日照権

「日照権」とは健康的な生活を送るため建築物の日当たりを確保する権利です。ここでは、日照権を主張するための基準や手続き、よくあるトラブルと対処法などをご案内します。「隣地にマンションが建築予定だが、完成すると自宅が日陰になってしまう。設計を変更させたいが可能か?」「建築基準法に違反していない建物に対しては、日照権は主張できないのか」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

日照権に関する法律相談

  • 隣家との日照権問題について

    日照権の問題について相談させて頂きます。 いま自宅の西隣に家が新築中です。 その家は基礎工事を見て分かったのですが、敷地いっぱいに建つため、これまで午後になると西日がよく当たって...

    1弁護士回答
  • 日照権の侵害による損害賠償の協議申出書への対応について

    日照権の侵害による損害賠償の協議申出書が届きました。 約一年前、六階建てマンションの南側の隣接地に、二階建て+ルーフバルコニーの新居を建てました。この土地はかなり前には建物があっ...

    1弁護士回答
  • 隣の家との境界に植木を設置

    うちの住宅の庭と接している裏の家の庭との壁沿いに高さ3m程の植木を並べて目隠しをしようと思います。常にこちらを堂々の見ているのが我慢ならなくなったためです。 裏の庭は南向きで、こち...

    1弁護士回答
  • マンション建設による日照権について

    16年前にマイホームを購入しました。 隣が大きな戸建て住宅のため、日当たりがよかったのですが、その戸建て住宅を潰し、マンションができました。 そのせいで日差しが全くなくなり、洗濯物...

    2弁護士回答
  • マンション建設の法律問題

     自宅の近所に広大な空き地があります。過去にはマンション建設の計画があったのですが地元住民の反対もあり工事開始に至らないまま、沙汰やみとなっていました。  それから数年経って土地...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す