設立

会社を設立する時には、事業の目的、商号など様々なことを決める必要がありますが、その際、法的リスクも合わせて考えることが重要です。例えば、サービスが適法かどうか、商号は他の商標を侵害していないかなどに注意が必要です。また、資本金の額や決算時期は納税額に影響するので慎重に決定しましょう。ここでは、会社設立の流れや方法とその注意事項、よくあるトラブル対処法をご紹介します。

設立に関する法律相談

  • 会社を株式にしたいが執行猶予がとけたばかり。

    今個人経営しております。 法人にして株式にしたいのですが、 数年前に罪をおかし留置所に入り、有罪判決をうけて執行猶予がつきました。 執行猶予が今年なくなったのですが、うちの会社を株...

    1弁護士回答
  • 発起人が法人の場合の定款認証について

    親会社である法人が100%出資の子会社立ち上げを予定しています。 これから子会社の定款認証を行うのですが、【定款に記載する事業目的の書き方】について質問です。 自身でもいろいろ調べた...

    1弁護士回答
  • マルチレベル会社設立過程が気になります。

    こんにちは。 私は日本の人ではない。 しかし、日本で合法的に多段階の会社を設立したいと思います。 輸出入法人を設立した後、規定に基づいて活動する多段階会社として設立した場合、多段...

    1弁護士回答
  • HPや名刺への法人名記載について

    私は現在個人事業主なのですが、 HPや、名刺に、まだ設立されていない法人名(OO合同会社)を書くことは 何らかの法律に抵触してしまうでしょうか?

    1弁護士回答
  • 合同会社から株式会社へ組織変更に伴う、法律違反や騙されていないか心配

    知人と株式会社を設立する事に成りました。 知人が一人で設立していた合同会社を株式会社を組織変更して株式会社設立する事に成りました。 合同会社と株式会社の事業内容は異なります。 こ...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料