現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

再審

再審とは、確定した判決に対して、その判決を取り消し再度審理判断を求めることです。再審が認められるのは裁判所・裁判官の構成に法律違反があった場合、証拠となった証言・証拠書類が虚偽・偽造・変造されたものであった場合など、非常に稀です。ここでは、再審ができる場合や手続き方法についてご紹介します。

再審に関する法律相談

  • 民事訴訟法第338条の再審

    【相談の背景】 行政事件訴訟について高裁で棄却されました。 【質問1】 民事訴訟法第338条の再審は、いくつか条項が有りますが、認められるのは上告よりも難しいのでしょうか? ...

    1弁護士回答
  • 民事訴訟法について教えてください

    再審についてですが 民事訴訟法338条3項に 控訴審において事件につき本案判決をしたときは、第一審の判決に対し再審の訴えを提起することができない。とありますが 1,民事事件では高等...

    1弁護士回答
  • 最高裁判所の判決に対する不服について

    民事訴訟における質問です。 最高裁判所で判決が出たとして、その判決に不服がある場合、どうしたら良いですか?何か、手続は有りますか?  再審請求は、可能であると思われますが、それ...

    1弁護士回答
  • 再審請求の提出先について

    再審について (管轄裁判所) 第三百四十条 再審の訴えは、不服の申立てに係る判決をした裁判所の管轄に専属する。 2 審級を異にする裁判所が同一の事件についてした判決に対する再審...

    2弁護士回答
  • 再審請求を棄却され不服申し立ての期限はあるのでしょうか?

    再審請求をして棄却された場合の即時抗告は何日以内という期限はあるのでしょうか?

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識