現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

仮差押え・仮処分

仮差押え・仮処分は、債権者が債務者の財産を保護する手続きです。通常強制執行のための裁判を始めると長い時間がかかってしまいます。すると、その間に債務者が財産を隠してしまうかもしれません。そこで、予め訴訟前・訴訟中に財産を確保することが許されているのです。あくまでも債務者に知られることなく保全することが大切です。仮差押えとは、金銭の支払いを目的とする債権について、不動産や預金を処分されないように押さえておくことです。仮処分は係争物に関するものと、仮の地位を定めるものの2つに分かれます。仮差押え・仮処分についてのお悩みを解決しましょう。

仮差押え・仮処分に関する法律相談

  • 仮差押え前に預金を現金にしておくこと

    【相談の背景】 ある人にお金を借りております。間もなく訴訟を起こされるのですが、とりあえず銀行口座からはお金を引き出し、現金化しようと思っております。そうでないと生活が出来なく...

    1弁護士回答
  • 株式の差押えなどは可能でしょうか?

    【相談の背景】 債務名義を取得している法人代表者です。 個人の債務者がいますが、なかなか回収まで難儀しております。 その債務者が100%株主となって法人を設立し運営していますが、債...

    1弁護士回答
  • 仮処分登記につきまして

    【相談の背景】 原告が嘘をついて、不動産に仮処分登記がされています。 【質問1】 嘘であることは確実に証明出来ますが、仮処分登記はどのタイミングで抹消されるものでしょうか。 ...

    1弁護士回答
  • 仮差押え、起訴命令からの訴訟

    【相談の背景】 保証協会にマンションを仮差押えされています。第一抵当は銀行です。 任意売却より競売にもちこみ夫が購入できればと思い起訴命令をだしました。  すると保証協会は債務...

    1弁護士回答
  • 詐害行為についての質問です

    【相談の背景】 取引先の業者が、売掛金を支払わないので催促をしていたところ、他人の別会社に商品と事業を譲渡してしまいました。 連絡が取れなくなり、売掛金は支払うつもりがないよ...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す