弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

任意売却

任意売却とは不動産を競売にかけられてしまう前に、任意で不動産を売却する方法です。一般的に競売の手続きでの売却価格は市場価格より大幅に下回って落札されると言われています。競売を阻止し、任意売却をすることで少しでも高く売り、売ったお金を借金返済に当てることができます。任意売却の方法を知り、お悩みを解決しましょう。

任意売却に関する法律相談

  • 自己破産前の自動車売却について

    借金住宅ローン任意売却

    個人再生では月々の支払いが出来ない為、自己破産する事になりました。 そこで質問なのですが、 ①目ぼしい資産は自動車1台・バイク1台ぐらいですが、任意売却した方がよろしいのでしょうか...

    1弁護士回答
  • 任意売却後について教えてください

    借金住宅ローン任意売却

    主人が自己破産をすることになりました。 主人名義の家があり それは義両親と障害者の妹が 購入時より住んでおり 自己破産後、任意売却で買い戻せ ないかと考えています。 この場合任意売...

    3弁護士回答
  • 建物付き土地の売却価格の按分について

    借金住宅ローン任意売却

    建物付き土地の売却を行います。 仮に総売却価格2000万円とした場合 建物価格を0円、土地価格を2000万円とすることは問題ないでしょうか? 建物代金については消費税がかかってきますので ...

    2弁護士回答
  • 土地と建物を売却する際そこで死亡した人がいることを伝える義務あるか?

    借金住宅ローン任意売却

    土地と建物を売却する際、その建物で亡くなった人がいる場合伝える義務はありますか?仮に伝える義務があるとしたら、その場合、建物を壊して土地だけを売る際にも伝える義務が発生するので...

    2弁護士回答
  • 公共事業における用地買収で、未登記物件の正当な権利者について

    借金住宅ローン任意売却

    現在、国の公共事業で私の土地が全筆買収予定です。 その私の土地の上に、かなり前から私の父が家屋を建てています。この家屋の固定資産税の調査は済んでおり課税もされて固定資産税の納税義...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金問題を扱う弁護士を探す

任意売却に関する解決事例

我妻 耕平

我妻 耕平弁護士

破産手続に際して,所有不動産からの転居費用と破産申立費用を捻出すること及び共有者の連帯債務の金額を減らす目的で行った任意売却に成功した事例

(相談概要) 事業に失敗し,自己破産しか無いと考えているが,所有建物(負債額が建物の価値を僅かに上回っている)からの転居費用や破産の申立て費用が直ぐに捻出できない。 また,共有者である元妻が,もうその場所に住んでいないのに住宅ローンの支払請求を受けることは極力避けたい。 何とかならないか。 破産申立に先だって...

柳井 健夫

柳井 健夫弁護士

会社の経営が厳しくなったテナント不動産を4か所に所有している資産管理会社。連帯保証人である代表者が破産を選択したくないので、不動産の任意売却で負債圧縮した事例。

テナント不動産を4か所に所有している資産管理会社から、経営が行き詰ったので、今後どのように対応していけばよいかという相談がありました。債権者は主に銀行でした。会社の代表者は当然連帯保証をしています。資産と負債の数字からすれば破産という選択肢しかなかったのですが、会社の代表者は地元では有名な方であり、破産だけは...

高橋 賢司

高橋 賢司弁護士

【任意売却】遠方の相続物件を任意売却した事例

ほとんどあったことがない,新潟に住んでいる叔父の相続人になった方からのご依頼です。この方は,現地にも行ったことがないようでしたが,新潟に複数の相続物件があるとのことで,売却したいとのご意向でした。ご依頼者は,物件の詳細も分からないとのことでしたので,当職が新潟まで出向き,物件調査を行いました。 そうしたところ...

関連カテゴリから解決方法を探す

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...