支払督促

支払督促は裁判をすることなく、裁判所が債務者に支払いを命じてくれる制度です。お金と時間をかけずに利用することができます。しかし、利用する場面は見極めなければなりません。債務者が異議を申し立てると無効となってしまい、支払督促の手続き自体が無駄になり、通常裁判へ移行してしまうのです。相手が異議を申し立ててくるかどうかがポイントとなるでしょう。ここでは支払督促に関するお悩み対処法をご紹介します。

支払督促に関する法律相談

  • 訴訟中に被告を追加で加えること

    【相談の背景】 現在、訴訟してから5ヵ月経ちましたが、債務について支払い催促の訴訟をA会社にしましたが、調べていたら、原告は違うB会社と取り引きをしてその債務だと裁判中に分かりまし...

    1弁護士回答
  • 年金の連帯納付義務者について

    【相談の背景】 日本年金機構から服役中の息子宛てに督促が来ていたのを放置していたら主人宛てに 連帯納付義務者として督促状が来ました。 【質問1】 服役中の息子の年金まで支払う余...

    1弁護士回答
  • 支払督促申立ての意義申立てについて

    【相談の背景】 支払督促の申立てについて 支払督促を裁判所へ申し立て、相手方から仮執行宣言前の督促異議申し立てや仮執行宣言後の督促異議申し立てがあった際、 【質問1】 通常訴訟...

    1弁護士回答
  • 支払催促のやりかたについて

    【相談の背景】 昨年の8月19日と20日の2日に分けて知人に170万円貸しました。 その時は22日にお金が入ると言っていたため、支払日を8月22日にしましたが、今だに全額返ってきておりません...

    2弁護士回答
  • 支払い督促からの民事調停はできるのか?

    【相談の背景】 慰謝料の請求をするため、裁判所に支払い督促の申立と仮執行宣言の提出を検討しています。 裁判所に提出、審査後に相手から異議申し立てがあれば訴訟に移行するのは存じて...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す