公正証書

契約書を公正証書にしておくと債権回収において効力を発揮することがあります。公正証書とは法律の知識を持った公証人が作成する公文書です。債権者が万が一公正証書を紛失してしまった場合も、公正役場に保管しておいてくれるので証拠として残すことができ、高い証明力を持ちます。債務履行に不安がある場合は契約書を公正証書化することを検討しましょう。ここでは公正証書に関するお悩み対処法をご紹介します。

公正証書に関する法律相談

  • 公正証書執行の弁護士依頼を考えています

    公正証書の執行をしようと考えています。 500万で強制執行の文言は入っています。 相手は自分で店を開いており 会社勤めではありません。 弁護士の先生の選び方はありますか? 費用や成功...

    1弁護士回答
  • 公正証書執行の弁護士費用はいくらになりますか?

    公正証書を執行することを 弁護士に依頼した場合、依頼費用は 一般的にどのくらいになりますか? 一律じゃなく成功報酬の パーセンテージになりますか? ご回答お願いいたします。

    1弁護士回答
  • 公正証書作成時の代理人(依頼者は外国籍)と必要書類

    未婚で出産。養育費の公正証書を作ります。 しかし相手がとても忙しい職種のため、平日に休みを取れるのがだいぶ先になってしまいそうです。 なるべく早く済ませたく、彼には代理人を立てて...

    1弁護士回答
  • 債権調査票の書き方アドバイスをいただきたいです

    債権調査票が届きました 書き方のアドバイスをいただきたいです。 項目としては ・契約者番号(会員番号) ・契約年月日 ・契約種別 ・保証人 ・約定利息 ・約定遅延損害金 ・残元本額 ・...

    4弁護士回答
  • 強制執行後の債権回収に関して

    債権回収を行っています。 公正証書を作成し、月々期限までに支払いをしなければ強制執行をかけられることになっています。 しかし、相手方は強制執行をかけても財産がなくきっと全額回収...

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す