訴状

裁判を起こすには、請求内容や紛争の争点をまとめた「訴状」を裁判所に提出する必要があります。その際、訴額(裁判で請求する利益を金銭的に見積もった金額)や、事件の地域的要素によって、提出先の裁判所が変わるので、管轄の裁判所について調べておきましょう。ここでは、訴状の書き方や、訴状を受け取った場合にどう対処すべきかについてご紹介します。

訴状に関する法律相談

  • 訴状に証言はどうやって記載すればいいの?

    【相談の背景】 高3男子です。 先日、クラスメイトのA君に僕の家庭(シングルマザー)を馬鹿にされ、クラスの皆んなにバレました。プライバシー侵害の不法行為として本人訴訟を起こしたい...

    2弁護士回答
  • 被告が答弁書を陳述後の原告の陳述の 要 不要 初めての裁判

    【相談の背景】 教えてください。 私は原告です。簡易裁判で本人訴訟で行います。 まだ被告から答弁書は届いていません。 本などを参考に法廷での1回目の進め方は以下の様だと理解して...

    1弁護士回答
  • 訴状と証拠説明書の記号に対する説明 別紙にすべき?

    【相談の背景】 訴状と証拠説明書を作成中のど素人です。 とある分類ABCDに分けて、訴状と証拠説明書に4種類の括弧記号を入れたいと思います。 【質問1】 Aについては「」、Bについ...

    2弁護士回答
  • 訴状における原告代理人のやる気

    【相談の背景】 当方被告で訴状を受け取った段階ですが、本争点の補足的な部分で客観的に見ても明らかに事実と異なる主張が有り答弁書で指摘します。この明らかに事実と異なる補足の主張は...

    1弁護士回答
  • 判決後に控訴した場合の流れ

    【相談の背景】 裁判所からの判決に対して控訴状を出しました。50日以内に何らかの主張書類を出さないといけないのはわかっていますが、もし主張書類を出さなかった場合はどうなりますか? ...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識