時効の援用

時効を主張するためには、時効の援用手続きをする必要があります。時効の援用手続きとは、時効の成立を主張し、時効の利益を受けることを相手に伝えるための手続きです。具体的には、内容証明郵便を送付する方法が一般的です。ただし、そもそも時効が成立しているかどうかは必ず確認が必要です。知らないうちに時効が中断されている可能性があるからです。時効の援用を知ってトラブルに対処しましょう。

時効の援用に関する法律相談

  • 時効援用 配偶者が行った時効中断事由について

    【相談の背景】 20年以上前の借入金の請求書が来ました。 時効援用する予定でいましたが、請求書を見た配偶者が勝手に先方に電話してしまい、電話口で支払い期限の猶予を求めました。 ...

    1弁護士回答
  • 過去の退去費用未払いの件で訴状が届いていた事が発覚。相手に連絡を取っても良いでしょうか?

    【相談の背景】 過去の賃貸退去費用の未払いの件で、連帯保証人である父の元に私名義の訴状が届いてたことを知りました。届いていた日付は2017年ごろだったと思うのですが、現在は訴状を紛...

    1弁護士回答
  • 執行文と時効の援用について

    【相談の背景】 数日前に裁判所から執行文が届きました。 内容に関しては以下の通りです。 •消費者金融Aから金融事業者Bへ強制執行できる権利を継承する 10年以上前に消費者金融Aから裁...

    1弁護士回答
  • 裁判所に提出する答弁書の書き方

    【相談の背景】 時効援用する為に間違いをしないように 書きたいと思ってます。 原告の請求を棄却する。 訴訟費用は原告の負担とする この部分は ⬜︎間違っている部分があります...

    3弁護士回答
  • 携帯料金滞納の時効援用について

    【相談の背景】 過去に携帯を新規契約する際に自分の名義で2台契約しました。当時の恋人に1台を渡して使用させていましたが、その事を忘れたまま破局することになりました。 別れから数年...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理を扱う弁護士を探す