調停

調停は、当事者同士が話し合ってトラブルを解決することを目的とした紛争解決手続きです。解決するにあたっては、当事者同士が納得できればよく、必ずしも法律にしばられません。訴訟と比べて、申し立てが簡単で費用が安く済み、プライバシーも守られます。調停が成立したら判決と同じ効力を持つ調停調書を、裁判所が作成してくれます。調停で合意に至らなかった場合は、改めて裁判を起こして、裁判所の判断に解決を委ねることができます。ここでは、調停についてご紹介します。

調停に関する法律相談

  • 調停員の方にお礼をする

    先日ですが、とても長期間調停を行っているのですがお礼を差し上げてもよいでしょうか?受け取っていただけますでしょうか?

    3弁護士回答
  • 債務不履行の裁判で影響するのかどうか教えてください。

    債務不履行の時効は10年ですか。預けていた物の返還で、民事調停に応じない為、裁判に代わる決定をして貰いましたが、被害物の示談でなく、調停欠席の罰としてです。和解の様な内容が書い...

    2弁護士回答
  • 面会調停の進行に関する照会回答書の事実確認について

    面会調停の進行に関する照会回答書には原則相手方に閲覧コピーは許可しない扱いになっています。とありますが、相手の暴力(暴言)について記載した場合、保護請求などもとめるつもりもなく...

    1弁護士回答
  • 調停証書不履行についての慰謝料請求

    調停証書不履行について。履行勧告もしましたが履行されません。 連絡が途絶え、調停証書不履行による慰謝料請求をしたいのですが その際はどのような手続きをとるのがよいのでしょうか。 ...

    1弁護士回答
  • 民事調停での話し合い

    民事調停で裁判所から履歴事項全部証明書の送付依頼が届きました。 調停の内容は不当利得についてですが、ルールの話し合いだけにとどめたい場合はどうすればいいでしょうか?

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識