現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

ADR・調停

訴訟以外の紛争処理手続をADR(裁判外紛争解決手続)と呼び、調停・あっせん・仲裁がこれにあたります。ADRを実施している機関としては、裁判所のほかに、交通事故紛争処理センターなどの民間団体や、国民生活センターや労働委員会などの行政機関があります。裁判と比べると、手軽に利用することができ、プライバシーが守られるというメリットがあります。ここでは、調停などのADRについて流れや費用などをご紹介します。

ADR・調停に関する法律相談

  • 認知無効調停を行いたいのですが、認知を一旦取り消すことができますか?

    【相談の背景】 私の知り合いの男性が、浮気してその浮気相手が妊娠したと言われて、そのままにしといて、それが18年前のことです。18年前に戸籍謄本とったら、相手の女が、勝手に認知して...

    1弁護士回答
  • 調停に関しての、調停日の決定、アンケートについて

    【相談の背景】 調停を申したてしたところ、裁判所から日程の連絡がありました。 そこで、こちらの希望日を言ったところ、書記官から相手にも確認してみますとの返事でした。 過去数回調...

    1弁護士回答
  • 間接強制とは何ですか?

    【相談の背景】 間接強制とは、面会調停調書があればできるんですか? また、面会調停が審判になった場合でも間接強制できる内容で決まるんですか? 【質問1】 間接強制とは何ですか?

    1弁護士回答
  • 面会調停申立の為の住所調査方法

    【相談の背景】 面会調停を申し立てる為、子供の戸籍謄本を取得しようとした所、以前の本籍地から変わっていました。 そして住所の閲覧制限をしている可能性があります。 役所の人に以前...

    2弁護士回答
  • 民事調停申立書に記載された内容について

    【相談の背景】 隣人とのトラブルで民事調停を申し立てられました。隣人が私に解決金を支払う、という内容ですが、トラブルの原因は隣人であり、私は謝罪を要求できる立場です。申立の実情...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

ADR・調停の解決策を探す