少額訴訟

少額訴訟は60万円以下の金銭を請求する場合に利用することができる訴訟手続きです。通常の裁判と異なり、一度の裁判で解決できるので素早い解決が望めます。ただし、相手である債務者が少額訴訟を利用することに反対した場合、利用することができないので注意が必要です。手続の方法やかかる費用など少額訴訟に関するお悩みを解決しましょう。

少額訴訟に関する法律相談

  • 医療過誤の少額訴訟について

    手術を行いましたが、術前とかわらなかったため、受診すると、術前の画像診断をみて診断ミスがわかりました。 医療過誤だとおもうので、なにかしらの補償を請求したいのですが、やはり裁判し...

    4弁護士回答
  • 少額訴訟の和解案に反故にした際のペナルティは盛り込めるのか?

    少額訴訟の和解についての質問です。敗訴する案件ではないのですが判決が下されても和解が成立しても相手が不誠実な場合それらを無視される可能性はあると思います。そこで確実に回収するた...

    2弁護士回答
  • 個人間融資(ひととき融資)の少額訴訟について

    個人間融資の件での相談です。 この度、簡易裁判所から訴状(少額訴訟)が届きました。 個人間融資で借りた相手からで、貸したお金を返せという内容です。 また、備考欄には昨年3月以降連絡...

    3弁護士回答
  • 財産開示請求までなった場合

    少額訴訟で財産開示までなった場合、 1.家宅捜査みたいなことをされるのでしょうか?

    3弁護士回答
  • 出会い系で女性貸したお金の返済可否

    ご相談があります。 出会い系で知り合った女性に13万円を貸しました。 何回か行為をすることで返済に充ててもかまわないかという話をされOKしましたが、録音されている可能性があります。借...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す