動産執行

動産執行は債務者の商品や機械、現金などの動産を差し押さえて債権回収をする方法です。債務者の自宅や事務所などを執行官が訪れて差押えから競売まで行います。ただし、何でも差押えられるわけではありません。差押禁止財産に指定されている財産は差し押さえることができません。動産執行についての知識を蓄えてお悩みを解決しましょう。

動産執行に関する法律相談

  • 法人会社にある備品の差し押さえについて

    法人の代表者です。法人が裁判で敗訴し、強制執行の対象となっています。法人には、口座や不動産や車両はありません。売掛金もありません。強制執行できそうなものは強いていえば、会社にあ...

    1弁護士回答
  • 犬の差押えはできるか

    強制執行で債務者が飼っている犬(動産)を差押えすることはできますか?

    1弁護士回答
  • 妻に届いた動産執行に関する質問です。

    妻に動産執行の申し立ての手紙が来ていたのですが、どこまでが対象になるのかわからず不安なのです。 以下の質問に返答をお願いします。 ①妻の物だけが差し押さえになるのか、家庭の物がす...

    2弁護士回答
  • 消費者金融動産執行について

    消費者金融からたしか1年半前に訴訟をうけて負けてます。 現在手に怪我押していて仕事に就けておりません。 仕事は捜している最中です。 消費者金融から和解処置というのか届いてます。 一...

    1弁護士回答
  • 強制執行にかかる時間について

    支払督促から仮執行宣言が付され 強制執行可能になりました。 相手は個人経営で店を営んでいて、小さな店ですが2.3店保有しています。 金額は300万なのですが、こちらの支払い督促を無視しっ...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す