現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

解散・清算

会社を清算する方法には、破産と特別清算・通常清算があります。債務超過の疑いがある場合や債務の弁済が困難な場合には、破産か特別清算の手続きをとります。特別清算には、破産と比べて、手続きが簡易で費用も少なく済むというメリットがあります。ただし、債権者の協力を得なければなりません。自社にあった精算手続きを選択しましょう。ここでは清算に関するトラブル対処法をご紹介します。

解散・清算に関する法律相談

  • 合同会社の清算人について

    【相談の背景】 知り合いが一人合同会社を経営しいて先日、亡くなりました。合同会社は解散させるつもりですが、この場合の清算人の選定は裁判所に申し立てる以外に方法はないのでしょうか?...

    1弁護士回答
  • 有限会社の清算手続きについて

    【相談の背景】 10年以上活動していない有限会社があります。 登記上は残っていますが、会社自体はありません。 清算手続きが終わっていないため、本当なら清算手続きをしなくてはならない...

    1弁護士回答
  • 破産の時、法人休眠、代表者破産の場合

    【相談の背景】 法人の破産と代表者の破産セットで無ければ出来ないのでしょうか? 法人は整理をしにくい状況です。 この場は法人休眠をして代表者は保証人等になってますが、代表者だけ破産...

    2弁護士回答
  • 法人破産時、代表者が病気を発症手続きに対しての影響

    【相談の背景】 法人破産の場合代表者が鬱や精神疾患を発病しました。 破産手続き前ですが破産に対して影響はでるでしょうか? 通常は破産時は管財人がつくかと思いますが、影響はでますか?...

    2弁護士回答
  • 土地の購入について。

    【相談の背景】 現在、約1200坪の竹林を所有しており、 介護施設用地として売却したいと思ってます。 ところが、接道部分のみ(数坪)法人が所有しており、このままでは売却ができません。 ...

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

倒産・事業再生を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識