特定調停

債務整理における特定調停とは、借金生活から抜け出すための手続きの一つで、借金の返済について裁判所の調停委員に貸金業者との仲裁をお願いする方法です。裁判所に申し立てると電話や郵便物などの取り立てからも開放されます。ただし、個人再生や自己破産のような強制的な救済制度ではないので相手の貸金業者が応じてくれなければ成立しません。特定調停について知って借金のお悩みに対処しましょう。

特定調停に関する法律相談

  • 特定調停後の任意整理、時効援用

    特定調停後の任意整理について、いろいろなご意見があり、ご相談いたします。 特定調停における時効援用の場合、滞ってから 10年と言うのは、何となく理解したのですが 特定調停における和解...

    2弁護士回答
  • 調停の不成立について

    調停の申立後、相手方から調停には応じない旨の上申書が提出された場合、調停委員は取り下げを勧めてきますか。 相手方が交渉に応じなければ、調停に代わる決定が下りても、異議申立されて、...

    2弁護士回答
  • 調停調書の送達について

    特定調停が成立した際に調停調書もしくは17条に代わる決定を送達していただくのに書面での申請が必須でしょうか。それとも、口頭で受け付けてもらえますか。 また、相手方に調書が送達したか...

    2弁護士回答
  • 自己破産も任意整理もできないと言われ困っています。

    お願いします。現在、借金が100万円ぐらいあります。仕事はしているのですが給料が月に10万円いかないぐらいしかなく、仕事を増やそうと探しているのですがなかなか見つからず、任意整理した...

    3弁護士回答
  • 任意整理ではなく特定調停をすすめられましたが不安です。

    借金合計500万ほどあり月の手取りが17万円ありますが返済に遅れが出始め仕事に不安があったため、消費生活センターに債務整理の相談をしましたところ、弁護士を紹介して頂きました。2年前に...

    5弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理を扱う弁護士を探す