民事保全・民事執行

民事保全は、判決が出るのを待っている間に原告が損害を受けたり、訴訟の目的を達成できなくなることを防ぐための制度です。民事執行は、裁判によって認められた権利を実現するための制度です。それぞれの制度にはいつくかの手続きが用意されており、トラブルの状況にあわせて手続きを選ぶことができます。民事保全と民事執行について手続きの方法やよくあるお悩みをご紹介します。

民事保全・民事執行に関する法律相談

  • 個人に債務?がある中で新たに作った法人の資産について

    私個人に損害賠償され支払いをしていないものがあります。 強制執行される可能性がいつでもある状態で、法人を新たに設立した場合、その会社の資産は私個人の資産として差押えされるのでしょ...

    1弁護士回答
  • 自分で公正証書作るにあたって

    不倫慰謝料全額支払い後、強制執行ができる公正証書作成したいと思ってます。 1.公証役場に行く前に何かやる事は有りますでしょうか 2.最低限この文章は入れたほうがいい内容 3.強制執行必...

    1弁護士回答
  • 仮差し押さえ金銭問題

    男女感の関係で金銭問題でもめて実家を仮差し押さえされましたが、仮差し押さえは1人しかできないのでしょうか? 父が亡くなり色々金銭問題がでてきて他の人も私の名義になったから取り立て...

    1弁護士回答
  • 損害賠償請求強制執行について

    損害賠償払え無い場合、給料の差し押さえがあると聞いてますが、家賃、生活費など入れても毎月ギリギリの場合は差し押さえ出来るのでしょうか?

    3弁護士回答
  • 債務名義に不備があった場合

    裁判の和解で債務名義に不備があり強制執行できませんでした。判例を知らない弁護士のミスだと思います。弁護士を訴えることが出来ますか?またこの弁護士は報酬についても説明がなく契約書...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

民事保全・民事執行の解決策を探す