼りなかったそうです。
ところが、私に相談したところ、私の明確かつ的確なアドバイスによって、自分のなすべき方向性や、今後の見通しを得ることができたと、ご好評をいただいております。
それがご依頼人が私を選任した一番の理由とうかがっております。

 法と証拠に基づく正当な権利行使において、最大限依頼者の利益を図ろうとする職務姿勢を自負しております。法の趣旨に反した手続きをすることを憚らない弁護士、あるいは依頼者の利益を尊重しようとしない弁護士とは、一線を画しています。


<しんせい法律事務所に依頼するメリット>

 ・弁護士歴17年のキャリアで依頼者をサポート *2004年(同会所属)
 ・無料法律相談あり
 ・後払い可能、法テラス利用可能
 ・土日祝日対応可能
 ・最短で即日法律相談が可能
 ・ファックス・メールでの法律相談を24時間受付

この分野の法律相談

【相談の背景】 2016年10月に交通事故でけがを負わされました。 2018年11月に、加害者から自賠責を超えた治療費などの賠償金の一部を受領しました。 2019年2月に症状固定になりました。 加害者に、今月(2022年6月)に残りの治療費や後遺障害の慰謝料などを請求したところ、消滅時効を主...

1 いいえ、時効は完成していません。 2 そのとおりです。 加害者が弁済した時点で中断となり、それから3年経過する前に改正法が施行されたので、2023年11月まで延長されています。

山村 邦夫弁護士

【相談の背景】 知り合いが交通事故の被害者であり通院しております。 相手方の保険会社の担当者が被害者が通院している医師と面談しているようです。 【質問1】 被害者の同意なく加害者側保険会社の担当者は、被害者が通院している医師に面談できてしまうものなのでしょうか。

【質問1】 被害者が治療費を加害者側保険会社から医療機関に支払ってもらう場合、被害者は保険会社ないし医療機関に同意書を提出します。 もし、被害者の同意なく、保険担当者が医師から診療内容について情報提供を受けた場合、医師は秘密漏洩罪、医療法違反に問われますので、被害者の同意なくそのようなことはしません。

山村 邦夫弁護士

【相談の背景】 教えてください。 訴訟の文に「いわゆる赤い本 別表Ⅱ」の記載は良いのでしょうか やはり、「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準 別表Ⅱ」と 記載すべきですか。 【質問1】 訴訟の文に「いわゆる赤い本」の記載は良いのでしょうか 【質問2】 やはり、「民事交通事故訴訟損害賠償額...

【質問1】 【質問2】 正しくは、「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準上巻(基準編)」(いわゆる赤い本)別表Ⅱ です。 でも、 「いわゆる赤い本 別表Ⅱ」 でも十分意味が通じるので、これでも構いません。

山村 邦夫弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分毎に5000円(消費税含む)
成功報酬 基本的基準:権利対象の10%程度(税別、以下同じ)
簡易な案件:権利対象の10%
複雑な案件:権利対象の15%~
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
これまで200件以上の案件を解決してきた実績があります。実績及び経験では、他の弁護士の追随を許しません。およそほとんどの刑事裁判のケースを扱って参りました。
しんせい法律事務所
しんせい法律事務所
しんせい法律事務所

身近な法律事務所を目指しています。一緒に問題を乗り越えて行きましょう。

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

 罪を犯したとして警察に逮捕されるということは、いつ何時自分の身に起こるかわかりません。自分に身に覚えがなくても、突然手錠を掛けられて警察に連行されるということが起こりえます。いきなり家族から引き離され、自宅及び職場に戻れなくなり、 連日取調べを受けるときの辛さは、経験した者でなければなかなか理解できないため、そのような場合に備えるという意識を持ちづらいものです。
 ただそのようなとき、当事務所において、弁護士は弁護人として、刑事訴訟法の定めに則り、逮捕勾留された方との接見(面 会)を通じて権利の擁護に力を注ぎます。
 また、仮に罪を犯したことが間違いないとしても、それにはそれなりの事情があることも少なくありません。「自分が悪かった」というお気持ちがあったとしても、また「でもこうなったことには自分なりに事情があったのだから、それを他人に理解して欲しい」というお気持ちがあろうかと思います。そのようなとき、弁護士はそれを述べる機会をきちんと確保した上で、できるだけその事情を理解してもらうように努力します(情状酌量といわれるものです)。

この分野の法律相談

【相談の背景】 夫が7/1に覚醒剤取締法違反で在宅起訴され、まだ検事の取り調べも終わってませんが今朝職質され、簡易検査と精密検査の結果陽性となりました 【質問1】 実刑は免れないでしょうか? 【質問2】 執行猶予を勝ち取るとしようとした場合何をするべきでしょうか?

起訴されたのであれば、弁護人がつきますので、弁護人と相談してください。 確かに初犯であれば普通は執行猶予となりますが、起訴後に再び覚醒剤を使用したということだと、安心できません。 ただ、覚醒剤取締法違反の罪名で在宅起訴というのにはなにか事情があるように感じます。 なので、記録を閲覧できる弁護人しか精度の高い助言はできません。

山村 邦夫弁護士

【相談の背景】 私の父親なのですが、情けない事に酒気帯び運転で呼気0.25以上、初犯で違反点25点の罰金30万になりました。免許取り消しの事での質問です。 【質問1】 免許取り消し2年かと思うのですが、短縮出来る術なのが、もしあるのなら教えてほしいので、宜しくお願い致します。

1年の短縮はありえますが、運転者としての危険性がより低いと評価すべき特段の事情がなければならないため、短縮の可能性はないと思います。

山村 邦夫弁護士

【相談の背景】 今年1月にあるお客様AさんがY社の商品を買いたく、でも在庫がないので契約を結ばなかった。一方、Aさんの友達BさんがY社で商品を購入して、一部だけ支払っていて、残金百万円でした。そして、BさんがAさんに契約するため先にお金を振り込まなければいけないと、騙して残金を立て替えてもらうように...

不当利得ということであれば、相手はBです。 Yは、Bが詐欺を行うということを知っていた場合には、Bとともに(共同)不法行為責任を負うでしょう。

山村 邦夫弁護士

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5000円(税込)
着手金 30万円(+税)が基準です。
成功報酬 10万円(+税)ですが、成果の度合いによって異なります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(1件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

被害者に告訴権を放棄していただき、処罰を免れました

  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 30代 女性

相談前

夫が強制わいせつ事件で逮捕されたとして、奥さんが依頼にお見えになりました。突然のことで、どうしたらいいか分からず、大変混乱されていました。

相談後

まず冷静になって現状を理解していただくように務めました。
その上で、親告罪であったことから、当初告訴の取り下げを試みようとしましたが、調査の結果まだ告訴までされていなかった(被害届の段階)ことから、被害者に示談をお願いし、かつ告訴権を放棄していただきました。
そのため、起訴に至ることなく、解決いたしました。

山村 邦夫弁護士からのコメント

山村 邦夫弁護士

親告罪において告訴がないのに逮捕されてしまったという珍しい件でした。
その場合でも、起訴までの段階で告訴がなければいいことから、被害者が告訴しないこと(告訴権の放棄)を最大の弁護方針としました。
被害者の方も、辛いお気持ちでありながらも、依頼者である奥さんの状況を理解してくださったものであり、被害者の方の寛大なお気持ちに深く感謝申しあげます。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
しんせい法律事務所
所在地
〒980-0811
宮城県 仙台市青葉区一番町2-10-26 旭コーポラス一番町1203
最寄り駅
JR仙台駅、JR仙石線あおば通り駅、仙台市地下鉄広瀬通駅
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
対応地域

全国

事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 不動産契約
  • 不動産・建築
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5877-9248

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

しんせい法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5877-9248

※しんせい法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
交通アクセス
駐車場近く