現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

財産開示手続

財産開示手続きは、債務者が持っている財産を開示させる手続きです。債務者が財産を隠すのを防ぎ、強制執行を行えるようにします。財産開示手続きを申し立てるには強制執行を行うのに必要な債務名義が必要です。ここでは手続きの方法や、かかる費用、財産開示手続きができる条件についてご紹介します。財産開示手続きに関するお悩みを解決しましょう。

財産開示手続に関する法律相談

  • 他の誰かが最近財産開示請求をしていた場合、債務者の財産を把握することは難しいでしょうか

    【相談の背景】 財産開示は、1度誰かが申し立てると3年間はできないと聞きました。 【質問1】 既に別の誰かに開示された財産の状況や、開示された日時を参照することはできるのでしょ...

    1弁護士回答
  • 財産開示手続き不出頭

    【相談の背景】 財産開示の手続きをしましたが債務者が不出頭でした。警察に通報し捜査が進み被害届が受理される予定です。 【質問1】 罰金や逮捕とは別に債務者の財産を警察の協力を得...

    1弁護士回答
  • 財産開示で勤務先を開示できるか?

    【相談の背景】 少額訴訟の財産開示請求から勤務先を割り出したい。 【質問1】 少額訴訟の財産開示請求では、勤務先の開示を請求できるのか? 【質問2】 開示されなかった場合、ま...

    1弁護士回答
  • 少額訴訟の財産開示等について

    【相談の背景】 少額訴訟の強制執行をしたいが相手の金融機関を1つしか把握していない。 【質問1】 財産開示請求をして財産を開示して貰うと銀行口座は把握できるのか? 【質問2】 ...

    2弁護士回答
  • 財産開示、債務者居住不明

    【相談の背景】 債務者は住民票を移動させず逃亡しており 身元不明となっております。 裁判所からは財産開示の予告状を送ったが保管期間が過ぎたため返ってきたと連絡がありました。 ...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す