現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

訴状

裁判を起こすには、請求内容や紛争の争点をまとめた「訴状」を裁判所に提出する必要があります。その際、訴額(裁判で請求する利益を金銭的に見積もった金額)や、事件の地域的要素によって、提出先の裁判所が変わるので、管轄の裁判所について調べておきましょう。ここでは、訴状の書き方や、訴状を受け取った場合にどう対処すべきかについてご紹介します。

訴状に関する法律相談

  • 訴状の送達先について

    【相談の背景】 被告人に訴状を送達するために住所の調査が必要となりましたが、携帯番号から住所を調査した場合は時間が掛かるため、被告人の代理人弁護士に住所を教えて欲しいと連絡したと...

    1弁護士回答
  • 訴状の送付先について

    【相談の背景】 貢いだお金を返還請求するために訴状の送付先を、相手の代理人弁護士に確認すると、相手の彼氏の家と思われる住所が連絡されてきました。 【質問1】 訴状の送付先が被告人の...

    3弁護士回答
  • 不貞行為裁判の慰謝料減額理由

    【相談の背景】 不貞行為の慰謝料裁判を起こされた。 訴状には「被告の不貞行為により家庭は崩壊され、精神的苦痛を被ったから慰謝料を払え」とある。 ただ、原告側は現在も通常の家庭環境が...

    2弁護士回答
  • 訴状は骨格の概略だけで甲号証と事実の具体的な記載は後回しでもよいのか

    【相談の背景】 これから、ある不法行為の訴状を出す予定でいます。 時効(催告後の6ヶ月)の関係で、期限が迫っていますが、時間がなく、十分な訴状を作ることができません。 【質問1】 訴状...

    2弁護士回答
  • 指摘、反論、陳述書について。

    【相談の背景】 相手が出した訴状と陳述書、両方とも初めから虚偽の固まりで、その酷い陳述書はサインした者が読んでいませんと証言しました。 酷過ぎるレベルで驚き過ぎですが、それを指摘...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識