現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

公正証書

契約書を公正証書にしておくと債権回収において効力を発揮することがあります。公正証書とは法律の知識を持った公証人が作成する公文書です。債権者が万が一公正証書を紛失してしまった場合も、公正役場に保管しておいてくれるので証拠として残すことができ、高い証明力を持ちます。債務履行に不安がある場合は契約書を公正証書化することを検討しましょう。ここでは公正証書に関するお悩み対処法をご紹介します。

公正証書に関する法律相談

  • 公正証書の作り方を知りたいです。

    【相談の背景】 7年無職の男に、7年に渡りお金(生活費の足し)を貸してきました。途中まで返済したり止まったりしていましたが、貯金もつき、カードも黒に、消費者金融も黒に。。。。1...

    1弁護士回答
  • 口約束での支払い義務について

    【相談の背景】 昨年、自転車(ロードバイク)を組み立てる為に部品を口約束で注文し部品は昨年入荷し自転車に有るのですが、この注文自体も問屋のセール品とかで翌年(令和3年)この問屋と...

    2弁護士回答
  • 自己破産後の任意返済について。

    【相談の背景】 投資による儲け話で1000万円を友人に貸しましたが、実際は投資は行われず、結果としては友人の借金返済に充当されており詐欺でした。 それでも借金が膨れ上がり友人は自己...

    2弁護士回答
  • 多重債務者と公正証書と他の方への返済

    【相談の背景】 債務者Aが私含め私の知人2名の合わせて3人から百万単位で金を借りています。 私との貸し借りは強制執行付きの公正証書を作成しています。 ですが、知人2名とは公正証書を...

    2弁護士回答
  • 債務承認弁済契約公正証書の弁済方法について

    債務承認弁済契約書のテンプレートをネットで探し作成していて 弁済方法のところが分割払いの文面なっているので 10年以内に返済してほしいに変えようと思っているのですが どのような文...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す