立ち退き料

貸主側の都合で賃貸借契約を解除する場合に、当事者間の合意に基づき任意で借主に支払われるお金を「立ち退き料」と呼びます。ここでは、立ち退き料の性質や相場、よくあるトラブルや対処法をご案内します。「大家都合での退去を要請されたが、立ち退き料を請求できないか」「立ち退き料の金額の妥当性は、どのように考えたら良いのか」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

立ち退き料に関する法律相談

  • 賃貸物件での立退き合意書の撤回

    【相談の背景】 今住んでいる賃貸物件のオーナーが売買で変更になり、新しいオーナーが挨拶に来ました。その1か月後に再度オーナーが部屋にやってきて、建て替えの為に退去してほしい旨の説...

    2弁護士回答
  • 判決による建物明渡について

    【相談の背景】 建物明渡請求訴訟の被告です。請求の趣旨は「別紙物件目録記載の建物を明け渡せ」でした。裁判の中で立退き料の話しも出たのですが、低額のため断りました。そこで判決にな...

    2弁護士回答
  • 立ち退き料を求める事はできないのですか?

    【相談の背景】 家賃7万五千円の店舗を借りて焼肉屋やっています。耐震不足で大規模修繕を行いたいからとの理由で退去を迫られています。調停を申し立てて6月に1回目が行われました。具体...

    1弁護士回答
  • 賃貸の立ち退き料について

    【相談の背景】 半年ほど前に同じマンション内で、より広い違う部屋に引っ越したばかりですが、その時は大家は何も言わず、今月になって、取り壊しをするので半年以内に出て行ってくれと言...

    3弁護士回答
  • 借家の立ち退きについて

    【相談の背景】 借家オーナーが海外赴任から帰国して住みたいということで、立ち退きをお願いされました。契約時、仲介の不動産企業に確認したところ、オーナーが帰国しても借家には住まな...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

建物明け渡し・立ち退きを扱う弁護士を探す