連帯保証人

連帯保証人には債務者と同じだけの支払い責任があります。よって、連帯保証人であっても返済が難しい場合は自己破産などの債務整理を検討する必要があるでしょう。また、一度設定してしまった連帯保証人契約を解除することはとても難しいですが、勝手に連帯保証人にされた場合は、無効にするための申し出をすることができます。連帯保証人のトラブル対処法をご紹介します。

連帯保証人に関する法律相談

  • 母親の事の連帯保証人の相談です。

    平成15年8月頃に父親が始めた事業の連帯保証人 になり事業は上手くいかず平成17年に倒産しました。そして平成20年に父親が亡くなりました。 今年の11月に金融会社から訴状が届きました。 現...

    3弁護士回答
  • 借主同意なく連帯保証人になれるか?贈与税は発生するか?

    知人が借金400万円ので困っています。 命の恩人なので、何度も肩代わりを申し出ているのですが、首を縦に振ってくれません。 貸主も私の大切な知人で、早くお金を返してもらい、生活に支障の...

    1弁護士回答
  • 家賃を滞納する賃借人の対応について

    家賃を滞納している借主についての相談です。 不動産屋を通して貸家をやっております。 賃借人が家賃を遅延及び滞納するようになり、現在5ヶ月分の家賃が滞納されています。 約2ヶ月前に借主...

    2弁護士回答
  • 金融貸付の連帯保証人への請求

    金銭貸付の連帯保証人に対し、期限の利益は喪失させていない状態(時々延滞するなど、期限の利益を喪失させる程ではない場合等)で、請求することは可能でしょうか。 拒否されるのでしょうか。...

    1弁護士回答
  • 自己破産をした後の連帯保証人変更について

    父は20年前に自己破産をしています。 それ以前から親類の不動産の連帯保証人になっていたのですが、自己破産により連帯保証人を別にたてて変更したはずでした。 しかし今になってその不動産...

    5弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理を扱う弁護士を探す