譲渡担保権

譲渡担保権とは、担保に設定するものの所有権を債権者に移して、弁済期に債務を弁済されなければ、自由に処分できるという権利です。ただし、売却した場合の評価額が債権額を上回る場合、差額を債務者に支払わなけらばなりません。譲渡担保権は当事者間の合意で成立する約定担保です。譲渡担保権についてのお悩み対処法をご紹介します。

譲渡担保権に関する法律相談

  • 譲渡担保は被害者弁済になりますか?

    被害者弁済が成立したという事になりますのでしょうか? 交際相手に4000万詐欺され、刑事告訴し受理が決まってます。 交際相手から示談要請が有り、50万毎月分割。あとは交際相手が所有する...

    1弁護士回答
  • 株式の譲渡担保の実行手続

    株式の譲渡担保の実行方法についてお教えください。 債務不履行があり、譲渡担保を実行して正式に自分の所有にしたい場合、 実行することを口頭で通知し、名義変更しました。 債権額が株式額...

    1弁護士回答
  • 担保の清算金、受戻権について

    担保の清算金、受戻権についてお願いします。 債務者が債権者から動産(例として車)を担保に200万借りたとします。 弁済が延滞した場合は所有権は債権者に移行しますが、その動産を第三者...

    2弁護士回答
  • 株式を譲渡担保とし名義変更した場合の配当金の処理

    株式を譲渡担保にし、名義変更も行った場合、配当金はどう処理するのでしょうか。 譲渡担保権者が取得し、その分が弁済充当されるのでしょうか。

    1弁護士回答
  • 債権譲渡担保実行に関して、

    債権担保の被担保債権についての質問です。 AがBに対して有する貸付債権(金消契約あり)を担保に(債権譲渡登記済み)、Aに対してお金を貸している状況です。Aデフォルト時には、譲渡担保...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す