通常訴訟

債権回収で通常訴訟を起こすことは珍しくありません。債権の存在や金額についてなどの争いごとがあり、話し合いで解決しないような場合には、通常裁判を起こすのが適当でしょう。判決は、早い場合、第1回目の裁判期日終了後直ちに出ることもあります。ただし、通常は費用や時間がかかるので訴訟を起こしてもメリットがあるかどうかを見極める必要があります。裁判で判決を得ることができれば、債務名義となるので、強制執行をすることができます。手続きやかかる費用、弁護士に依頼すべきかどうかなど債権回収における通常訴訟のお悩みを解決しましょう。

通常訴訟に関する法律相談

  • 支払い督促どうすれば

    【相談の背景】 現在、簡易裁判所から支払い督促が届き異議申し立てをし、返事待ちです。 クレジットカードの返済が払えていなく、債権会社から18万一括で払って欲しいと書いてありました...

    1弁護士回答
  • 簡易裁判所から取下書が来ました

    【相談の背景】 今年の1月4日に簡易裁判所から譲り受け債権請求の訴えの通知が来たので生活が苦しいことや時効の申し立ての内容で異議申し立て書を書いて送った所、本日、「原告は訴えの全...

    1弁護士回答
  • 貸金請求裁判、答弁書

    【相談の背景】 貸金請求の裁判で被告は借りた事を認めました。 しかしそれは全額ではなく、 負担すべき残債務額は〇〇円である。 という答弁書でした。 【質問1】 全額はまだ認めて...

    1弁護士回答
  • 訴状の「請求の趣旨」について

    【相談の背景】 個人間での貸金の返還請求訴訟についての質問です。 元金に対して、年利息5%で借用書を作成してもらいましたが 分割での返済を希望されたので、毎月元金分プラス 年利息...

    1弁護士回答
  • 生活保護受給者に対する「債権者破産の申立て」は有効か?

    【相談の背景】 生活保護の受給者に対する、債権者破産の申し立てに関する質問です。 債権の金額は100〜150万円程度。裁判では、債権者の勝訴。損金処理はできるという前提です。 【質...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す