簡易手続き

民事紛争のトラブル解決の手段として簡易手続きがあります。簡易手続きは、請求の額が少額であったり、トラブルの内容が複雑でないような場合に利用でき、地方裁判所の民事訴訟手続よりも簡易で迅速というメリットがあります。例えば、簡易裁判所での民事訴訟や、少額訴訟、手形・小切手訴訟などがあります。ご自身のトラブルに合った適切な手続きを選択できるよう、よくあるお悩みの対処法をご紹介します。

簡易手続きに関する法律相談

  • 支払い終わった分も仮執行付き支払い督促が送られてきたら?

    支払い終わった分まで請求された場合は異議申し立てをして通常訴訟に移した方が良いのでしょうか。

    1弁護士回答
  • 裁判所の移送について

    遠方の簡裁で判決がでました。内容に不服がある場合、当方に近い地方裁判所へ移送する事は可能でしょうか? 私は、FC加盟店で、国民健康保険も滞納し、病院にも行けない経済状況、一方の本部...

    1弁護士回答
  • 相手方への裁判予告通知について

    相手方への通知についてですが、現在、簡易裁判所に対して『未払賃金請求事件』として訴訟を準備しております! 当初の請求に応じない相手方でしたので、任意交渉は断念しました。 相手と...

    2弁護士回答
  • 民事調停簡易裁判所の住所地区について

    民事調停を依頼したいとき、 相手方の住所地区の裁判所に申し立てするとありますが、 相手側が代理人を立てている場合は 代理人の住所地区の裁判所に申し立てするのですか?

    1弁護士回答
  • 支払い督促に対する分割希望について

    簡易裁判所から支払い督促が届きました 過去にキャッシングしていたものの支払いが滞ってしまっておりまして元金92763円との記載がありました。プラス利息1849円と元金20%の損害金が請求の趣...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

簡易手続きの中から絞り込んで解決策を探す