現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

土地収用

国や地方公共団体などが公共事業用の土地を取得する際には、まず土地所有者・関係者と話し合いによる合意形成を行います。合意形成ができない場合には土地収用法の手続きを取ることにより、正当な補償をしたうえで土地を取得することが出来ます。ここでは、土地収用の考え方や手続きの流れなどをご案内します。「収容の対象となってしまったが、提示された補償の金額は妥当?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

土地収用に関する法律相談

  • 時効取得の援用とその後の所有権移転について

    取得時効 土地の一部を20年以上占有した物件を所有しています。時効の援用はしておりません。 近隣も同じように占有している状態です。 時効が成立していたと仮定した場合ですが、自己の所...

    2弁護士回答
  • 土地区画整理事業に伴う公共減歩要請拒否

    土地区画整理事業用地内に先祖が開拓した畑の中に、馬神として農耕馬を祀った祠があり、その土地を所有しています。この祠の土地に対して土地区画整理組合(私も組合員です)から公共減歩(...

    1弁護士回答
  • 用地買収で道路は無くなるのでしょうか?

    公共事業として、私の住んでいる市で、新産業団地の開発を進めています。 私の土地は、約3000㎟で2項道路(建築基準法第3章の規定が適用されるに至った際現に建築物が立ち並んでいる幅員4メ...

    1弁護士回答
  • 役所に無い水路を買えと言われて困ってます。

    区画整理で役所の人に現在所有の家に公図上水路が通っているから買い取ってくれと言われました。 水路を買わないと建て替えも売却も出来ないと言われました。 築50年以上の家で水路があった...

    2弁護士回答
  • 公共事業の用地買収について

    地権者になります。 現在、私が住んでいる市で、市街化調整区域に新産業団地の整備を行っている状況です。 都市計画において、本地区を市街化区域に編入する予定らしいです。 新産業団地整備...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す