現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

答弁書

裁判所から訴状が送られてきた場合、期日までに答弁書を提出しなければなりません。訴状を無視した場合、相手(原告)の主張をすべて認めたことになってしまいます。もし相手の請求自体はやむ終えないと思った場合でも、金額や支払い方法について交渉したいならば、答弁書を作成して、争う姿勢を取る必要があります。ここでは、答弁書の書き方や提出方法などをご紹介します。

答弁書に関する法律相談

  • 答弁書で「認める」の後に、事実や主張を記載してもよいでしょうか。

    【相談の背景】 訴状が届きました。本人訴訟しようと思って答弁書を作成しています。 ハンドブックには、「請求の原因に対する認否」では、「否認する」や「争う」のあとには理由や、被告の...

    1弁護士回答
  • 移送の申立てについて

    【相談の背景】 移送の申立てについては,答弁書の最初に移送するよう書くことで足りますか?移送の申立書を提出する必要があるのであれば,それに関連する根拠の条文は分かりますか? ...

    2弁護士回答
  • 答弁書を出すのを忘れてしまい期日に遅れています。

    【相談の背景】 29日期日の答弁書を出すのを忘れて期日に遅れています。 口頭弁論は6日ですが出廷出来ず答弁書をもって弁論とする予定です。 【質問1】 1日に直接裁判所に持っていくの...

    7弁護士回答
  • 控訴審の答弁書の提出について

    【相談の背景】 当方原審の被告です。原審の原告が原判決に不服で控訴してきました。 訴えの変更を申し立てきました。 【質問1】 転勤で遠方に引越しし、原判決に不服はないので、答弁...

    1弁護士回答
  • 相手が先に答弁書を提出した後で、こちらの答弁書の書き方

    【相談の背景】 相手が先に、裁判所に答弁書を提出しました。 こちらの答弁書の書き方は、どうすればよいでしょうか。 【質問1】 まず、相手側の主張に答えた後で、自分側の主張を記述...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識