期限の利益

債務者には期限の利益があるので、債権者は支払期限より前に弁済の取り立てをすることはできません。では、債務者はどのような時に期限の利益を喪失するのでしょうか?期限の利益喪失事由は民法で定められています。しかし、債権回収を確実にするために、通常は、契約時にその範囲を拡大して契約書に盛り込みます。債務者が債権の弁済をできなくなった場合、請求ができるような契約をするのです。ここでは、期限の利益に関するお悩み対処法をご紹介します。

期限の利益に関する法律相談

  • 示談解除の方法について

    示談の解除方法を教えてください。 既婚者なのに独身と騙されて妊娠、出産しました。 相手とは慰謝料、養育費を払う誓約書を交わして示談が成立していましたが、一度も支払われません。慰謝...

    2弁護士回答
  • 示談の解除は可能でしょうか

    既婚者なのに独身と騙されて妊娠、出産しました。 相手とは慰謝料、養育費を払う誓約書を交わして示談が成立していましたが、一度も支払われません。 そこで質問なのですが ・慰謝料は分割...

    1弁護士回答
  • 契約/金銭契約/契約自由/

    この度、友人へSNS上でのメッセージで、半同意を得て金銭を貸し出しました。 半同意というのは、逃げられないようにするため、貸し出す際にではなく、昨日連絡を取り、過去の事では御座いま...

    1弁護士回答
  • 債務承認弁済契約書の住所欄が空白のまま、返済途中で相手が失踪してしまった

    Aさんに複数回にわたり期限の定めのない貸付をし、それらの返済条件をまとめるために債務承認弁済契約書を作成しました。Aさんは老眼のため、住所を書くことができなかったため、サインと...

    1弁護士回答
  • 契約/金銭契約/内容自由の原則

    契約自由の原則 契約自由の原則についてです。 その中の内容自由についてなのかと考えておりますが、他の法律等でありましたらご指導いただきたいと存じております。 例えば、友人間で金銭...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す