弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

支払督促

支払督促は裁判をすることなく、裁判所が債務者に支払いを命じてくれる制度です。お金と時間をかけずに利用することができます。しかし、利用する場面は見極めなければなりません。債務者が異議を申し立てると無効となってしまい、支払督促の手続き自体が無駄になり、通常裁判へ移行してしまうのです。相手が異議を申し立ててくるかどうかがポイントとなるでしょう。ここでは支払督促に関するお悩み対処法をご紹介します。

支払督促に関する法律相談

  • 任意整理支払いの延滞について

    債権回収手続き支払督促

    任意整理をしました。 最初は毎月払えていたのですが、体調を崩しほとんど仕事が出来ない月が続き、支払いが滞ってしまっています。 先日、一括支払いの催促が来ました。 払う事が出来ません...

    3弁護士回答
  • 未納料金支払いに対する督促と対応について

    債権回収手続き支払督促

    レンタカー業務に携わっている者です。 お客様に昨年12月より今年3月までレンタカーを貸出していたのですが、全く支払いに応じて頂けません。 状況としては、 ①昨年12月より数日間の貸出希望...

    2弁護士回答
  • 差し押さえで生命保険の支払い分を押さえられるか?

    債権回収手続き支払督促

    売掛金未払いのため、支払督促から差し押さえの流れで行こうと思います。 ①この場合言い方が悪いのですが、相手の会社の社長が生命保険を掛けている場合、数年後とかにもし保険金が支払われ...

    1弁護士回答
  • 支払督促異議申し立て後、保留期間

    債権回収手続き支払督促

    私は債権者です、債務者から支払督促の異議申し立てをされました。 証拠が乏しく、裁判をしても勝てないようなので、 500万と私にとっては高額の為、証拠が出て来る迄何年でも待ち裁判をした...

    2弁護士回答
  • 支払督促取り下げの印紙代

    債権回収手続き支払督促

    金銭請求のため支払督促を検討していますが、訴訟までは考えていません。 他サイトで 「支払督促の送達後に督促異議の申立てをされた場合は、通常の訴訟へ移行し、 このとき、印紙と切手の追...

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

支払督促に関する解決事例

山川 典孝

山川 典孝弁護士

交際相手に対して貸しつけた金銭の返還を求めた事例

交際相手に対して、240万円ほど貸しつけたところ、もらったものだとして返済されず、どのように返済を求めるか悩んでいた。交渉での解決が難しかったため、支払督促を申立て、その後の通常訴訟において、70万円余を分割で返済することで和解した。訴訟においても、相手方はもらったものだとして争ったため、証人尋問まで進みまし...

松永 大希

松永 大希弁護士

会社の売掛金を回収した事例

取引先が売掛金の支払いに応じず、督促を行っても、「必ず支払うから。」と言うのみで、一向に支払いを受けることができませんでした。そこで、弁護士に依頼して、売掛金を回収してもらうことにしました。依頼をした後、迅速に訴訟提起し、裁判上の和解が成立しました。取引先の経営状況から、全額の回収は難しいだろうと思っていまし...

山枡 幸文

山枡 幸文弁護士

職場の同僚に貸したお金の回収

会社の同僚に、給料日に返すから20万円貸して欲しいと懇願され貸してしまいました。、その後も10回以上貸し続け、何度か返してもらってはいるものの、未返済額が250万円にもなっています。定期預金も一部解約したりして、妻にバレないか心配です。最近同僚は私を避けるようになっていて、きちんと返してくれるか不安です。弁護...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...