現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
原 悠太弁護士

( はら ゆうた ) 原 悠太

RHA法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談1時間無料】【オンライン/電話相談可】【プライバシー配慮】いち早く平穏な日常を取り戻しましょう。そのために出来ることがあれば全力でサポート致します。
RHA法律事務所
RHA法律事務所
RHA法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

まずはご相談ください

男女問題はご相談件数としては一番多いかもしれません。男女間における問題は精神的なストレスも大きく、お一人で悩みを抱え込まれている方も多いことと思います。

いち早く、平穏な日常を取り戻すためのサポートをさせて頂きます。お気持ちに寄り添いながら、できるだけ早く対応いたします。

 ご相談例 

  • 不倫されたから離婚したい。
  • 親権を取りたい。
  • 養育費を取りたい。
  • 慰謝料請求したい。

ここに記載したものはほんの一例です。どのようなご相談も全て対応させて頂きますので、どうぞお気軽にご相談ください!

対応方針

依頼者に安心いただけるよう、解決にあたります。お話には丁寧に耳を傾け、真の解決が図れるよう提案型を心がけています。進捗状況を密に連絡し、スピード重視で対応します。

このような方針に則ってお一人お一人対応させていただく中で、お陰様で多くの感謝のお言葉を頂戴しています。

お客様の声

  • 初めて会った弁護士さんが原先生でよかった。
  • 一人では絶対に心が折れてました。原先生が支えになりました。

特徴 / 強み

▶︎ 豊富な対応実績

離婚男女間のトラブルのご相談や依頼は、一貫して取り扱いがあります。常時、多くのご相談を受けていますので、豊富な経験を活かした踏み込んだお話ができると自負しています。

重点取扱案件:不倫された側の慰謝料請求

▶︎ プライバシー配慮

個室の面談室を完備しております。事務所も人目にもつきにくい立地にあり、プライバシーに最大限、配慮しています。

▶︎ 柔軟な相談対応体制

オンライン・電話での相談も可能です。契約締結後はLINEやチャットワークでの相談もお受けしています。当日、夜間も柔軟に対応していますので、お気軽にご相談ください。

ご相談の流れ

まずはお電話で相談日時のご予約をお願いします。
予約の電話では、お名前や相談内容、相談希望日、相談方法などを簡単にお伺いいたします。

相談日までには関係書類等をなるべくご準備いただき、ご来所いただく場合には当日はお気をつけて事務所にお越しください。受付にてご案内いたします。

※オンライン・電話相談をご希望の場合には、別途ご案内させていただきます。

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

離婚調停中です。夫はすぐにでも離婚希望、別居など時間稼ぎに過ぎないため認めないと豪語しています。別居するなら、離婚が条件だと。 私は、経済的理由で応じられないと主張しています。別居をし、その間に実家の近くに転居し経済的に自立しようと考えていました。今の居住地は実家が遠方にあること、子供も病気...

とてもお辛い状況ですね。相談する相手はいるのでしょうか?法律面のアドバイスはできますが,奥様の精神ストレスもとても心配です。 「相手の主張している離婚原因は、相手の私に対する不満で、私は民法に違反することはしていません」とのことなので,奥様が離婚に応じなければ調停はおっしゃっるとおり不成立で終わります。訴訟に移行してもその結果は変わらないのでないでしょ...

原 悠太弁護士

 妻が昨年3月と12月に女子会旅行と言って温泉旅行に行きましたが、状況を考えると不倫旅行と思われます。 (写真を見せてもらいましたが、料理と温泉のみでみんなで撮影したものは見せてもらえません。後で友だちから写真をもらって見せると言ったがそのままスルーです。)  他にもいろいろと弱い証拠はあり...

証拠収集はストレスもたまりますし、お辛い日々を過ごしていることと存じます。 ①日付と旅館が分かっていれば弁護士を通じて宿泊名簿(本人が誰と泊まったかでも良い)を取得できるのでしょうか? → 弁護士会照会を用いれば取得できる可能性が飛躍的に上がりますが、強制力はなく旅館の個別判断には委ねられます。 ただし、ご自身で行うよりは実効性は高いのは間違いない...

原 悠太弁護士

婚姻17年、子供14 12 11 9 4人です。 夫婦喧嘩により、自分が妻に手を出してしまい、別居後に被害届を出されて略式起訴を受けました。妻は病院には行っていません。 暴力に関しては4回程で暴言は酒癖があったので、よくありました。診断はされていませんが子供が学校に行かなくなり、うつ傾向にあったと思います...

調停はお互いの合意があって初めて成立しますので、納得できないのであれば自然に裁判になるかと思います。 肌感ですが慰謝料だけで450万という金額はさすがに高い印象ですので、奥様が譲らないのであれば裁判に移行してもやむなしではないでしょうか?

原 悠太弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 来所面談・オンライン面談に限り,初回相談は1時間無料
以降30分ごと5,500円(税込)
着手金 最低11万〜(税込、その他実費あり)
報酬金 求める結果によって異なりますので、都度ご相談させて下さい。
備考 実費や裁判所出廷日当については別途ご請求致します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫の不貞を立証して調停成立。離婚に合意させると共に、親権と慰謝料も獲得。

  • 不倫・浮気
  • 養育費
  • 親権
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 20代 女性

相談前

2人の幼いお子さんを持つ女性からの相談でした。
証拠はあるが、旦那が離婚を断固拒否しており、財産分与や親権の話すらさせてもらえませんでした。精神的に疲れ果てたご依頼者様からご相談を頂き、即座に調停を申し立てることでご依頼になりました。

相談後

ご相談者様のご希望は「離婚さえできればいい」というものでしたが、2人のお子さんも将来を考え、調停内で相場をはるかに超える金額の慰謝料も約束させるとともに親権と養育費の支払いの合意も獲得し、裁判することなく調停調書の作成に成功しました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

男女問題はあなたの私生活にも多大なストレスを与えます。
私は、裁判や調停での技術的な部分はもとより、早期に解決を図ることで、こういったストレスから少しでも早く開放することも大切であると考えております。
お悩みをお抱えの方は是非一度お問合せください。

離婚・男女問題の解決事例 2

旦那からの離婚請求を回避。逆に婚姻生活の支払いを受けることになった事案。

  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚回避
  • 性格の不一致
  • 生活費を入れない
依頼主 20代 女性

相談前

相談者は20代の女性で幼い子と一緒に旦那と別居していました。すると、突然旦那が弁護士名義で離婚したい旨の内容証明郵便を送ってきます。
子のことを考えると離婚はしたくないと考えた相談者が弊所に相談にいらっしゃいました。

相談後

しばらくは交渉を続けましたが、お互いの主張は平行線が続き、とうとう旦那が離婚調停を申し立ててきました。調停では調停員との関係性も重要です。私の方から調停員に、こちらには離婚事由がないこと、裁判やっても勝てること、逆に婚姻費用も支払われていないことを説明しました。

結局、旦那も調停員に説得される形となり、離婚は不成立、旦那は妻と子に婚姻費用を支払うという内容の調停が成立しました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

離婚には合意がある場合を除き、全て離婚事由が必要とされます。本件では相手の主張する離婚事由は性格の不一致と長期の別居でした。しかし、一年以内の別居であった本件は長期とはいえず、また、性格の不一致というのは一般的には離婚事由とは認められません。
本件ではそういった事情を考慮すれば、旦那としても、今後裁判になれば間違い無く負けることや、調停員が我々に同情してくれたことが勝因だったと思います。

離婚・男女問題の解決事例 3

通常は極めて困難といわれる、父親側の親権を獲得

  • 親権
  • 面会交流
  • DV・暴力
  • モラハラ
  • 飲酒・アルコール中毒
依頼主 男性

相談前

離婚については合意しているが、親権で揉めている旦那様からのご相談でした。
通常、親権は母親に認められることが多いですが、本件では妻にはネグレクトとDVの疑惑が存在していました。
そこで、なんとしても自分で親権を獲得したいと考える旦那様が来所されました。

相談後

調停はやはり母親有利な形で進行していきました。
母親は自身のネグレクトなどを一切認めず、逆に旦那側に対して仕事で日中家にいないことや、家事等の不慣れを指摘してきました。
そこで我々は共通の知人の証言や子ども本人の証言等を用いて母親のネグレクトや暴力を立証するとともに、相談者の両親の協力を得ることで旦那が日中家にいないことや家事が不慣れである点を補充することにしました。
結果、調停員が妻を説得する側に転じてくれて、無事に父親の親権が認められました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

父親の親権は皆様が思っている以上に認められません。正直、このケースは運が良かったと思います。
不利な戦いこそ、証拠がすべてです。証拠がなければ相手はもちろんのこと、調停員や裁判官を説得することもできません。
本件では、知人や子の証言を新たに収集することによって、新たに証拠を作り出すことに成功した珍しいケースです。

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【ご相談は何度でも無料!!】【オンライン/電話相談可】【個人/法人どちらも対応可】ご状況に合わせて最適な手続きを選択いたします。お気軽にご相談ください!
RHA法律事務所
RHA法律事務所
RHA法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 完全成功報酬あり

まずはご相談ください

法人破産、個人の借金問題については、多数の問い合わせ、ご依頼を頂いております。
破産や任意整理等、いわゆる債務整理手続きは、あなたの人生の再出発を図るための手続きです。私はあなたのよりよい再出発のためのベストな手続きを選択の上、全力でサポートさせて頂きます。

ご相談例

  • 借金を減額したい。
  • 借金をゼロにしたい。
  • 法人が債務超過で給料も払えない。

ここに記載したものはほんの一例です。どのようなご相談も全て対応させて頂きますので、どうぞお気軽にご相談ください!

対応方針

依頼者に安心いただけるよう、解決にあたります。お話には丁寧に耳を傾け、真の解決が図れるよう提案型を心がけています。進捗状況を密に連絡し、スピード重視で対応します。

このような方針に則ってお一人お一人対応させていただく中で、お陰様で多くの感謝のお言葉を頂戴しています。

お客様の声

  • 初めて会った弁護士さんが原先生でよかった。
  • 一人では絶対に心が折れてました。原先生が支えになりました。

特徴 / 強み

▶︎ 豊富な対応実績

常時、借金問題のご相談をお受けしており、一貫して取り扱いがあります。豊富な経験を活かしたご提案が可能です。

重点取扱案件:法人破産、個人破産

▶︎ プライバシー配慮

個室の面談室を完備しております。事務所も人目にもつきにくい立地にあり、プライバシーに最大限、配慮しています。

▶︎ 柔軟な相談対応体制

オンライン・電話での相談も可能です。契約締結後はLINEやチャットワークでの相談もお受けしています。当日、夜間も柔軟に対応していますので、お気軽にご相談ください。

ご相談の流れ

まずはお電話で相談日時のご予約をお願いします。
予約の電話では、お名前や相談内容、相談希望日、相談方法などを簡単にお伺いいたします。

相談日までには関係書類等をなるべくご準備いただき、ご来所いただく場合には当日はお気をつけて事務所にお越しください。受付にてご案内いたします。

※オンライン・電話相談をご希望の場合には、別途ご案内させていただきます。

借金・債務整理

解決事例をみる

この分野の法律相談

現在、3社ほど任意整理で支払い中で、債務整理していない貸金業者の返済と妻の借金の返済をしていて、赤字になると借りれる業者からは借りて、後払い決済などを利用したりしてその返済もあり、一向に良くなる気配もなく任意整理から自己破産にできるものかアドバイスをお願いしたいです。 手取りは2人合わせて28万...

大変でしたね。参考程度にご確認頂けますと幸いです。 任意整理中の破産自体は可能です。 ただし、通常の破産よりは気にかけるポイントが増えますので申立書作成はより慎重に進める必要がございます。 具体的には詳細なお話を聞かないことにはアドバイスしにくいので、ひとまずご参考になれば幸いです!

原 悠太弁護士

現在クレジットカードの支払いができず破産を検討しています。 弁護士費用を貯めている最中です。 そんな中で支払督促が届きました。 それに対して意義あり、分割で支払いしたいのような返信を出そうと思っています。 そうすれば、通常の訴訟になると思うので多少時間が出来るのでその間に弁護士費用貯める予...

現在,弁護士事務所との委任関係はあるのでしょうか。 破産を検討されているということであれば,分割支払いの意思を明示するのではなく,「現在,弁護士に相談中」のように記載したらよいかと思います。

原 悠太弁護士

自己破産を検討しています。 弁護士などに色々相談した結果、 管財事件になると言われました。 質問が2点あります。 ・管財事件の場合、現在の資産の調査は  どのようにされるのでしょうか? ・自分に届く手紙などは  数ヵ月間はすべてチェックされると考えたら宜しいでしょうか? 何卒宜し...

基本的には代理人弁護士の調査内容に基づいて調査がなされますが、管財人が気になった点については申立人弁護士に確認を求めたり、独自に調査を行います。 手紙についてはおっしゃる通りですね。ご相談者様宛の郵便物は全て管財人に送られることになります。

原 悠太弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 相談料は一切頂きません。
着手金 別途ご相談ください。
報酬金 例外を除き報酬金は頂きません。
備考 実費や手続き費用は別途頂戴します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

手元資金を残しつつ、1000万を超える借金をゼロに。

  • 自己破産
依頼主 40代 男性

相談前

相談者は、ギャンブルが趣味で妻と離婚。離婚後に住宅ローンと養育費の支払いをしながら仕事を続けていました。しかし、突如として雇用先からの給料未払い問題が発生し、住宅ローンはもちろんのこと、個人の借り入れや養育費の支払いも滞るようになりました。

相談後

ご相談者様はなんとか返済を続けていきたいとの希望でしたが、一緒に家計簿や収支計算をしながらシミュレーションしてみると、どう考えても返済など不可能な経済状態でした。そこで、破産・個人再生・任意整理という手続きのメリットデメリットをそれぞれ説明させていただいた上で、再度どうするか意思確認させていただきました。すると、依頼者は個人再生で借金を減額したところで返済自体が困難であると判断し,住宅を手放してもいいから破産手続きを進めたいとのことでご依頼に至りました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

借金問題に対するアプローチ方法は、任意整理・個人再生・破産等があります。
これらにはいずれもメリットデメリットが存在し、その場その場で,より適切なアプローチ方法を選択する必要があります。
本案件では住宅を手放すことにはなりましたが,ご相談者名義の財産がほとんど存在していなかったことから,手元にある財産を残しつつ破産手続きを進めることができました。

借金・債務整理の解決事例 2

破産検討で来所した依頼者と打ち合わせ後、破産することなく返済することに成功。

  • 任意整理
依頼主 20代 女性

相談前

依頼者は20代の女性で、旦那に内緒で借り入れを繰り返した結果、返済が滞りはじめてしまったので、破産をしたいという相談で来所されました。
借入の原因は、生活費を中々入れてくれない旦那に強く言うことができず、やむを得ず借入に頼らざるを得なかったということでした。

相談後

結論としては、破産の申立をするのではなく、任意整理手続きを行うことになりました。
任意整理とは、弁護士が各業者と交渉を行い、長期の分割、経過利息や将来利息をカットしてもらう手続きです。本件では相談者が破産をすると、旦那にバレてしまう事情がありました。そこで、相談者と家計の収支を一緒に見直しながら、任意整理後のおおよその返済額を照らし合わせたところ、なんとか返済が可能なことが判明しました。
そうとき決まれば,すぐに業者に通知を発送、その後、和解は綺麗にまとまることになりました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

借金問題では手続きの選択が極めて大事です。
本件では任意整理手続きを選択しましたが、任意整理は破産や再生と異なり、裁判所を経由しません。そのため最も早く手続きが終わるところにメリットがあります。また、裁判所を経由しないので官報に名前が載ることもなければ、資格制限もありません。
ただ、当然ですが信用情報には載りますし、破産や再生と違い、元本そのものをゼロにしたり減らしたりする手続きではないので、そこには注意が必要ですね。

借金・債務整理の解決事例 3

事業に失敗した会社の法人破産を迅速に行うことで、社長の再出発をサポート

  • 自己破産
依頼主 50代 男性

相談前

相談者の社長は、大手企業を退職後、自身の大好きな野菜の販売を行うため、心機一転野菜販売の会社を立ち上げました。海外の農家の現地調査のために月に何回も海外渡航を繰り返し、いよいよ販売を開始するという段階でコロナが発生し、資金が底をついてしまいました。
もはや経営は諦めて就職を希望する社長でしたが、会社の融資と自身の連帯保証だけが残ってしまい、途方に暮れた社長が相談にいらっしゃいました。

相談後

会社の借金について代表者が連帯保証人になっている場合、会社の破産と社長の破産の両方を行う必要があります。
本件では従業員もいたため、まずは社長の会社に出向き、社長と一緒に従業員の解雇を行いました。その後、破産に必要な情報と資料の収集を行い、急いで破産申立書を作成し、裁判所に提出しました。
その後、裁判官との面談を経て破産管財人が選出され、社長と一緒に管財人事務所に面談に赴きました。管財人面談は、特に問題点を指摘されることもなく、スムーズに終わりました。その後に開かれた債権者集会でも、債権者からの質問に粛々と対応し、想定以上のスピードで免責決定が下されました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

破産という言葉は負のイメージが強いですが、決してそうではありません。
事業には失敗がつきものですが、再出発の手続きがないと誰も事業を始めようとしません。その再出発の手続きが法人破産なのです。

借金・債務整理

特徴をみる

医療問題

分野を変更する
【初回相談1時間無料】【獣医師資格保有】【クリニック顧問も可】美容整形に関するトラブルも数多くいただいております。専門的知見からベストな解決を導きます。
RHA法律事務所
RHA法律事務所
RHA法律事務所

医療問題の詳細分野

依頼内容

  • 医療過誤
  • B型肝炎

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

まずはご相談ください!

医療機関の経営サポート、安心して働くための環境づくりのサポートに力を入れています。
日常業務の中で生じたお悩みや、今後のための環境・体制の構築、トラブルが起きてしまった場合の対応まで幅広く対応します。

また、最近では美容整形に関するトラブルも多くご相談いただいております。
医療機関側・患者さん側、どちらも対応可能です。

ご相談例

  • 医療過誤があった。
  • 医療過誤はなかった。
  • クリニックの顧問弁護士をお願いしたい。
  • 医師から明確なリスク説明がなかった。
  • 手術において切除してはならない器官を切除されてしまった。
  • 美容整形に失敗し、寝ている間に瞼が閉じなくなった。

ここに記載したものはほんの一例です。どのようなご相談も全て対応させて頂きますので、どうぞお気軽にご相談ください!

セミナーもお任せください

  • 現場スタッフ向けの研修・セミナーを実施したい。
  • 病院経営に関するセミナーを実施してほしい。
  • カルテ・看護記録記載のポイントを教えてほしい。

その他ご要望に合わせた企画をいたしますので、お気軽にご相談ください!

対応方針

皆様に安心いただけるように、お話には丁寧に耳を傾け、真の解決が図れるよう提案型を心がけています。進捗状況を密に連絡し、スピード重視で対応します。

また、獣医師でもある点を評価いただき、「原先生は資格もあるからか話に説得力があります。」などのお言葉も頂戴しています。身近な相談役となれるよう、サポートいたします。

特徴 / 強み

▶︎ 豊富な顧問実績

獣医師資格を保有していることも強みである他に、100社を超える中小企業顧問弁護士としての経験、税理士や公認会計士をはじめとする他士業との連携によるワンストップサービスを実現していることも高く評価いただき、多くの顧問実績がございます。

▶︎ 柔軟な相談対応体制

オンライン・電話での相談も可能です。契約締結後はLINEやチャットワークでの相談もお受けしています。当日、夜間も柔軟に対応していますので、お気軽にご相談ください。

お打ち合わせの流れ

まずはお電話でお打ち合わせ日時のご予約をお願いします。
予約の電話では、ご相談内容、相談希望日、ご希望のお打ち合わせ方法などを簡単にお伺いいたします。

相談日までには関係書類等をなるべくご準備いただき、ご来所いただく場合には当日はお気をつけて事務所にお越しください。貴社におけるお打ち合わせにも対応いたします。

※オンライン・電話相談をご希望の場合には、別途ご案内させていただきます。

この分野の法律相談

矯正歯科中で、誤って予定していた虫歯ではなく全く健康な隣の歯を抜歯されました。 医師も謝りを認めています。 1.インビザラインは作り直し(再作成費用は元々かからない仕組み) 2.残った虫歯は責任を持って治療を約束 上記を提案されましたが、自分としては将来的に長持ちするインプラントよりも価値の...

えらい目に遭いましたね。。。 歯医者さんが保険に入っていればそちらからの支出になるでしょうが、そうはいっても本件のような初歩的なミスでは重過失要件に引っかかり、保険適用外になるかもしれません。その場合には医師の自己負担ということになります。 事情を正確に把握できないと具体的なアドバイスはできませんが、実費の返還とは別に慰謝料の請求も十分にあり得る事態...

原 悠太弁護士

医療問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 来所面談・オンライン面談に限り,初回相談は1時間無料
以降30分ごと5,500円(税込)

クリニック顧問のご相談については相談料は一切頂きません。
着手金 最低11万〜(税込)
クリニック顧問については複数のプランをご用意しておりますので、まずはご相談下さい。
報酬金 内容によって異なりますので、別途ご相談させて下さい。
備考 実費や日当は別途ご請求致します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

医療問題の解決事例(3件)

分野を変更する

医療問題の解決事例 1

動物病院側の代理人として、獣医療過誤訴訟で完全勝訴判決を得た事案

  • 医療過誤
依頼主 40代 男性

相談前

相談者は動物病院で、一度だけ緊急外来で対応したことのあるペットの飼主から医療過誤で損害賠償請求をされているということで来所されました。本件で特徴的なのは、そのペットが極めて珍しい動物であったという点です。
相手は弁護士もつけており、弁護士から送られてきた書面を読むと、相手の飼っていたペットが死んでしまったのは緊急外来時の過失に起因するとのことでした。
ひとまずは相談者も弁護士をつけたいとのことだったので、即日、受任通知を送付することになりました。

相談後

弁護士同士の話し合いが始まりましたが、相手はすぐに訴訟を提起してきました。
裁判ではやはり過失の具体的な内容が争点となりましたが、基本的には相手の主張をほとんど跳ね除け,決定打となったのはペットの希少性でした。
私は獣医学部を出ているので分かるのですが,獣医学部で学ぶ動物は犬や猫,牛や馬がほとんどで,それ以外の動物についての知識の殆どは先生の独学によるものです。つまり,対象動物によって獣医師に求められる過失のハードルは変わるということです。そこを重点的に説明できたことが勝因かと思います。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

医療訴訟は極めて専門性が高いですが、獣医療訴訟も独特な側面が存在します。
本件のように過失が争点になる場合は、過失の具体的な中身として報告義務や手技的な義務の他、応診義務などが争点になることが多いですが、これらの理解は医療の現場を知ることが必須です。

医療問題の解決事例 2

アレルギーのある薬物を投与された件で、病院から200万円の損害賠償を支払わせた事案

  • 医療過誤
依頼主 20代 女性

相談前

病院は事前にアレルギーの存在を把握していたにも関わらず、本来使用してはならない薬物を投与し、それによりご相談者様は通院が必要な状態になりました。

病院のその後の対応にも不満を感じたご相談者様は、弊所が医療問題に精通しているとの理由でご来所くださいました。

相談後

最終的に、通院費用、交通費、慰謝料等を合わせて200万円の支払いをうけることができました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

病院問題は極めて専門的かつ難しい分野です。
方針として取り扱っていない事務所も多いのが現状です。

弊所では獣医師免許をもつ代表弁護士が徹底的にサポートをさせていただきます。

医療問題の解決事例 3

美容整形での説明義務違反に基づく損害賠償金の獲得に成功

  • 医療過誤
依頼主 30代 女性

相談前

ご依頼者は30代の女性の方で,インターネットを通じて弊所にご連絡いただきました。

都内で豊胸集術を受けた後,合併症が発症したとして来所されました。

相談後

ひとまずは資料の収集と精査を行い,クリニック側が適切な説明を怠っていたことが判明しました。
医療ADRを申立て,クリニック側からの謝罪と賠償金の支払いを受けることに成功しました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

生命の危険や窮迫性等の客観的必要性が伴う通常の医療とは異なり,美容整形はより綺麗になりたいという主観的必要性を叶えるという点に特徴があります。
そうであるからこそ,本当にその手術が必要なのか,どんなデメリットがあるのかをしっかり説明する義務がクリニック側には求められます。

医療問題

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【初回相談1時間無料】【オンライン/電話相談可】【プライバシー配慮】職場トラブルはあなたの精神を蝕みます。一人で悩まず、まずはご相談ください。
RHA法律事務所
RHA法律事務所
RHA法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

まずはご相談ください

会社と争う労働トラブルは精神的なストレスも大きく、お一人で悩みを抱え込まれている方や、会社側の言い分に納得できず苦しんでいる方も多いことと思います。

いち早く、平穏な日常を取り戻すため、お気持ちに寄り添いながら万全のサポートをさせて頂きます。

ご相談例

  • 未払いの残業代を請求したい。
  • 納得できない理由で一方的に解雇された。

ここに記載したものはほんの一例です。どのようなご相談も全て対応させて頂きますので、どうぞお気軽にご相談ください!

対応方針

依頼者に安心いただけるよう、解決にあたります。お話には丁寧に耳を傾け、真の解決が図れるよう提案型を心がけています。進捗状況を密に連絡し、スピード重視で対応します。

このような方針に則ってお一人お一人対応させていただく中で、お陰様で多くの感謝のお言葉を頂戴しています。

お客様の声

  • 初めて会った弁護士さんが原先生でよかった。
  • 一人では絶対に心が折れてました。原先生が支えになりました。

特徴 / 強み

▶︎ 豊富な対応実績

労働トラブルのご相談や依頼は、一貫して取り扱いがあります。常時、多くのご相談を受けていますので、豊富な経験を活かした踏み込んだお話ができると自負しています。

重点取扱案件:残業代請求

▶︎ プライバシー配慮

個室の面談室を完備しております。事務所も人目にもつきにくい立地にあり、プライバシーに最大限、配慮しています。

▶︎ 柔軟な相談対応体制

オンライン・電話での相談も可能です。契約締結後はLINEでの相談もお受けしています。当日、夜間も柔軟に対応していますので、お気軽にご相談ください。

ご相談の流れ

まずはお電話で相談日時のご予約をお願いします。
予約の電話では、お名前や相談内容、相談希望日、相談方法などを簡単にお伺いいたします。

相談日までには関係書類等をなるべくご準備いただき、ご来所いただく場合には当日はお気をつけて事務所にお越しください。受付にてご案内いたします。

※オンライン・電話相談をご希望の場合には、別途ご案内させていただきます。

この分野の法律相談

以前いた職場なのですが、パワハラを受けました。 入社して初日、制服に着替えている際、後ろから、お尻を蹴られました。その他にもしゃがんで物を拾う際は足で頭を蹴られました。他にも、此方が仕事の内容の間違いを指摘をすると、偉そうにしやがってと胸ぐらに掴み掛かられボコボコにしてやるなどの、脅し文句も...

あまりにもひどいですね。 法的な解決としては金銭解決ということになってきます。そうだとすると、相手のパワハラや暴行を裏付ける資料の有無や今のうちからの資料集めが大事になります。 本気で戦うのであれば専門家の助言が不可欠かと思いますので、一度法律事務所に問い合わせをすることをお勧めいたします。

原 悠太弁護士

業務委託契約での業務内容に関して こんばんは、フリーランスで活動しております。 今回業務委託契約で先方と契約することになりました。 そこでいくつかお伺いしたいことがあります。 ①業務内容が細かく決められている場合は、それに同意し締結することで偽装請負には当たらないのでしょうか? ┗例えば、...

偽装請負かどうかは一律の基準があるわけではなく、契約書の形式面と業務の実態面の総合考慮で決まります。 相談者様の契約内容が偽装請負に当たるかどうかは、ここに記載された内容のみでは正直回答が難しいと思われます。 本当に気になるのであればお近くの弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

原 悠太弁護士

教授によるアカハラに該当するかどうか相談したいです。 ・論文や本を読み、4回の研究発表、7回の輪講ゼミ発表(日付と資料が残ってます)をしたにもかかわらず、「ほとんど研究してなく」「まったく研究していない」とチャットで言われる。 ・事前にインターン に行くので研究会を休むと連絡したのにもか...

チャットは皆が見ているのでしょうか? お話を聞く限り、アカハラといえる可能性が高い印象です。 大変お辛い思いをしていることと存じます。 おっしゃるとおり、一度弁護士に相談をした方がよいかと思います。

原 悠太弁護士

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 来所面談・オンライン面談に限り,初回相談は1時間無料
以降30分ごと5,500円(税込)
着手金 最低11万〜(税込)
報酬金 得られた結果により異なりますので、別途ご相談させて下さい。
備考 実費や日当は別途ご請求させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(2件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

証拠が足りない状況で、労働審判を使って、未払給与と残業代も獲得

  • 給料・残業代請求
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は転職直後から給料の一部の支払いを受けることができていないとして、相談にいらっしゃいました。労働審判で早期解決を図ることになりましたが、会社は労務管理を一切しておらず、タイムカードもなく、通常必要とされる証拠が一切ありませんでした。

相談後

本来であれば、タイムカードなどを用いて自身の労務提供を立証する必要があります。立証ができなければ、その主張は存在しないものとして扱われるのが裁判所です。
そこで、依頼者によくよく話を聞くと、Googleに自身の移動履歴が全て残っているとのことでした。そこで、Googleの移動履歴を全て洗い出し、依頼者の出勤時間と退勤時間を抽出することに成功しました。
これをもとに労務提供時間を割り出すと、大幅な残業の事実が浮き彫りになり、未払い給与に加えて残業代の請求も行う方針となりました。
結果、労働審判では想定していた金額の倍額での審判が下されました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

裁判所では証拠が全てです。
初回相談時には証拠になりそうなものも含めてお伺い致します。

労働問題の解決事例 2

上司にセクハラとパワハラを認めさせ,慰謝料を獲得

  • パワハラ・セクハラ
  • 労働条件・人事異動
依頼主 20代 女性

相談前

相談者は上司から日常的にセクハラを受けており,断ると待遇面で脅されてしまうとして相談にこられました。

相談後

ご依頼後,すぐに証拠の整理を行い,加害者との面談を設定しました。
面談時には,我々が裏付け資料をもっていること,自身の行いが刑事罰相当であることを説明し,示談の流れで話が進みました。
結果的に加害者は自身の行いを素直に認め,表沙汰にしたくないという依頼者の意向もあり,多額の示談金の支払いを受けることで早期解決となりました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

職場での悩みは周りにも相談しずらいものです。
弊所ではご依頼後はLINEやチャットワークでの相談も承っておりますので,お気軽にご連絡ください。

労働問題

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【初回相談1時間無料】【オンライン相談可】【当日休日夜間も柔軟対応/スピード対応】会社の門番にも最後の砦にもなります。
RHA法律事務所
RHA法律事務所
RHA法律事務所

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

まずはご相談ください!

事業をより一層加速させ、成長をしていくためには、法務面についていつでも気軽に相談できる存在が不可欠です。
貴社ビジネスを強力に後押しして、貴社の一員と思っていただけるよう、親身に対応させていただきます。

ご相談例

  • 顧問弁護士をつけたい。
  • いつでも弁護士に相談できる環境が欲しい。
  • 社員への福利厚生の一環として弁護士に相談できるようにしたい。

ここに記載したものはほんの一例です。どのようなご相談も全て対応させて頂きますので、どうぞお気軽にご相談ください!

セミナーもお任せください

  • 新入社員向けにコンプライアンスに関する研修・セミナーを実施したい。
  • セクハラ・パワハラ防止の研修を実施してほしい。
  • 契約書作成のポイントを教えてほしい。

その他ご要望に合わせた企画をいたしますので、お気軽にご相談ください!

対応方針

顧問先企業に安心いただけるように、お話には丁寧に耳を傾け、真の解決が図れるよう提案型を心がけています。進捗状況を密に連絡し、スピード重視で対応します。

このような方針に則って対応させていただく中で、「原さんは良い意味で弁護士っぽくないので本当に相談しやすいです。」などのお言葉も頂戴しています。冗談を言い合いながらお酒を交わすこともしばしば。身近な相談役となれるよう、サポートいたします。

特徴 / 強み

▶︎ 豊富な顧問実績

顧問弁護士としていつでも相談できる環境作りと親しみやすい弁護士であることを心がけ、弁護士登録直後から顧問依頼を受けてきた多くの実績がございます。一人で40件を超える顧問担当先の保有実績があります。

▶︎ 柔軟な相談対応体制

オンライン・電話での相談も可能です。契約締結後はLINEやチャットワークでの相談もお受けしています。当日、夜間も柔軟に対応していますので、お気軽にご相談ください。

お打ち合わせの流れ

まずはお電話でお打ち合わせ日時のご予約をお願いします。
予約の電話では、ご相談内容、相談希望日、ご希望のお打ち合わせ方法などを簡単にお伺いいたします。

相談日までには関係書類等をなるべくご準備いただき、ご来所いただく場合にはお気をつけて事務所にお越しください。貴社におけるお打ち合わせにも対応いたします。

※オンライン・電話相談をご希望の場合には、別途ご案内させていただきます。

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

この分野の法律相談

弊社は中小の機器、部材等を取り扱う商社であります。 弊社は取引先が数多くありますが、一度だけの取引や年に数回、毎週のように 購入いただく業者、先方の会社規模も大きいところから、一人親方の業者まで 様々存在します。 最近取引額の多い販売先・仕入先の業者からよく取引基本契約書の締結がよくあり...

これまで契約書がないがために白黒がつけられず、結果訴訟に至ったケース、訴訟を起こしたが契約書がなかったため立証ができずに負けてしまうケース、多くのケースを見てまいりました。 契約書は事前の約束事を書面に落とし込む作業に過ぎないですが、事前に書面化しておけばそもそも水掛け論にならずに紛争を予防できますし、仮に紛争になると裁判所は契約書の有無をいの一番に確...

原 悠太弁護士

法人と代表者個人の同時に破産申し立てにあたり、法人の連帯保証が多額の為 破産せざるを得ないのですが、同時に申し立てる費用は個人には余力がなく 法人からすべて出してもよろしいのでしょうか?

法人の費用は法人が、個人の費用は個人から支払うことが望ましいです。

原 悠太弁護士

よろしくお願いします 個人事業主、法人問わずに医療コンサルティング会社を立ち上げたい。 1、医療従事者の求職者を無料会員登録してもらう。 2、求人側から月額料をもらいマッチングした求人を求職者に無料で紹介する。 3、求職者は、求人側へ直接連絡してもらい面接。 4、採用になっても成功報酬を戴か...

基本的にはマッチングの方法が斡旋に該当すれば有料無料問わず許可が必要になります。 ただ、斡旋に該当するかどうかは解釈の問題なので、一度信頼できる弁護士さんに事業内容を具体的に説明の上アドバイスをもらった方がよいかと思います。 聞く限りは問題ない気はしますが、マッチングの段階で相談者様の恣意が介在しているような場合には斡旋に該当し得るのではないかというのが...

原 悠太弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 顧問検討に関するご相談は一切頂きません。
それ以外のご相談については初回相談1時間無料、30分あたり5500円(税込)
着手金 顧問プランは貴社のご都合に合わせて複数ご用意しておりますので、まずはご相談ください。
それ以外のご相談についてのご依頼は最低11万〜(税込)
報酬金 得られた経済的利益により変動致します。
備考 実費や日当は別途頂戴致します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(3件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

契約書作成に関するご相談の依頼者様から、その場で顧問契約のご依頼を頂き、快諾。

  • 人事・労務
  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 製造・販売
依頼主 40代 男性

相談前

IT事業を営む社長からのご相談で、以前契約書がなかったことが原因で訴訟に負けた経験があるため、取引先との間で交わす契約書の作成をお願いしたいというご依頼でした。
会社の概要や取引の内容、契約書に盛り込みたい内容の打ち合わせのためにご来所頂きました。

相談後

社長は、今後も契約書の作成や先方から送付されてきた契約書のチェックをお願いすることが予想されるとのことでした。それならいっそ顧問契約したほうがお得なのではないかという話をさせて頂いたところ、弊所の顧問プラン内容や私自身のことを大変気に入って下さり、その場で顧問契約締結となりました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

会社における顧問弁護士は、貴社が紛争に巻き込まれた時の最後の砦としてのイメージが強いかもしれませんが、貴社が紛争に巻き込まれないようにするための門番としての役割も持っています。
弊所では複数の顧問プランをご用意しており、LINEなどのグループを作成することで、スポットのご依頼者様より素早いが対応が可能となります。
顧問検討のご相談は無料で受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

事業に失敗した会社の法人破産を迅速に行うことで、社長の再出発をサポート

  • 人事・労務
  • 倒産・事業再生
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
依頼主 50代 男性

相談前

相談者の社長は、大手企業を退職後、自身の大好きな野菜の販売を行うため、心機一転野菜販売の会社を立ち上げました。海外の農家の現地調査のために月に何回も海外渡航を繰り返し、いよいよ販売を開始するという段階でコロナが発生し、資金が底をついてしまいました。
もはや経営は諦めて就職を希望する社長でしたが、会社の融資と自身の連帯保証だけが残ってしまい、途方に暮れた社長が相談にいらっしゃいました。

相談後

会社の借金について代表者が連帯保証人になっている場合、会社の破産と社長の破産の両方を行う必要があります。
本件では従業員もいたため、まずは社長の会社に出向き、社長と一緒に従業員の解雇を行いました。その後、破産に必要な情報と資料の収集を行い、急いで破産申立書を作成し、裁判所に提出しました。
その後、裁判官との面談を経て破産管財人が選出され、社長と一緒に管財人事務所に面談に赴きました。管財人面談は、特に問題点を指摘されることもなく、スムーズに終わりました。その後に開かれた債権者集会でも、債権者からの質問に粛々と対応し、想定以上のスピードで免責決定が下されました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

破産という言葉は負のイメージが強いですが、決してそうではありません。
事業には失敗がつきものですが、再出発の手続きがないと誰も事業を始めようとしません。その再出発の手続きが法人破産なのです。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 3

退職社員からの残業代請求を、労働審判内で80%減で審判。

  • 人事・労務
依頼主 40代 男性

相談前

ある日、顧問先の社長からのLINEを受けました。
内容は、先日退職した社員が突然弁護士をつかって300万円を超える残業代請求をしてきた、どうすればいいか。というものでした。

相談後

実際には確かに未払いの残業代はあるようでしたが、相手の請求金額のほとんどは根拠がありませんでした。
我々も相手とは別の計算シートを作成し、審判の際に提出。

結果,裁判所は相手方の立証が不十分であるとして、その金額のほとんどを排斥しました。

原 悠太弁護士からのコメント

原 悠太弁護士

顧問弁護士は普段から顧問先の会社を把握しておりますので、いざもめ事が起きた際の対応を迅速に行うことができます。

弊所では様々な顧問プランをご用意し、LINE等によるサポートも行っておりますので、お気軽にお問合せください。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
RHA法律事務所
所在地
〒144-0035
東京都 大田区南蒲田2-16-2 テクノポート大樹生命ビル9階
最寄り駅
京急蒲田より徒歩6分
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
土日祝・夜間面談をご希望の方も、ご相談ください
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5453-7960

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

RHA法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5453-7960

※RHA法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
土日祝・夜間面談をご希望の方も、ご相談ください
設備
完全個室で相談