現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

時効の援用

時効を主張するためには、時効の援用手続きをする必要があります。時効の援用手続きとは、時効の成立を主張し、時効の利益を受けることを相手に伝えるための手続きです。具体的には、内容証明郵便を送付する方法が一般的です。ただし、そもそも時効が成立しているかどうかは必ず確認が必要です。知らないうちに時効が中断されている可能性があるからです。時効の援用を知ってトラブルに対処しましょう。

時効の援用に関する法律相談

  • 時効援用について教えてください

    質問なのですが 債権会社からの借金支払い 時効考えているのですが 債権会社営業日外休みの日に一度電話かけて 休みのガイダンス流れきったのですが この行為で 時効援用はダメになります...

    2弁護士回答
  • 時効の援用の発動について

    質問させていただきます。時効の援用とは、元々の契約を交わした金融会社との利益の喪失日の翌日よりより5年ないし10年以上という認識でいいのでしょうか。または途中で債権を譲渡した日の翌...

    2弁護士回答
  • 所得税延滞金は時効援用できますか?

    申告所得税とその延滞税の件です。 平成13年と14年の申告所得税を分割で払っています。 今年の12月に分割払いが完了するのですが、延滞税の方が所得税より金額が高いです。 先月税務署から通...

    2弁護士回答
  • 異議申し立ての文面についてお願いします。

    御相談おねがいします。支払い督促に対する異議申し立ての文面ですが、 (債権者が主張する債権は、最終弁済日である◯年◯月◯日から5年以上が経過しているため、商事時効が成立していることか...

    1弁護士回答
  • 債務管理回収会社の時効の援用の返事について

    債務管理回収会社に時効の援用を行った時、失敗した場合はどれくらいで連絡がきますか。また、うまくいった場合は連絡はきますか。 よろしくお願いいたします。

    4弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理を扱う弁護士を探す