時効

債権回収において時効は気を付けなければならない制度です。債務者に時効を援用されてしまうと、債権を回収することができなくなってしまいます。そこで、時効の成立を防ぐために債権者は時効を中断する必要があります。例えば、裁判手続きを踏んで請求をしたり、債務者が債権を承認すれば時効を中断することができます。時効の中断方法など、時効についての知識を蓄えて、お悩みに対処しましょう。

時効に関する法律相談

  • 判決後10年の時効の中断について

    約9年半前に2名に対して債務不履行訴訟を提起し、一審で勝訴判決(年5分の遅延損害金付きでの約2千万円の支払い命令判決)を得ました。 その後、相手方は控訴せず、判決は確定しました。そ...

    1弁護士回答
  • 時効の中断と支払い督促の取り下げ

    支払い督促について質問です 支払い督促が届き、様々な理由で異議を申し立てたのですが、しばらくして取り下げ書が届きました この場合、時効の中断理由にあたるのでしょうか?

    1弁護士回答
  • 判決で確定した損害賠償金が支払えない場合、どのような手続きがされますか?

    成人していますが、現在学生で支払い能力はありませんし、今のところ支払うつもりはありません。 現在アルバイトをしていますがアルバイト先を調べて給料を差し押さえるのでしょうか? 口座...

    4弁護士回答
  • 2年以上前の売掛金の請求について、支払い義務はありますか?

    特許事務所に特許の申請の手続きを長年してもらっていました。 2年ほど前に必要がなくなったので特許の申請をやめてもらいました。 昨日、2016年12月までと、2017年5月までの申請の手続きの...

    2弁護士回答
  • 知人に貸したお金の回収。

    債権回収についてお伺いします。 10年前に知人にお金を貸したのですが返済がなく2年後に弁護士の先生に入って頂きましたが回収されず、弁護士会の方に相談して解任しました。 その後に少...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す