先取特権

先取特権とは、債権の中でも特に保護すべき債権だと認められる場合に、他の債権より優先的に弁済を受けられる制度です。保護すべきかどうかの基準は法律で規定されています。先取特権は当事者同士で契約をしていなくても当然に成立する法定担保物権に属します。また、先取特権には優先弁済の効力のほかに、物上代位性もあります。物上代位性とは、債権回収の目的物が代替物に転じた場合、その目的物に代わる物にも効力が及ぶことを指します。先取特権には一般先取特権、動産先取特権、不動産先取特権の3種類があります。先取特権についてのお悩み対処法をご紹介します。

先取特権に関する法律相談

  • 動産売買先取特権の行使というのに当てはまりますか?

    動産売買先取特権の行使に当てはまるのでしょうか? A社からB社に納品された商品を、C社が買い取りました。C社はB社に商品代を現金で全額支払いました。その後B社が破産申立をした場合、A社...

    1弁護士回答
  • 破産申し立て前の売掛債権の回収(売掛目的動産に対する先取特権等)

    取引先会社が破産申し立て予定であると代理人弁護士から受任通知が来た場合。 機械の売掛金債権を有している債権者会社は、破産予定会社にある機械に動産先取特権を有しますが、 破産申し立...

    3弁護士回答
  • 動産先取特権 商品引渡し請求について

    エステ契約で信販会社を使用した顧客が、自己破産の手続きを開始すると、 先方の弁護士より受任通知が届きました。 信販は、積極審査で通っていたのでキャンセル扱いとなり、債権が当社に移...

    1弁護士回答
  • 区分所有法第7条 先取特権について

     区分所有法上の先取特権では、専有部分に備えつけられた動産に関し先取特権を認めていますが、敷地内分譲車庫に駐車している管理費等滞納者名義の乗用車は、先取特権の範囲外と考えてよい...

    1弁護士回答
  • 先取特権に基づき給料の未払い金の回収について

    給料の一部未払い金の回収を考えています。何度も催告しましたが、3ヶ月経ちました。残り3分の1ですが、業者への支払いや他の債権者への支払いが優先されているようです。手続きとしては、債...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す