抵当権

抵当権とは不動産などを所有者のもとにとどめたまま債務の担保とすることです。抵当権の実行することで裁判の判決を得ることなく債権を回収することができます。また、抵当権の中には、根抵当権という担保権もあります。根抵当権とは、継続的に貸し借りが発生する場合、貸し借りの度に抵当権を設定しなくていいように、限度額の範囲内の金額で担保する抵当権です。どちらも第三者に対抗するためには目的物を登記しておくことが重要です。抵当権についてのお悩み対処法をご紹介します。

抵当権に関する法律相談

  • 遺産相続・根抵当権の効力

    父が4年前に亡くなり、その後父方の祖母が亡くなり、祖母の遺産相続の話になっています。 生前父が自営業をしており、その資金を借りるにあたり実家の土地を担保にしています。 (根抵当権債...

    1弁護士回答
  • 抵当権の未行使によるデメリット

    抵当権を設定して、支払期限が到来しても抵当権者は抵当権を行使するかどうかは任意なのですか?行使しないまま放置するとデメリットはありますか?

    2弁護士回答
  • 抵当権の行使と履行期限

    抵当権を設定した後、抵当権の行使をするには履行期限を経過していないと、できませんか?

    4弁護士回答
  • 所有権移転登記をする前に抵当権を設定されました。

    昨年末に裁判で「所有権を移転せよ」との判決をいただきまして、ゆっくりと移転の準備をしていたところ、 第三者より抵当権が設定されました。 これに対抗する手段はないのでしょうか? 何...

    2弁護士回答
  • 抵当権設定の原因となる法律行為

    抵当権設定をする原因は、消費貸借契約以外にはないでしょうか?

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す