現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

地役権

他人の土地を自分の土地の便益のために利用する権利を「地役権」と呼び、当事者間の契約によって成立することが多いです。ここでは、地役権の設定方法や注意点、よくあるトラブルと対処法などをご案内します。「長い間隣家の土地を通行していたが、所有者が替わったら通行を禁止されてしまった」「購入した土地に地役権が付いているため抹消したい」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

地役権に関する法律相談

  • 建築の仮処分した場合としない場合での損害賠償請求の額に違いがあるか?

    【相談の背景】 隣家と土地で揉めています。 相手は自宅の建て替えを進めようとしています。 通路部分に塀を建てられないよう仮処分申請と同時に通行地役権の確認裁判をするよう弁護士と...

    1弁護士回答
  • 駐車場を借りたことによって通行地役権を放棄したことになる?

    【相談の背景】 旗竿地に昭和45年に家を建て住んでいます。 奥の住宅部分に車庫があり、表の道路に出るために幅3メートル長さ15メートルの通路を使い自動車の出し入れをしています。 この...

    2弁護士回答
  • 通路地役権の時効では

    【相談の背景】 当家には生活に欠かせない通路があります。その通路は町が設置したもので溝の上にブロックを置いてありその上を通行しています。その溝の上に欠けてあるブロックの一部が通...

    1弁護士回答
  • 抵当権と通行地役権について

    【相談の背景】 隣宅と通行地役権のことでもめています。我が家は父親の土地を借りており、住宅ローンで土地建物に抵当権がついていますが、通行地役権が相談なく設定されてしまうと困りま...

    1弁護士回答
  • 自治体と電力会社の見解の違い

    【相談の背景】 二項道路に接する土地があります。上空には高圧線が二項道路と土地を跨ぐように走っていて土地には地役権が設定されています。この土地を買って家を作る場合、建築に伴うセット...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す