家事事件

離婚や相続のトラブルなど、家庭に関する事件は一般的に家事事件と呼ばれています。家事事件の場合、原則としていきなり訴訟を起こすのではなく調停から先に始めなくてはなりません。親族間の争いの場合、トラブル解決後も人間関係が続くことを考慮すると、結果を出すことが全てではなく話合いをしたほうが馴染むと考えられるからです。ここでは、家事審判、家事調停、人事訴訟など家事事件についてのお悩み対処法をご紹介します。

家事事件に関する法律相談

  • 離縁調停の申し立て理由が虚偽である為、離縁に応じられないとしたい。

    現在、養子縁組の離縁調停中です。 義母からの申し立てによる調停です。 申し出て理由の大半が虚偽であるにも関わらず、 それには全く触れず、離縁できるこちら側の条件を出すように言われ、...

    2弁護士回答
  • 監護者指定の調査官調査の仕方

    監護者指定の審判をしています。 その際調査官調査をすることになり15歳と13歳の子供を裁判所に呼んで 調査官と面接をすると言われました。 子供を裁判所で面接する事は子供の精神的負担が...

    3弁護士回答
  • 傷口の写真のみの証拠に対し、正当防衛の答弁、陳述書を出して勝訴可能ですか?

    夫が妻に、暴行について本人訴訟で慰謝料請求をしています。 ※血が滲んだ当時の傷口の写真(本人撮影) ※その傷が完治した現在の、直径4センチほどの傷跡の写真 のみ証拠提出があります。 ...

    2弁護士回答
  • 相手方に弁護士が付いたと可能性がありますか?

    以前、内容証明にて慰謝料などを請求しましたが、無視され調停も無視される可能性が高いためやむを得ず民事訴訟に踏み切ると決断させていただきました。内容証明に従っていただけないなら法...

    3弁護士回答
  • 婚姻履行の調停について

    先日に婚約を破棄された相手に婚姻履行の調停をしようと考えていますが、一方的に別れを切り出された後にラインで相手の事を気遣い婚姻解消に同意するような内容を送ってしまい3日程経ちます...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

家事事件の解決策を探す