強制執行

債務名義に基づいて、強制的に権利を実現する手続きを強制執行といいます。強制執行を実施するためには、債務名義に執行文を付与してもらう必要があります(ただし、例外として「仮執行宣言付支払督促」と「少額訴訟の判決」の場合は執行文を付与してもらう必要がありません)。ここでは、強制執行の手続き方法や流れについてなどをご紹介します。

強制執行に関する法律相談

  • 祖父が自分で生活できるよう祖父の自宅を売却したいが、伯母が反対をしてくる

    目的:祖父は貯金も年金も少なくこのまま行くと生活ができない状態なので、今住んでいる練馬区の自宅を売却して生活費に充ててもらいたい 問題:この自宅売却を伯母(祖父の長女)が止めて...

    2弁護士回答
  • 自宅に置いてある財産の差し押さえについて

    強制執行によって自宅に置いてある現金が差し押さえられることはありますか? その際、自分のものではないと行った場合はどうなりますでしょうか? 例えば ・現金がそのままむき出しで置い...

    2弁護士回答
  • 債務者の悪質性を訴えたいです

    養育費強制執行中で差し押さえ範囲の減額を求められています。 債務者が提出した生活状況一覧に天引きされてある金額が支出の方でまた書いてある不備や解約している保険料などを書いていて...

    1弁護士回答
  • 期日までに支払われなかった場合、強制執行は出来ますか?

    現在調停中です。 婚姻費用、出産費用が期日までに支払われなかった場合強制執行を申し立てることは出来ますか? 強制執行はいきなりできるのですか? 履行勧告→履行命令→強制執行 このよう...

    1弁護士回答
  • 養育費差押え住宅ローン口座

    養育費が支払われない為、元旦那の住宅ローン支払い口座に強制執行しましたが、反対債権がある為弁済の意思なしと銀行から返答がありました。 相手方の住宅ローンは期限の利益喪失になります...

    5弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識