期限の利益

債務者には期限の利益があるので、債権者は支払期限より前に弁済の取り立てをすることはできません。では、債務者はどのような時に期限の利益を喪失するのでしょうか?期限の利益喪失事由は民法で定められています。しかし、債権回収を確実にするために、通常は、契約時にその範囲を拡大して契約書に盛り込みます。債務者が債権の弁済をできなくなった場合、請求ができるような契約をするのです。ここでは、期限の利益に関するお悩み対処法をご紹介します。

期限の利益に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す