準備書面

訴訟を起こすと、口頭弁論が開かれます。口頭弁論で主張したいことは準備書面にして、裁判所に提出し、相手方にも送ります。準備書面では、相手の主張に対して認否や反論をする必要がありますが、一度相手の主張を認めてしまうと、それを撤回するのは困難なので注意してください。ここでは、準備書面の書き方や提出方法などをご紹介します。

準備書面に関する法律相談

  • 民事訴訟の証書について

    証書について 被告です。 ①原告が訴状と提出した原告陳述書に虚偽記載があり、その虚偽を立証したいのですが、その虚偽記載の原告陳述書を被告側の証拠として活用してもいいですか? ➁そ...

    2弁護士回答
  • 準1の受領後、すぐ尋問に移ることの合理性

    これは裁判官が許可するかどうか(双方が「弁論を尽くした」と合意するかどうか)も絡みますが、 被告が第二回弁論までに準1を提出してきて、原告がそれに準2以降で反論すると、喧嘩腰の...

    1弁護士回答
  • 準備書面についての記載違い

    準備書面の重要性について 訴訟は証拠が全てとあります。準備書面で嘘をついてそれを相手方に嘘と立証されると結構な不利になるのでは?だから準備書面も確実なことだけ書くべきでしょうか?...

    1弁護士回答
  • 答弁書、準備書面について

    訴状に対する答弁書をひとまず、追って認否するなど明記して出しました。 その場合、次回期日の前まで準備書面で訴状内容に対する認否を記載するで間違いありませんか?

    2弁護士回答
  • 民事裁判の準備書面の添削

    本人訴訟で民事裁判をする予定です。 損害賠償請求をされている原告側です。 答弁書は簡単に出せそうですが、準備書面については書式は自由みたいですが表現や法律的根拠について書いていて...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識