公正証書

契約書を公正証書にしておくと債権回収において効力を発揮することがあります。公正証書とは法律の知識を持った公証人が作成する公文書です。債権者が万が一公正証書を紛失してしまった場合も、公正役場に保管しておいてくれるので証拠として残すことができ、高い証明力を持ちます。債務履行に不安がある場合は契約書を公正証書化することを検討しましょう。ここでは公正証書に関するお悩み対処法をご紹介します。

公正証書に関する法律相談

  • 公正証書の強制執行について

    【相談の背景】 友人と公正証書にて金銭の貸し借りの契約書を結びましたが、期日を過ぎても完済されていません。(一部は返金済み)。 【質問1】 現在は強制執行を考えているのですが、全...

    1弁護士回答
  • 和解書(示談書)の書き方

    【相談の背景】 約束不履行に対する和解金として相手方から 支払うと提案がありました。 分割払いになるので公正証書にしたいと思います。 第1条 乙は、甲に対して、交際関係解消...

    1弁護士回答
  • 公正証書虚偽記載について

    【相談の背景】 先日、債権者との間で公正証書を作らせれました。先方が公証役場に行き書類を作成したのですが、そこに書かれていた金額が実際の返さなきゃいけない金額と違ってました。150...

    2弁護士回答
  • 公正証書のある債権回収について。

    【相談の背景】 債権回収についてです。 強制執行文付与までされた公正証書があり負債額を内容証明で送達もしてありますが、強制執行せずになんとか穏便に済ませたく債務者へメールや電話...

    1弁護士回答
  • 公正証書に係る強制執行につきまして

    【相談の背景】 平成11年から平成15年にかけて数千万のお金を貸し、平成15年5月に貸している残金について、平成16年12月に完済することとした準消費貸借契約公正証書を作成しま...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す