現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

ADR・調停

訴訟以外の紛争処理手続をADR(裁判外紛争解決手続)と呼び、調停・あっせん・仲裁がこれにあたります。ADRを実施している機関としては、裁判所のほかに、交通事故紛争処理センターなどの民間団体や、国民生活センターや労働委員会などの行政機関があります。裁判と比べると、手軽に利用することができ、プライバシーが守られるというメリットがあります。ここでは、調停などのADRについて流れや費用などをご紹介します。

ADR・調停に関する法律相談

  • 監護者指定 調査官報告書

    【相談の背景】 監護者指定調停の調査官報告書では母親である私の元に子を戻す結果が書かれてありました。 次の期日で、相手方は報告書に対する意義や自分をアピールする書面を提出してきま...

    1弁護士回答
  • 調査官報告書をふまえて

    【相談の背景】 監護者指定の調査官報告書では申立人である私の元でと出ました。 次回、報告書が出て初めての調停期日があります。 【質問1】 当日の流れはどのようになるのでしょうか?

    2弁護士回答
  • 調停について、、、、

    【相談の背景】 調停となった場合の流れを教えてください。 【質問1】 仮に調停不調となった場合は、必ず訴訟を起こさなければいけないでしょうか? 【質問2】 調停が不調となった場合、一...

    2弁護士回答
  • 朝廷の起こし方を知りたい

    【相談の背景】 調停を起こしたいのですが、具体的な方法を教えてください。 【質問1】 調停の起こし方を知りたい。

    2弁護士回答
  • 調停を取り下げて、訴訟に移行した場合、裁判官の心証を害しますでしょうか?

    【相談の背景】 調停の申立人です。 調停内容は、相手方からの誹謗中傷の損害賠償です。 2回目の今回こちらから妥協案を提案しましたが、 相手側は、待ってくれと、ことなので、待てないと言...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

ADR・調停の解決策を探す