現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

時効の援用

時効を主張するためには、時効の援用手続きをする必要があります。時効の援用手続きとは、時効の成立を主張し、時効の利益を受けることを相手に伝えるための手続きです。具体的には、内容証明郵便を送付する方法が一般的です。ただし、そもそも時効が成立しているかどうかは必ず確認が必要です。知らないうちに時効が中断されている可能性があるからです。時効の援用を知ってトラブルに対処しましょう。

時効の援用に関する法律相談

  • 時効援用通知を送りました

    【相談の背景】 以前こちらに相談投稿して時効援用書類を参考にして自分で作成から相手に送りました。 【質問1】 こちらに相談投稿した時に、特定記録郵便で送付でも良いと言われたのですが...

    2弁護士回答
  • 公共料金の時効について

    【相談の背景】 5年前に引っ越した家の水道料金を請求されてます。 途中で支払えなくなり20万円程残っています。 請求先は5年前に亡くなった夫です。他にも負債がありましたが、遺産放棄し...

    1弁護士回答
  • 答弁書の代筆についてと、時効援用通知書について。

    【相談の背景】 叔父が消費者金融から貸金請求の裁判を起こされました。内容としては最終弁済より30年以上が経過しており債務の承認もしていないので、時効の援用をするつもりです。質問は、...

    1弁護士回答
  • 有限会社の借金 時効援用

    【相談の背景】 有限会社の代表者です。 有限会社が借主で、代表者である私が保証人の借金があります。 10年以上返済できていませんので時効援用を依頼したいと思っています。 清算手続き...

    1弁護士回答
  • 時効援用手続きの書類について

    【相談の背景】 時効援用手続きを自分で出来ると聞きました。 【質問1】 借りた日時や現在いくら借りてるのか?利子がいくら?ついてるのか?わからない状態です。その場合有効的な書類の作...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理を扱う弁護士を探す