現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

通常訴訟

債権回収で通常訴訟を起こすことは珍しくありません。債権の存在や金額についてなどの争いごとがあり、話し合いで解決しないような場合には、通常裁判を起こすのが適当でしょう。判決は、早い場合、第1回目の裁判期日終了後直ちに出ることもあります。ただし、通常は費用や時間がかかるので訴訟を起こしてもメリットがあるかどうかを見極める必要があります。裁判で判決を得ることができれば、債務名義となるので、強制執行をすることができます。手続きやかかる費用、弁護士に依頼すべきかどうかなど債権回収における通常訴訟のお悩みを解決しましょう。

通常訴訟に関する法律相談

  • 借用した金銭を少しづつ返済しつづけた場合、訴えられたり差押をされたりする事は無いでしょうか?

    【相談の背景】 8年ほど前に海外投資の話があり投資をしました。私の知人も私同様に投資をしましたが結局上手くいきませんでした。その後、その出資して費用を回収するために、お互いお金を...

    2弁護士回答
  • 録音だけで取り立て訴訟は

    【相談の背景】 債務者死亡して600万の債権が有ります。父親が連帯保証人ですが、判子も サインも違ってます。と言ってます。 録音は有りますが借用書はありません。債権は私が4200万貸し...

    1弁護士回答
  • 連帯損害賠償の責任割合について

    【相談の背景】 現在、以前勤めていた会社から損害賠償の訴訟を起こされています。訴えられたのは、代表取締役社長ら4人、従業員の計5人ですが、連帯して弁償しろ、という訴訟の内容になっ...

    2弁護士回答
  • 自己破産手続きにおけるペナルティーの支払いについて

    【相談の背景】 知人が自己破産手続きをしました。 その知人が「会社は倒産、本人(知人)は免責許可決定されたので債権はなくなった。」と言っていました。 免責許可決定される過程におい...

    2弁護士回答
  • 弁護士会照会につきまして

    【相談の背景】 ①お金を貸していた相手Yを被告として,貸金返還請求訴訟を提起。 ②Yが刑務所に収監中だったため,被告の住所を「●●拘置所収容中」と記載した認容判決が下された。 ③判決...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す