遅延損害金

遅延損害金は債務者が履行期限から遅滞した場合に、債権者が得られる損害賠償金のことです。利息とは異なり、あくまで債務不履行に基づく賠償金です。遅延損害金の利率は利息制限法で定められた範囲で設定することができます。債務者との契約時に盛り込むようにしましょう。ここでは、遅延損害金に関するお悩み対処法をご紹介します。

遅延損害金に関する法律相談

  • 遅延損害金の計算方法が相手と合わない場合どうすればいいでしょうか。

    判決後、遅延損害金を含めた慰謝料をもらうことになりましたが、受け取る金額の計算がこちらと相手で合いません。 法務省ホームページの遅延損害金の計算方法のソフトを使ったり、自分でも...

    2弁護士回答
  • 未払金の支払督促と念書についての効力

    委託業務の未払いについて4ヶ月経過したため、個人で支払督促を提出しました。 その後、末払いのメンバーが集まり、債務者に「9月末に支払うという念書」を書いてもらいました。 念書の内容...

    1弁護士回答
  • 生命保険の引き落とし等

    何ヶ月か前に、某保険会社の女性の人とフェイスブックで知り合いました。 そして、保険に加入しました。 先月の1回目の引き落としは、生活困窮の為、引き落としが出来なくて、今月なら、大丈...

    2弁護士回答
  • 許可ない個人情報の流失

    債権情報が間違った名前で届いた、間違っている旨明記し返送しました。 何件も出状しているものと思われ他人に個人情報が流失しているかも知れない。 この様な場合、個人情報が他人に渡った...

    1弁護士回答
  • 商品代金未払い 遅延損害金

    商品代金が払えないということで分割の約束を書面でかわしました。期日が過ぎた場合遅延損害金を請求します。と記載はありますが詳しく%の記載がありません。どこまで請求してもいいのでしょ...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す