現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

家事事件

離婚や相続のトラブルなど、家庭に関する事件は一般的に家事事件と呼ばれています。家事事件の場合、原則としていきなり訴訟を起こすのではなく調停から先に始めなくてはなりません。親族間の争いの場合、トラブル解決後も人間関係が続くことを考慮すると、結果を出すことが全てではなく話合いをしたほうが馴染むと考えられるからです。ここでは、家事審判、家事調停、人事訴訟など家事事件についてのお悩み対処法をご紹介します。

家事事件に関する法律相談

  • 調査官調査を拒否したい

    【相談の背景】 監護者指定の申立てをされました。 夫の私と子供3人が同居しており(19歳、14歳、7歳)3年以上経ちます 調査官調査をすると裁判官より言われましたが、子供を巻き込みたく...

    2弁護士回答
  • 母子手帳、成長記録について

    【相談の背景】 現在監護者指定、子の引き渡しに関して審判に移行しており調査官調査が入っております。私は別居親で子供は夫の元にいます。 【質問1】 調査員より、母子手帳や成長記録...

    2弁護士回答
  • 調査官調査報告の誤り 監護者指定

    【相談の背景】 現在、監護者指定調停中です。保全処分の時の調査官調査は保育園だけの調査になり、保育園の事実とは異なる報告で監護の保全処分は相手方となってしまいました。 今後、監...

    2弁護士回答
  • 監護者指定で1番重視される事は

    【相談の背景】 別居中の妻から監護者指定の審判を起こされています。 私は夫で子供3人と同居して3年が経ちます。 子は19歳、15歳、7歳です。 【質問1】 今までの生活に問題はないの...

    1弁護士回答
  • 裁判で、明らかな弁護士の嘘などについて

    【相談の背景】 既婚者を隠されていて長い間彼と交際していました。(私は未婚です) しかし、既婚者だと最悪のシチュエーションで発覚し、話し合いの途中で彼は私を殴り(診断書あり)逃げ...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

家事事件の解決策を探す