不動産執行

不動産執行は債務者が持っている土地や建物を差し押さえて、競売などによって金銭に換えて債権を回収する方法です。不動産は一般的に資産価値が高く、隠しにくい財産です。ただし、不動産には抵当権などの第三者の担保権が設定されていることがあるので注意が必要です。債務者の不動産は不動産登記簿を見ることで確認できます。執行の申立てから配当を受けるまでは、2、3年かかることもあります。不動産執行を知ってお悩みを解決しましょう。

不動産執行に関する法律相談

  • 子の引き渡しにおける間接強制について

    子の引き渡しにおける、間接強制について教えてください。 間接強制が認められた場合、どのような手続きをして、相手の財産を押さえるのでしょうか? たとえば、相手の預金の場所がわから...

    3弁護士回答
  • 架空請求はがきについて

    架空請求はがきについて 「訴訟通知センター」というところから、「民事訴訟最終通達書」が普通郵便のハガキで送られてきた。 ハガキには、「契約中、 若しくは債権譲渡のあった企業、又は団...

    2弁護士回答
  • 土地などの強制執行について

    土地や建物等の強制執行、車の強制執行について質問がございます。 1共同名義の一軒家があり実際執行されたらどうなってしまうのか、執行費用や事前に車の執行も含めて私に通知が来るのか...

    2弁護士回答
  • 少額債権の場合による不動産への執行

    数千円や数万円程度の債務名義であっても、不動産執行をすることは可能ですか?真の狙いは債権の回収よりも、相手方を街から追い出すことなので。

    1弁護士回答
  • 競売取り下げ交渉について

    不動産を所有しています。自社の銀行からの借入れ(2000万円)で抵当権が設定されており,連帯保証人になっています。 今年2月に,個人で借りた銀行系クレジットカード会社の債務120万円で,...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す