公証制度

公証制度とは、文書などの存在や内容を公的に証明してもらえる制度のことです。トラブルが起きたときには、約束の内容や日付が重要な争点となることが多いです。公証制度を利用して文書を残しておけば、強力な証拠となるため、トラブル解決に役立ちます。ここでは公正証書、認証、確定日付の付与などの公証制度についての手続き方法などをご紹介します。

公証制度に関する法律相談

  • 入院給付金の取扱いについて

    【相談の背景】 父と委任契約及び任意後見契約公正証書を作成しています。 委任契約の中には、保険契約の締結、変更、解除、保険料の支払、保険金の受領等保険契約に関する一切の事項。が...

    1弁護士回答
  • 公正証書 効力 不倫

    【相談の背景】 旦那さんがいる女性とお付き合いしていました。 不貞行為はないです。 メッセージが見られてしまいばれてしまいました。 相手は手書きの公正証書を書いてきて もし今後...

    3弁護士回答
  • 公正証書の住所について

    【相談の背景】 現在、離婚公正証書を行政書士に依頼しております。 旧住所で作成しておりますが、 都合で、引っ越すことになりました。 まだ、公正役場にて作成はしておらず、 住所変...

    1弁護士回答
  • 現状が変化した為、公正証書の変更

    【相談の背景】 離婚後、公正証書のもと、養育費5万、住宅ローン3万を支払っていましたが、私は再婚し子供を授かりましたが、その子供が発達障害で支援を受けています。 現在の市の支援だ...

    1弁護士回答
  • 公正証書の内容について。

    【相談の背景】 離婚した時に公正証書を作り、そこに「進学費、医療費等は別途協議し負担額を決める」と記載しました。 来年、子供が小学生になります。 子供のランドセル代を元旦那に...

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

公証制度の解決策を探す