現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

財産開示

強制執行をする場合、債権者は債務者の財産を特定しなければなりません。債権者の申し立てに基づき、裁判所が債務者に財産を開示させる制度を「財産開示」と言います。執行力のある債務名義を持っている場合、または先取特権を持っている場合に、財産開示の申し立てをすることができます。ここでは、財産開示手続きの費用や流れなどをご紹介します。

財産開示に関する法律相談

  • 財産開示 勤務先を答える必要性

    【相談の背景】 財産開示請求を受けるかもしれません。 精神的苦痛に対する慰謝料請求なので、勤務先は開示の対象ではないと思います。 【質問1】 この場合、勤務先について聞かれるこ...

    1弁護士回答
  • 財産開示手続きについて

    【相談の背景】 財産開示の呼び出しがありましたが、体調不良で出頭できませんでした。また新たに呼び出しがあったのですが、また出頭できない場合は診断書を提出してくださいとのことです...

    1弁護士回答
  • 財産開示で嘘を突き止める

    【相談の背景】 財産開示を行ったのですが、預金はほぼ0で、相手の手元に現金50万があるそうです。 預金が0というのは明らかにおかしいのですが、もしかすると予め海外の口座に預金を移...

    2弁護士回答
  • 管財事件についての同居人の開示義務

    【相談の背景】 自己破産申請後、管財事件となり予納金はまだ納めておりません。一応有限会社代表しておりますが、10年以上前から会社としての取引きはしておらず、ほったらかし状態で一社...

    1弁護士回答
  • 財産開示手続にて債務者が嘘をついていると指摘しても良いのか

    【相談の背景】  財産開示手続にて、債務者が嘘をつく可能性があります。  債務者は公社一般賃貸住宅に住んでいますが、ならば収入があるはずなのに「収入がない、ルームシェアしている...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識