通常訴訟

裁判は、裁判所に訴状を提出するところから始まります。訴状を受け取った被告が口頭弁論期日に出頭すると審理手続きが開始します。審理手続きで口頭弁論、証拠調べを経て、判決を言い渡されるのが一般的な流れです。訴訟が提起されていても判決が出るまで争わず、途中で当事者間で和解して解決することもあります。ここでは、通常訴訟の流れや手続きの方法などについてご紹介します。

通常訴訟に関する法律相談

  • 民事訴訟での録音データの証拠提出

    【相談の背景】 民事訴訟で、録音を証拠提出したいと思っています。 【質問1】 録音データは、そのままDVDで提出するのか、自分で書き起こした文章で提出するのか、どちらにするべきで...

    1弁護士回答
  • 不当な訴訟での、裁判官の対応について

    【相談の背景】 不当な訴訟として、訴えたいとき、前訴訟の請求却下された判決理由が、重要だとのことを、この相談でありましたが。 【質問1】 どのような判決文が該当するのですか?ま...

    2弁護士回答
  • 裁判所に提出する書証について

    【相談の背景】 裁判所に提出する書証について。 未払金への訴訟です。 入金があるかどうかを証拠として資料を提出したいのですが、 【質問1】 ワードで自分で入力した資料ではだ...

    2弁護士回答
  • 和解金を取りはぐれないようにする方法

    【相談の背景】 名誉棄損の精神的苦痛の慰謝料請求で原告として民事係争中です。 私見ですが、これまでの被告の反論はほとんど論破できていると思います。 第二回公判の時裁判官から双方...

    3弁護士回答
  • 判決された賠償額がおかしいので異議申し立てをしたい。

    【相談の背景】 損害賠償請求の民事訴訟を起こされ、判決が出たのですが、判決文に対し賠償額が全く見合ってないので異議申し立てをしたいです。 【質問1】 異議申し立てをしたいのです...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識