財産開示

強制執行をする場合、債権者は債務者の財産を特定しなければなりません。債権者の申し立てに基づき、裁判所が債務者に財産を開示させる制度を「財産開示」と言います。執行力のある債務名義を持っている場合、または先取特権を持っている場合に、財産開示の申し立てをすることができます。ここでは、財産開示手続きの費用や流れなどをご紹介します。

財産開示に関する法律相談

  • 財産開示手続きについて

    債務者に対して、財産開示手続きとは、どのようなものなのですか?

    1弁護士回答
  • 銀行 株式 保険の開示請求

    母が亡くなり財産分与をしたいのですが妹が通帳などを 開示しないので開示請求したいのですが

    1弁護士回答
  • 何度要求しても相続財産の開示をしてくれない時の内容証明の出し方

    1月に実父が亡くなりました。 父の実子は私を含め3人ですが、父は再婚していて義母と義兄弟2人がいます。 亡くなった当時、義兄弟に「遺産は全て母に渡してそれで生活してもらおう」と言われ...

    4弁護士回答
  • 財産開示 と遺留分の権利

    財産開示に応じない実母に対し 内容証明を送りたい 遺留分 それに強い弁護士を知りたい

    3弁護士回答
  • 財産開示請求と遺留分について

    1月に父親が亡くなりました 実母が執行人です 父親の財産は全て母親に譲ると 公正証書を交わしています 財産開示又遺留分の請求を拒み私と連絡をとれないようにされています 私はどのような...

    5弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識