現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

民事訴訟(簡易裁判所)

簡易裁判所での訴訟手続きは、地方裁判所の民事訴訟手続きよりも簡易・迅速というメリットがあります。ただし、利用できる場合が限られており、訴額(裁判で請求する利益を金銭的に見積もった金額)が140万円以下の場合にのみ利用できます。ここでは、簡易裁判所での民事訴訟の流れや手続きの方法などをご紹介します。

民事訴訟(簡易裁判所)に関する法律相談

  • 口頭弁論日までに裁判所に提出する書類について

    【相談の背景】 簡易裁判所に損害賠償請求で訴訟中(当方原告で本人訴訟) 1回目の口頭弁論が終わり、次は2回目の日が決まりました。 答弁書は争うとの主張は追ってとあります。 【質...

    2弁護士回答
  • 弁護士解任・選任について

    【相談の背景】 コロナ禍で辛い状況で有った最中、「困った事が有れば気軽に連絡下さい」と弁護士さんから葉書が届きました事から、親族に貸した金銭を返して貰いたい(母350万円、父200万...

    1弁護士回答
  • 法的に普通の事でしょうか?

    【相談の背景】 私が現在簡易裁判所にて、損害賠償請求の調停を申立てます。相手方は元義理の弟です。妹は家庭裁判所にて、面会調停中です。相手方の弁護士は2件とも同じ弁護士です。私の調...

    2弁護士回答
  • 簡易裁判所の 異議申し立てについて

    【相談の背景】 簡易裁判所で 本人訴訟しているのですが 裁判官の訴訟指揮について 異議申し立てをしたところ 簡易裁判所では 訴訟指揮についての 異議申し立ては認められないとのことでし...

    2弁護士回答
  • 民訴法第159条の擬制自白について

    【相談の背景】 損害賠償請求で私が原告で本人訴訟をしています。 請求金額が低かったので簡易裁判所に提訴しましたが、被告の答弁書に対して私が準備書面で反論したところ、被告はそれに...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識