現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
関根 翔弁護士

( せきね しょう ) 関根 翔

池袋副都心法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談料無料】【JR池袋駅西口4分】【電話相談可】【年間100件以上の相談実績】親権や養育費、モラハラ、DV、不倫/浮気トラブル、慰謝料請求などのご相談に注力。
アフターケアも丁寧に行います。
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所

迅速・丁寧に事件を処理し、相談者の希望を叶えるため最善を尽くします。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

◎当事務所の強み
・年間100件以上の離婚男女問題の相談をお受けしノウハウを蓄積しております。
・分かりやすい言葉で、明確に判断をお示しし、問題解決をサポートいたします。
・お子さんの状況を十分配慮したうえでのアドバイスをご提供します。

解決事例のご紹介

https://www.bengo4.com/tokyo/a_13116/l_275097/#pro3_case

ご相談例

・別居している夫が生活費を全く入れてくれない。
・夫が浮気をしていることが発覚したので、慰謝料を請求したい。
・離婚した場合、住宅ローンの支払いはどうなるのか。
・離婚した場合、慰謝料がいくら取れるのか知りたい。
・子の引渡し請求に関する書類が、いきなり裁判所から届いた。
・離婚や慰謝料請求に向けて有利な交渉をするためにどのような証拠を準備しておけば良いか。
・離婚をする際にどのような取り決めをすれば良いのか。

取り扱い案件

◎親権や養育費
◎モラハラ、DV
◎不倫/浮気トラブル
◎慰謝料
◎財産分与
◎離婚交渉(調停も含む)

電話相談可能

簡単なご質問はお電話でのご相談も承っております。
無料ですので、安心してお問い合わせください。

慰謝料の請求もお任せください

相手の浮気、暴力や虐待など一方に非がある場合、その精神的苦痛の損害賠償として慰謝料のを請求が可能です。
粘り強い交渉力を持った弁護士ですので、そのようなケースも安心してお任せください。

些細なご相談からお任せください

こんなことを弁護士に相談するのはどうか?誰に相談したらいいか分からない・・そう思った時はお気軽にお問い合わせください。
今後の道筋を明確にし、心のご負担を軽くするよう最大限尽力いたします。

アフターケアも丁寧に行います

ご依頼の件が済みましても、関連する問題につきましてはアフターケアを怠りません。気軽にご相談ください。

明朗会計

日本弁護士連合会の旧報酬規定を基にしております。
ご依頼時に費用等を説明し、総額費用を明確にご提示いたしますので、ご安心ください。

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

2018年8月から 自営業をしてますが 下火になり以前から主人に罵詈雑言を浴びさせらていました。 2019年1月初め~ 主人が子供6歳を連れて 自分の実家に 逃げてます。 主人が家を娘と出た理由は 1,私がパートにいく準備を内緒で進めていた事 2.その報告を怠った事 3.持病があり お前はまともな働きが出来...

まず、お子さんの状況が大変気になるところかと思います。お子さんの福祉のためにも、以下の手続きを取ることを検討されるのがよろしいと思います。 ① 子の監護者指定・子の引渡し審判申立 ② 上記①に合わせて、審判前の保全処分(仮処分) 大変心配のことと存じ上げます。専門知識が必要となりますので、早急に弁護士に相談されるのがよろしいと思います。

関根 翔弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 電話:無料
初回相談料:無料
二回目以降:5000円/30分
離婚事件の着手金 離婚調停事件又は離婚交渉事件:
20万円以上50万円以下
離婚訴訟事件:
30万円以上60万円以下
※財産分与、慰謝料等の財産給付、財産分与、不貞行為の相手方への損害賠償請求等伴うときは、財産給付の経済的利益の額を基準として下記「一般民事事件の報酬規定を適用します。
交渉・調停から訴訟へ移行時には離婚訴訟事件の着手金の2分の1を追加着手金としていただきます。
離婚事件の成功報酬 離婚調停事件又は離婚交渉事件:
20万円以上50万円以下
離婚訴訟事件:
30万円以上60万円以下
※財産分与、慰謝料等の財産給付、不貞行為の相手方への損害賠償請求等を伴うときは、財産給付の経済的利益の額を基準として下記「一般民事事件の報酬規定」を適用します。
経済的利益による成功報酬 300万円以下(税別):
8%(但し、最低額10万円)。報奨金16%。
300万円を超え3,000万円以下(税別):
5%+9万円。報奨金5%+9万円。
3,000万円を超え3億円以下(税別):
3%+69万円。報奨金6%+138万円。
3億円を超える場合(税別):
2%+369万円。報奨金4%+738万円。
※事件の内容により、30%の範囲で増減額いたします。
備考 ※上記は税別になります。
※交通費・日当を別途いただくことがあります。
※お支払いは個別にご相談させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

探偵による決定的な証拠がなくとも、その他のあらゆる資料や別居に至った経緯から、配偶者の不貞を立証することは可能です。まずは現存する証拠を持って弁護士に相談することをお勧めします。

  • 不倫・浮気

相談前

夫の不貞を立証するには、探偵を雇い、証拠写真を確保しなければならないと考えている方が多いですが、証拠写真がなくとも、不貞の立証は十分に可能です。
例えば、メールやラインのやり取りが残っている場合はもちろん、朝帰りの日にどこに宿泊していたかの釈明を求めたり、調停におけるやり取りでも先方に裁判において不貞が立証されてしまうリスクを感じさせ、自白を勝ち取ることもできます。
証拠がないからと言って、諦めるのは焦燥です。

相談後

調停において、周辺の証拠や男性の行動の不自然さを追求することにより、調停において、実質的に不貞を認めさせたに等しい条件で金員の給付を受けることができた事例は多々あります。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

不貞の証拠がないからといって泣き寝入りする必要はありません。まずは弁護士にご相談ください。

弁護士関根翔

離婚・男女問題の解決事例 2

配偶者が子供を連れて自宅を出て行った事案で、後に親権を争いたい場合、子供と同居している配偶者が有利となります。そこで、直ちに裁判手続を取り、連れ去られた子供の引渡しを迅速に実現しました。

  • 親権

相談前

妻が突然子供を連れて家を出ていき、音信不通となった。子供の身が心配で妻と連絡をとり、なんとか子供を連れ戻したい。

相談後

妻の住民票をたどり、妻の住居を特定。子の引渡し及び監護権指定の審判、審判前の保全処分を申立てる。夫と子供の絆の深さ、妻の現在の生活環境の不安定さを強調し、和解により監護権を勝ち取る。その後、親権も取得。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

子供を連れ去られた場合、迅速に子の引渡し及び監護権指定の審判、審判前の保全処分を申立てる必要があります。監護権者は、子の福祉を尊重し決められるため、子供との絆が深く、監護状態が整っていれば、男性にも十分監護権が認められるケースがあります。早急に弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士関根翔

離婚・男女問題の解決事例 3

結婚していないが長年同居し内縁関係にあった男女が内縁関係を解消した事案において、共同生活において資産形成にどれだけ寄与したかを立証することにより財産分与を主張し、十分な金額を獲得

  • 財産分与

相談前

男性と長年同棲していましたが、婚姻届けは出していない内縁の事案。同棲解消に伴い、男性の貯蓄の増額分の2分の1を支払ってもらえるか。

相談後

結婚していなくとも、男性と同棲中、男性の収入にどれだけ寄与したかを立証することにより、財産分与が認めらる余地は十分にある。財産分与を主張し、それなりに高額な金額の支払いを受けることで和解が成立。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

今日、結婚までにいたらずとも、長年同棲生活を続けたあげく破局する男女は増えています。今後、同棲解消に伴う財産分与というのは問題となるケースは増えていくかと思います。まずは、内縁といえるのか(従来の内縁法理の適用が認められるのか)、内縁とまでは言えずとも、財産分与が認められる可能性があるのか、まずは弁護士と相談することが重要です。
弁護士関根翔

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談料無料】【JR池袋駅西口4分】【電話相談可】【即日対応可!】返す見込みが立たない…自己破産を考えたい…家や車は手放したくない等のお悩み、ございませんか。
あなたの生活の立て直しをお手伝いします。
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所

迅速・丁寧に事件を処理し、相談者の希望を叶えるため最善を尽くします。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

解決事例のご紹介

https://www.bengo4.com/tokyo/a_13116/l_275097/#pro1_case

依頼するメリット

◎弁護士が受任通知を送ると、執拗な借金の取立てがストップします。
◎借金を減額する交渉力が期待できます。
◎借金の内容や収入のご状況を把握した上で、最適な解決策を提示いたします。

ご相談例

・家や車は手放したくない。
・破産はしたくないが、月々の返済の負担を減らしたい。
・巨額の借金を抱え、返す見込みが立たない。
・借金を整理する方法がよくわからない。
・会社をたたむことになったので、破産の手続きや清算をお願いしたい。
・何年も前に借り入れが終わっている会社から督促がきたが、どうしたらいいか。
・毎月の返済で生活が成り立たないので自己破産を考えたい。

取り扱い案件

・自己破産
・過払い金請求
・任意整理
・個人再生
・民事再生
・法人破産

電話相談可能

簡単なご質問はお電話での対応も承っております。
無料ですので、安心してお問い合わせください。

地域密着型の弁護士です

池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県においてリーガル(法的)サービスを提供しております。
お仕事帰りなど日々の暮らしの中で、気軽に立ち寄っていただける、敷居の低い法律事務所です。

アフターケアも丁寧に行います

ご依頼の件が済みましても、関連する問題につきましてはアフターケアを怠りません。気軽にご相談ください。

明朗会計

日本弁護士連合会の旧報酬規定を基にしております。
ご依頼時に費用等を説明し、総額費用を明確にご提示いたしますので、ご安心ください。

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
任意整理 <着手金>
 債権者1社から2社までの場合:52,500円
 債権者3社以上の場合:21,000円×債権者数

<報酬金>
 基本報酬:21,000円×債権者数
 減額報酬:請求を免れた元金額×10.5%
 過払金報酬:交渉による返還は過払金の21%
       訴訟による返還は過払金の25.2%
違法高利業者の任意整理 <着手金>
 債権者1社から2社までの場合:52,500円
 債権者3社~10社までの場合:21,000円×債権者数
 債権者11社~50社までの場合:210,000円+11社以上の債権者数×10,500円
 債権者51社以上の場合:630,000円+51社以上の債権者数×5,250円

<報酬金>
 減額報酬:請求を免れた元金額×10.5%
 過払金報酬:交渉による返還は過払金の21%
       訴訟による返還は過払金の25.2%
自己破産 <着手金>
【債務金額が1000万円以下の場合】
 10社以下の場合:210,000円以内
 11社~15社の場合:262,500円以内
 16社以上の場合:315,000円以内

【債務金額が1000万円を超える場合】
 420,000円以内

<報酬金>
 免責決定が得られた場合:着手金同額
 過払金返還を受けた場合:交渉による返還は過払金の21%
             訴訟による返還は過払金の25.2%
個人再生 <着手金>
 住宅資金特別条項を提出しない場合:315,000円以内
 住宅資金特別条項を提出する場合:420,000円以内

<報酬金>
 債権者数15社までの場合:315,000円以内
 債権者数16~30社の場合:420,000円以内
 債権者数31社以上の場合:525,000円以内
備考  ※全て税込の金額です。
 ※法テラスの利用も可能です。
 ※別途日当や実費がかかる場合がございます。
 ※上記金額はあくまで目安であり、ご相談いただいた後、お見積りをご提示させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

多額の過払い金を迅速に回収

  • 過払い金請求
  • 任意整理

相談前

長年借入を行っていたが、いまだ返済が完了していない。弁護士をいれて任意整理を相談。

相談後

業者から取引履歴を取り寄せたところ、多額の過払い金(払い過ぎ)が発生していることが判明。業者と交渉し、迅速に回収に成功。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

長年取引をしている人は、利息位制限法違反の利率により、過払いが発生している可能性があります。まずは弁護士に相談し、過払いが生じていないかの確認をしましょう。
弁護士関根翔

借金・債務整理の解決事例 2

破産により負債をゼロに

  • 自己破産

相談前

生活費に充てるために消費者金融から借入をしていたが、収入が減少し、返済が困難に。任意整理で弁護士に相談。

相談後

負債を確認したところ、現在の収入で任意整理により返済を行うことは困難と判断。派破産によるデメリットは非常に少ないこと、破産しても生活に必要な財産は手元に残せること、破産により、返済に充てるべき金員を手元に残せ、新しい生活をスタートできることを説明し、破産手続きをとることに。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

破産は法律上認められている市民の権利です。破産することのデメリットは非常に少ないですし、破産したことを誰かに知られる可能性も非常に少ないです。任意整理か破産かは弁護士と良く相談して決めるようにしてください。
弁護士関根翔

借金・債務整理の解決事例 3

個人再生により住宅を守る

  • 個人再生

相談前

返済が困難になり、破産をしたいが、住宅ローンが残っている。ただ、住宅には家族が住んでおり、なんとか住宅だけは守りたい。

相談後

個人再生により、債務を圧縮し、それを分割返済しつつ、住宅ローンを別途支払い、住宅を守る手続きを選択。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

破産した場合、住宅は回収されてしまします。そこで、個人再生という手続きが用意されています。個人再生によれば住宅ローンを別途返済しつつ、住宅を守ることができます。ただ、個人再生の場合、20%又は100万円のどちらか高額の方を長期分割返済しなければならないため、住宅ローンの負担も考えると返済が困難な場合があります。破産とするか個人再生とするかは弁護士とよく相談して決めるようにしてください。
弁護士関根翔

借金・債務整理

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【初回相談料無料】【JR池袋駅西口4分】【電話相談可】【即日対応可】◆労働者側のサポートお任せください◆
会社からの不当解雇、残業代、退職金、その他職場におけるトラブルについて親身になって相談に応じ、最適な解決方法を提案します。
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所

迅速・丁寧に事件を処理し、相談者の希望を叶えるため最善を尽くします。

労働問題の詳細分野

原因

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

解決事例のご紹介

https://www.bengo4.com/tokyo/a_13116/l_275097/#pro5_case

メッセージ

平成18年4月1日から施行された労働審判法により、より早期に解決が図れるようになりました。
池袋副都心法律事務所では会社からの不当解雇、残業代、退職金、その他職場におけるトラブルについて弁護士が親身になって相談に応じ、最適な解決方法を提案します。

ご相談例

・未払いの残業代を請求したい。
・不当解雇された。
・不本意な配置転換をされた。
・死亡原因が業務なのかどうか判断できない。
・会社が労災の手続きに協力してくれない。
・理不尽な降格を受けた。
・労災補償を受けたが会社の責任を追及したい。
・一方的に会社を解雇され、退職金も出ない。

取り扱い案件

・不当解雇

・残業代請求

電話相談可能

簡単なご質問はお電話での対応も承っております。
無料ですので、安心してお問い合わせください。

強み

◎お客様の気持ちを汲み取るため、何よりもまず丁寧な聞き取りが重要です。この点手を抜くことは決してございません。
◎労働審判の申立や出廷、労働訴訟まで、トータルでサポートさせて頂きます。

地域密着型の弁護士です

池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県においてリーガル(法的)サービスを提供しております。
お仕事帰りなど日々の暮らしの中で、気軽に立ち寄っていただける、敷居の低い法律事務所です。

アフターケアも丁寧に行います

ご依頼の件が済みましても、関連する問題につきましてはアフターケアを怠りません。気軽にご相談ください。

明朗会計

日本弁護士連合会の旧報酬規定を基にしております。
ご依頼時に費用等を説明し、総額費用を明確にご提示いたしますので、ご安心ください。

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 電話:無料
初回相談:無料
面談:5000円/30分
着手金 経済的な利益の額に対し
300万円以下:8%
300万円~3000万円以下:5%+9万円
3000万円~3億円以下:3%+69万円
3億円以上:2%+369万円
成功報酬 経済的な利益の額に対し
300万円以下:16%
300万円~3000万円以下:10%+18万円
3000万円~3億円以下:6%+138万円
3億円以上:4%+738万円
備考 ※上記は税別になります。
※交通費・日当を別途いただくことがあります。
※お支払いは個別にご相談させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(4件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

試用期間中の不当解雇につき、解雇無効を主張し、迅速に6ヶ月分の解決金を企業から取得

  • 不当解雇

相談前

相談者は3ヶ月の試用期間中に仕事ができないという理由で解雇されました。しかし、解雇の理由につき納得できないとの相談。

相談後

試用期間中とはいえ、正当な理由がない解雇は無効となります。仕事ができないことが理由となっていますが、最初に仕事ができないことは当たり前で、企業側が新人研修をしっかりと行う必要があります。同事案においては、企業側がしっかりと新人研修を行ったことがうかがわれなかったため、交渉により解雇無効による復職を求めました。結果、退職することを条件に6ヶ月分の給与を取得し、交渉により和解が成立しました。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

例え試用期間といっても解雇には正当な理由が必要となります。解雇されるべき正当な理由のハードルは非常に高いです。解雇された場合、早急に弁護士に相談されるのがよろしいと思います。
弁護士関根翔

労働問題の解決事例 2

不当解雇につき賃金約40ヶ月分の解決金を取得

  • 不当解雇

相談前

不当な退職勧奨をしつこく受け、ついには解雇されてしまった。労働者としての地位確認と、未払賃金、慰謝料を請求したい。

相談後

不当な解雇である旨使用者に伝えたが、不当にも頑なに解雇を撤回しないため、訴訟を提起。判例・裁判例、証拠を集積し、解雇無効を認めされた。使用者から退職含みの解決金の支払いの提示があり、賃金約40ヶ月分の解決金を獲得することができた。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

不当な解雇がなされた場合、労働者の生活は著しく脅かされます。労働法制は労働者の生活を守るよう法整備されてきました。弁護士に相談し、まずはどのような対応が法的に可能か相談するべきです。

労働問題の解決事例 3

退職金の未払分を訴訟なしに迅速に強制執行

相談前

前の会社を退職したが、約束された退職金の一部が支払われない。迅速に退職金を回収したい。

相談後

依頼の退職金は先取特権により訴訟なしに強制執行が可能であったため、使用者の取引先口座に対し、秘密裏に強制執行をし、全額回収することに成功した。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

退職金は訴訟なしに強制執行が可能な場合があります。ただし、それには専門的知識が必要となります。また、退職金の他にも、給与や賞与等についても訴訟なしに強制執行が可能です。賃金未払に悩まされた場合は、弁護士に相談ください。

労働問題の解決事例 4

退職勧奨後を阻み、訴訟により賃金約35ヵ月分の解決金を取得

  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇

相談前

上司からのハラスメントを受け続けた後、退職勧奨をされ、断ったところ懲戒処分を受けた。

相談後

訴訟により懲戒処分を撤回させ、賃金約35カ月分の解決金を取得

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

退職勧奨を受けた際は、弁護士に相談することにより、事前の準備を行い、交渉や訴訟を有利に進めることが期待できます。退職勧奨を受けた場合は早い段階での相談をお勧めいたします。

労働問題

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
【賠償額大幅アップを目指します】【初回相談料無料】【電話相談可】後遺障害等級認定・損害賠償請求・自賠責保険金の請求など、幅広く対応。アフターケアも丁寧に行いますので、安心してご相談ください。
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所

迅速・丁寧に事件を処理し、相談者の希望を叶えるため最善を尽くします。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

解決事例のご紹介

https://www.bengo4.com/tokyo/a_13116/l_275097/#pro2_case

メッセージ

交通事故に遭った際、弁護士にご相談頂ければ、交通事故の問題についてアドバイスをさせていただいた上、保険会社と交渉することができます。
交通事故に詳しい弁護士が事故につき精査した上で保険会社と交渉するので、最初に保険会社が提示した金額より多くの賠償金等を得る可能性が高くなります。
ぜひ、ご相談ください。

ご相談例

・保険会社の対応に納得できない
・示談金額が妥当か分からない
・過失割合が妥当か分からない
・後遺障害認定が低い
・後遺障害等級認定で非該当だった
・休業損害をしっかり払ってもらいたい

取り扱い案件

・示談交渉
・後遺障害等級認定
・損害賠償請求
・自賠責保険金の請求
・交通事故裁判

電話相談可能

簡単なご質問はお電話での対応も承っております。
無料ですので、安心してお問い合わせください。

保険会社との示談交渉はおまかせください

交渉力に自信がございます。
依頼者様が適切な賠償金・慰謝料を得られるよう尽力いたします。

地域密着型の弁護士です

池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県においてリーガル(法的)サービスを提供しております。
お仕事帰りなど日々の暮らしの中で、気軽に立ち寄っていただける、敷居の低い法律事務所です。

アフターケアも丁寧に行います

ご依頼の件が済みましても、関連する問題につきましてはアフターケアを怠りません。気軽にご相談ください。

明朗会計

日本弁護士連合会の旧報酬規定を基にしております。
ご依頼時に費用等を説明し、総額費用を明確にご提示いたしますので、ご安心ください。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 電話:無料
面談:5000円/30分
着手金 経済的な利益の額に対し
300万円以下:8%
300万円~3000万円以下:5%+9万円
3000万円~3億円以下:3%+69万円
3億円以上:2%+369万円
成功報酬 経済的な利益の額に対し
300万円以下:16%
300万円~3000万円以下:10%+18万円
3000万円~3億円以下:6%+138万円
3億円以上:4%+738万円
備考 ※上記は税別になります。
※交通費・日当を別途いただくことがあります。
※お支払いは個別にご相談させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

後遺障害認定を勝ち取り賠償額を大きく増額させるため、事前に被害者に後遺障害診断書をチェックしてもらい、疑義がある場合、医療照会を行ないつつ、後遺障害診断書に不備がないよう書いてもらうため医師に打診

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

医師に後遺障害診断書を書いてもらったものの、自身が苦しんでいる後遺障害の記載が不十分で後遺障害等級認定がなされないことが多々あります。そのような際は、弁護士が後遺障害等級認定が取得できる後遺障害診断書の記載をレクチャーしたり、場合によっては、弁護士自ら医師に面談し、後遺障害診断書の再取得を試みます。

相談後

後遺障害等級が1級上がるだけでも、支払額が数百万円以上変わることがあります。少しでも早い段階で弁護士に相談することで、医師も後遺障害診断書の記載が慎重になることが期待できます。少しでも早い段階で弁護士に相談することにより、適正な賠償金を受け取る準備をすべきです。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

交通事故の被害者の苦しみは、余人には図りしれないものがあります。ただ、それを保険会社や医師が理解してくれず、適正な保険金を受け取れに被害者が多々います。適正な賠償を受けるためにも、弁護士に相談し、事前の準備をすることが重要です。

弁護士関根翔

交通事故の解決事例 2

通常では過失割合100%とならない案件において、加害者の重過失を立証し過失割合を100%をするため、刑事記録を取得し、実況見分調書や加害者の供述証書を精査することにより、加害者の重過失を立証

  • 過失割合

相談前

交通事故案件では過失割合が争われ、この点につき折り合いがつかず、訴訟に移行するケースはよくあります。追突事故など被害車両が止まっているケースでなければ原則過失割合は100%にはなりません。

相談後

刑事記録の取得により、加害者に重過失があることを立証し、過失割合を100%に修正するすることが可能です。当職の手がけた案件では加害者が罰金の略式命令を受けていたので、実況見分調書のみならず、加害者の供述調書も取得でき、そこで加害者自身が自らの重過失を自供していました。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

刑事事件中は真実を話していたとしても、民事事件において突如シラを切り出す加害者もいるため、刑事記録の取得は非常に有用です。刑事記録の取得は法律で手続きが定められています。また、弁護士であれば刑事事件にも詳しく、刑事記録のどこに必要となる証拠が記載されているかも心得ています。過失割合に納得がいかないのであればまずは弁護士に相談することをおすすめいたします。

弁護士関根翔

交通事故の解決事例 3

中古車の物損について保険会社から経済的全損を主張され、修理費用や再取得費用にはるかに及ばないわずかな金額を提示された事案において、同種車両の市場価格を調査し保険金額を大幅に増大させた

  • 慰謝料・損害賠償
  • 物損事故

相談前

中古車の賠償につき、修理費用が100万円以上かかっているにも関わらず、保険会社はレッドブックを持ち出し、その1割である数十万円の経済的価値しかないのだからそれ以上支払うことはできないとの主張をすることが多いです(経済的全損といいます)。しかし、修理費用が100万円かかるにも関わらず、数十万円しか賠償されないというのでは困ります。経済的価値が数十万円といわれても、登録費用等を含め同等の車両を数十万円で購入できるわけでもありません。

相談後

そこで、賠償額を増額させるため、購入時の契約書や、同一車種・同程度の走行距離の車両の市場価値を調査をし、また、車両の修理にかかった費用の資料を集め、事故当時の被害者車両の経済的価値が修理費用を下回らない(経済的全損でない〉旨主張しました。結果、何倍もの修理費用を獲得しました。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

保険会社は、中古車の場合、経済的全損を主張し、修理費用や同種車両の再取得費用に到底満たない額を提示をしてくることが多いです。これでは被害者が被った損害を十分回復することはできません。困ったことがありましたらまずは弁護士にご相談ください。

交通事故

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【初回相談料無料】【JR池袋駅西口4分】【電話相談可】
お客様に円満な相続が実現できるよう、全力で取り組んでおります。簡単なご質問はお電話での対応も承っております。
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所

迅速・丁寧に事件を処理し、相談者の希望を叶えるため最善を尽くします。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

解決事例のご紹介

https://www.bengo4.com/tokyo/a_13116/l_275097/#pro4_case

特徴

◎お客様に円満な相続が実現できるよう全力で取り組んでおります。
◎「遺言書の種類」「遺言書の効力」など、遺産の相続に関するあらゆる問題に対応しております。
◎他士業と連携したワンストップサービスをご提供します。

メッセージ

相続人同士で処理しようとしますと、相続人間の感情の対立によりその後の関係が壊れることが危惧されますが、代理人をとおして冷静に解決を図ることにより感情の対立が避けられることが期待できます。
ぜひ、弁護士にご相談ください。

相続財産の確定等相続手続上の問題点を明確にし、事前に相続人の不満を解消し円満な相続手続を実現できるようサポートします。

ご相談例

・相続人の一人が、「遺産は全て自分のものだ」と主張しだした。
・兄が、亡くなった親の預金通帳を見せてくれず、信用できない。
・特定の親族に多く遺産を残したい。
・亡母から生前中に贈与を受けた人がいる。
・住んでいる家の名義が亡くなった母親の名義になったままである。
・自分の意見が通らない。
・財産の管理を信用できる人に任せたい。
・身寄りがないので死後の手続きが心配だ…

取り扱い案件

・遺言
・相続放棄
・相続人調査
・遺産分割
・遺留分減殺請求
・相続登記・名義変更
・成年後見
・財産目録・調査

電話相談可能

簡単なご質問はお電話での対応も承っております。
無料ですので、安心してお問い合わせください。

地域密着型の弁護士です

池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県においてリーガル(法的)サービスを提供しております。
お仕事帰りなど日々の暮らしの中で、気軽に立ち寄っていただける、敷居の低い法律事務所です。

アフターケアも丁寧に行います

ご依頼の件が済みましても、関連する問題につきましてはアフターケアを怠りません。気軽にご相談ください。

明朗会計

日本弁護士連合会の旧報酬規定を基にしております。
ご依頼時に費用等を説明し、総額費用を明確にご提示いたしますので、ご安心ください。

この分野の法律相談

義兄が10年ほど前に祖母Aから相続した貸家の賃借人が、以下の主張をしております。 「Aから20年借りてくれたら、この貸家と土地をあなたに贈与すると言われており、念書もある。既に20年は借りたので、家と土地は自分のものだから、家賃を払わない。」 その念書を義兄が見たところ、祖母の字がどうかわからないし...

念書が真に祖母が作成したものか否か判断するために、念書の写を賃借人からもらい、祖母の生前の筆跡(年賀状や手紙等)と照合する等、筆跡鑑定を行うことが考れられます。 また、「20年借りてくれたら土地と建物を贈与する」との約束が不合理と言えないか、対象となる土地・建物の当時の市場における流通性及び賃料の相当性を調査する必要があるかと思います(20年間の賃料の回収...

関根 翔弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 電話:無料
面談:5000円/30分
着手金 経済的な利益の額に対し
300万円以下:8%
300万円~3000万円以下:5%+9万円
3000万円~3億円以下:3%+69万円
3億円以上:2%+369万円
成功報酬 経済的な利益の額に対し
300万円以下:16%
300万円~3000万円以下:10%+18万円
3000万円~3億円以下:6%+138万円
3億円以上:4%+738万円
備考 ※上記は税別になります。
※交通費・日当を別途いただくことがあります。
※お支払いは個別にご相談させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

親族間で遺産分割協議を行う場合、感情の対立から話が進まず、むしろ親族の関係が悪化するケースがあります。かかる場合、感情対立が激しくなる前に専門家同席のもと話し合いをするのが有効です。

  • 遺産分割

相談前

被相続人が亡くなった後に、遺言書がなく、財産をどうわけるか、親族間で争いになった場合、家族間の間のトラブルなので、裁判所や弁護士等第三者が介入することをためらう方がいます。しかし、親族間の争いは、誰が被相続人から生前に生活を支援してもらったとか、誰が被相続人の介護をしていたとかの話から、被相続人が誰を嫌っていたなど、感情的な話になり、何年も話し合いがまとまらず、いつまでも財産を動かせないという状況に陥りがちです。

相談後

そのような状況に陥る前に、第三者の客観的な目や法律知識で話をまとめてもらえるよう、弁護士が代理し、裁判所での話し合いをすることが勧められます。裁判所において話し合いがまとまらなければ、裁判官が最終的な判断を行いますので、事件の解決の終わりも見えてきます。まずは、弁護士に相談し、客観的な視点から自らの見方になってくれる者を探すことが良いでしょう。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

親族間の争いは、非常に感情的になり、精神的にも非常に負担になるものです。弁護士の介入により、まずは精神的な負担を減らし、金銭面の解決を適正に行うことが良いでしょう。

弁護士関根翔

遺産相続の解決事例 2

遺言書が発見され、特定の相続人のみが全ての財産を相続する旨の記載があった事案。遺言書が真意に基づき作成されたものでない疑いがある場合、遺言書の無効を争うとともに、迅速に遺留分を請求する必要があります。

  • 遺言

相談前

被相続人が亡くなった後、遺言書が発見され、特定の相続人に全ての財産を相続させるとの遺言がされているケースがあります。特定の相続人が被相続人と同居しているケースでは割と頻繁に見られるケースです。ただ、その他の相続人からすれば、その特定の相続人が被相続人に無理に書かせたのではないかと疑いたくなるケースも存在します。また、同じ相続人でも一切の相続がなされないというのは余りにも不平等です。

相談後

まず、遺言書が無理に作成されたとの疑いについては、被相続人が施設に入所していれば施設の記録を取り寄せる等の方法がありますが、やはり遺言無効が裁判上認められるケースは少ないです。もっとも、その他の相続人の相続権は遺留分という形で、本来の相続分の1/2が保障されています。ただ、遺留分は被相続人の死亡後又は遺言書が発見されてから1年で時効となります。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

遺言書に納得がいかなければ、迅速に遺留分の請求をする必要があります。また、遺留分の請求は口頭ではなく内容証明など、後から請求したことが証拠として提出できる形で行う必要があります。まずは弁護士にご相談ください。

弁護士関根翔

遺産相続の解決事例 3

先祖代々の土地(何代も前から移転登記未了)を売却したいとの依頼を受けたため、大量の戸籍を遡り相続人を特定し、各相続人と交渉し相続分の譲渡を受け、相談者の相続分を大幅に増大させました。

  • 遺産分割

相談前

先祖代々の土地を売却する場合、移転登記が何代も前から未了のため売却できないケースがあります。その場合、大量の戸籍を遡り、生存する相続人を特定し、遺産分割協議をする必要があります。また、相続人が大量にいる場合、自身の相続分が細分化されており、多額の代償金を支払う必要が出てきます。

相談後

かかる負担を回避するため、相続人の特定後、各相続人と交渉し、相続分の譲渡を受けることが望ましいです。それにより、自身の相続分が増大し、遺産分割協議の際の代償金を少なくすることができます(相続放棄してもらうだけではその他の相続人の相続分が平等に増大するだけですので、混同されないようお気をつけください。)。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

何代も前に遡って大量の戸籍を取得するのは、一般の方には大変困難な作業となります。また、相続分譲渡の交渉は親族間の感情がからむ大変デリケートな問題となるので、第三者による交渉が望ましいかもしれません。まずは1度専門家にご相談されることをお勧めします。

弁護士 関根 翔

遺産相続

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【初回相談料無料】【電話相談可】【JR池袋駅西口4分】【即日対応可】立退き問題、土地・建築瑕疵の対応、賃料・管理費回収、不動産管理、マンションを巡る問題などお任せください。
実務経験を生かした顧客志向のサービスをご提供します。
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所

迅速・丁寧に事件を処理し、相談者の希望を叶えるため最善を尽くします。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 土地の境界線

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

解決事例のご紹介

https://www.bengo4.com/tokyo/a_13116/l_275097/#pro12_case

ご相談例

・建物の明渡しを求めたい。又は立ち退きを求められ困っている。
・賃貸物件の入居者が家賃を滞納している
・賃借人の用法違反で困っている(賃貸借契約上のトラブル)
・建物が老朽化しているため賃貸借契約を解約したい(家主側)
・家主の都合で退去を請求されているので交渉をお願いしたい(借主側)
・遺産に不動産があるが遺産分割協議がまとまらない
・相続により不動産を共有しているが共有関係を解消したい
・相続手続が未了のまま空家となっている実家の不動産を処分したい
・賃料の増額(減額)請求に対する対応を教えてほしい

取り扱い案件

■立ち退き問題
■土地・建築瑕疵の対応
■住宅瑕疵の対応
■賃料・管理費回収
■不動産管理
■借地・借家問題
■マンションを巡る問題

メッセージ

一般的に不動産取引は複雑であり、不動産にまつわる問題につき注意すべき点は多々あります。
担保権の設定や抹消、不法占拠の問題、家賃の滞納や値上げ、退去の際の原状回復の問題等さまざまです。
安易な判断は危険です。
ぜひ、専門家である弁護士にご相談ください。

電話相談可能

簡単なご質問はお電話でのご相談も承っております。
無料ですので、安心してお問い合わせください。

強み

◎お客様の気持ちを汲み取るため、何よりもまず丁寧な聞き取りが重要です。この点手を抜くことは決してございません。
◎登記にまつわるお悩みも豊富なノウハウを用いて的確に対処可能です。

地域密着型の弁護士です

池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県においてリーガル(法的)サービスを提供しております。
お仕事帰りなど日々の暮らしの中で、気軽に立ち寄っていただける、敷居の低い法律事務所です。

アフターケアも丁寧に行います

ご依頼の件が済みましても、関連する問題につきましてはアフターケアを怠りません。気軽にご相談ください。

明朗会計

日本弁護士連合会の旧報酬規定を基にしております。
ご依頼時に費用等を説明し、総額費用を明確にご提示いたしますので、ご安心ください。

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 電話:無料
面談:5000円/30分
着手金 経済的な利益の額に対し
300万円以下:8%
300万円~3000万円以下:5%+9万円
3000万円~3億円以下:3%+69万円
3億円以上:2%+369万円
成功報酬 経済的な利益の額に対し
300万円以下:16%
300万円~3000万円以下:10%+18万円
3000万円~3億円以下:6%+138万円
3億円以上:4%+738万円
備考 ※上記は税別になります。
※交通費・日当を別途いただくことがあります。
※お支払いは個別にご相談させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(3件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

大家から貸部屋の立退きを要求されたが、十分な立退料の支払いがないとの相談。交渉により賃料約40ヶ月の立退料を取得

  • 建物明け渡し・立ち退き

相談前

大家から貸部屋の立退きを要求されたが、十分な立退料の提示がないとの相談を受けた。

相談後

居住者には居住権が存在するため、立退きのためには立退料を請求できる権利があります。ただ、大家は極力立退料を払いたくないため、適正な立退料を払おうとはしません。そこで、過去の裁判例で認められた立退料の相場を示し、交渉した結果、賃料の約40ヶ月分の立退料を取得しました。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

立退料がいくら取得できるか、事案によっても大きく異なります。本件においていくらぐらいが相場となるのか、まずは弁護士に相談されることをお勧めします。
弁護士関根翔

不動産・建築の解決事例 2

営業補償込で100ヶ月分以上の立退き料の支払いを獲得

  • 建物明け渡し・立ち退き

相談前

長年賃借物件においてお店を経営していたが、不動産業者が突然新たな家主に変わり、立退きを要求してきた。立退きをした場合、営業を継続することが困難となるため、立退くのであれば、適正な立退き料を支払ってもらいたい

相談後

賃借人は原則立ち退く必要はなく、賃貸人によほどの事情がなければなりません。特に長年賃借物件において営業をしていたお店としては、立退きは死活問題です。そのため、立退くのであれば、適正な立退き料の請求が可能です。ご相談の件では、賃借人に立退かなければならない理由を見出し難く、強気かつ粘りのある交渉により、100ヶ月分以上もの立退き料を獲得することができました。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

賃借人の権利は法的に守られています。立退き請求を受けても、あわてることなく、まずは弁護士に相談ください。

不動産・建築の解決事例 3

立退き要求された営業物件を相場よりも安価に買い取り、立退きを免れる。

  • 建物明け渡し・立ち退き

相談前

非常長年営業していた賃借物件からの立退きを要求されたが、立退いた場合、営業を継続することができなくなる。立退き料をもらうことよりも立退きを拒否したい。

相談後

この案件では、非常に長年営業していたため、建物老朽化による立退きが認められかねない事案であった。それでも判例・裁判例を駆使し、家主に敗訴リスクを示しつつ、相場よりも安価な価格で買取り、立退きを免れることができました。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

家主による立退き要求が認められる事案においても、長年営業していた方の立退きによる損害は甚大です。粘り強くこちらに有利な判例・裁判例・証拠を集積し、家主に敗訴リスクを伝えることにより、依頼者に有利な解決を目指すことも可能です。

不動産・建築

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【初回相談料無料】【電話相談可】【受任後、24時間以内に接見】【即日対応可】身柄を釈放してもらいたい…逮捕されそうなので助けてほしい…少しでも刑を軽くしたい等のご相談、承っております。まずは、ご連絡ください。
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所

迅速・丁寧に事件を処理し、相談者の希望を叶えるため最善を尽くします。

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

解決事例のご紹介

https://www.bengo4.com/tokyo/a_13116/l_275097/#pro11_case

ご相談例

・子どもが犯罪を犯してしまい、少年審判を受けることになった。
・息子が大麻/覚醒剤を所持・使用したとして逮捕された。
・事件に巻き込まれ警察に事情聴取に呼ばれた。
・逮捕された家族の状況がわからないので接見してほしい。
・少しでも刑を軽くしたい。
・起訴されて裁判が行われることになった。
・今すぐに面会にきてほしい。身柄を釈放してもらいたい。
・前科をつけたくない。
・被害者と示談をしてもらいたい。
・逮捕されそうなので助けてほしい。

このような事態になった場合、すぐに弁護士に相談しましょう。
刑事弁護はスピードが命です。お客様のために全力を尽くします。

取り扱い案件

・捜査段階における弁護
・公判段階における弁護
・保釈請求
・被害者との示談に向けた活動等

電話相談可能

簡単なご質問はお電話でのご相談も承っております。
無料ですので、安心してお問い合わせください。

強み

◆受任後、24時間以内に接見します。
◆接見・警察とのやり取りを円滑に進める一方で、速やかに示談の準備をし、被害者との示談が成立するようサポートします。

アフターケアも丁寧に行います

ご依頼の件が済みましても、関連する問題につきましてはアフターケアを怠りません。気軽にご相談ください。

明朗会計

日本弁護士連合会の旧報酬規定を基にしております。
ご依頼時に費用等を説明し、総額費用を明確にご提示いたしますので、ご安心ください。

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分につき5000円(税別)
起訴前 <着手金>
 ・事案簡明な事件:30万円~50万円
 ・それ以外の事件:50万円~

<報酬金>
 ・不起訴・略式命令:30万円~50万円
起訴後 <着手金>
 ・事案簡明な事件:30万円~50万円
 ・それ以外の事件:50万円~

<報酬金>
 ・事案簡明な事件
  執行猶予:30~50万円
  実刑の場合:減刑の程度による相当な額
 ・それ以外の事件
  無罪:100万円~
  執行猶予:50万円~
  実刑の場合:減刑の程度による相当な額

<保釈>
 ・事案簡明な事件:20万円
 ・それ以外の事件:30万円~
備考 ※料金は目安であり、事案の難易や状況を考慮してご相談させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(2件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

めいわく防止条例違反で逮捕された旨の連絡を受け、直ちに警察署に行き接見し、検察官に意見書を提出の上電話で話し、勾留請求をされずにすみ、3日間で釈放を勝ち取った

  • 痴漢
  • 加害者

相談前

電車の中で痴漢をしたということで接見の要請があり、直ちに警察署に行き接見し、事情をくわしく聞きました。実際に犯行を行ったことを認めていましたが、仕事があり無断欠勤となっているので、直ちに家族に連絡し、職場にそれとない理由でしばらく休む旨を伝えて欲しい旨、なんとか早く釈放して欲しい旨の要望を受けました。

相談後

逮捕3日後、勾留された場合、10日の延長となることが多いです。そのため、勾留をなんとか阻止するための弁護活動が必要となります。被疑者から事情を聞き、定職があること、身元引受人がいること、本件について反省していること、被害回復のため示談金を用意できることを確認し、弁護士選任届けを提出するとともに、勾留すべきでない旨の意見書を提出し、電話で話すことにより、勾留請求をされずに済みました。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

1度逮捕されれば、何もしなければ勾留されるのが通常です。至急弁護士と接見し、身柄釈放のためのアドバイスをもらい、現に弁護士に動いてもらう必要があります。万が一お知り合いが逮捕された場合、弁護士に連絡してあげることが被疑者にとって最もためになることと思います。
弁護士関根翔

犯罪・刑事事件の解決事例 2

迅速な示談成立により不起訴処分

  • 暴行・傷害
  • 加害者

相談前

知人に傷害を加えたということで逮捕・勾留。その後要請を受けて警察署に行き接見。示談を依頼される。

相談後

誠実に被害者と交渉することにより迅速に示談を成立させ不起訴処分となる。

関根 翔弁護士からのコメント

関根 翔弁護士

不起訴処分となるためには、まずはきちんと被害弁償金を支払い示談を成立させる必要があります。ただ、近時はあまり関わりたくないと示談を拒否する被害者が多いです。示談を整えることが被害者にとっえもメリットとなることを誠実かつ慎重に説明する必要があり、これは弁護人の技量によることとなります。
弁護士関根翔

犯罪・刑事事件

特徴をみる

債権回収

分野を変更する
【初回相談料無料】【JR池袋駅西口4分】【電話相談可】【即日対応可】売掛金回収 ・賃料の回収 ・債務者との交渉・支払督促などお任せください。スピーディーな回収の実現を目指します。
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所

迅速・丁寧に事件を処理し、相談者の希望を叶えるため最善を尽くします。

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

※債権には時効があります。ぜひ早急にご連絡ください。

ご相談例

・工事を完成したが、代金を払ってくれない。
・賃貸物件の賃料の不払いが続いている。
・売掛金の回収を確実にするための手段が何かないか。
・債権回収をしたいが、相手が転居して現住所が分からない。
・支払いを約束したはずなのに相手が入金してこない。
・訴訟を起こす前に相手方の財産を確保しておきたい。
・不動産を競売して代金を回収してほしい。

取り扱い案件

・売掛金回収
・賃料の回収
・債務者との交渉
・支払督促
・内容証明送付
・仮差押
・強制執行

メッセージ

債権回収は簡単なことではありません。
民事保全手続き、支払い督促、訴訟、強制執行手続き等様々な法律を駆使する必要があります。債権回収はスピードが重要です。まずは専門家にご相談ください。

電話相談可能

簡単なご質問はお電話でのご相談も承っております。
無料ですので、安心してお問い合わせください。

依頼するメリット

◎面倒な先方とのやりとりまで、一括で引き受けます。
◎法的手段をとることができ、回収の見込みが立ちます。支払いのないケースでは、仮差押、訴訟提起等の法的手段をとります。

地域密着型の弁護士です

池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県においてリーガル(法的)サービスを提供しております。
お仕事帰りなど日々の暮らしの中で、気軽に立ち寄っていただける、敷居の低い法律事務所です。

明朗会計

日本弁護士連合会の旧報酬規定を基にしております。
ご依頼時に費用等を説明し、総額費用を明確にご提示いたしますので、ご安心ください。

債権回収の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 電話:無料
面談:5000円/30分
着手金 経済的な利益の額に対し
300万円以下:8%
300万円~3000万円以下:5%+9万円
3000万円~3億円以下:3%+69万円
3億円以上:2%+369万円
成功報酬 経済的な利益の額に対し
300万円以下:16%
300万円~3000万円以下:10%+18万円
3000万円~3億円以下:6%+138万円
3億円以上:4%+738万円
備考 ※上記は税別になります。
※交通費・日当を別途いただくことがあります。
※お支払いは個別にご相談させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

債権回収

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【初回相談料無料】【弁護士直通でのコミュニケーション】【電話相談可】御社の経営を全面的にバックアップ致します。
契約書作成・労務規則チェック・コンプライアンス法務・企業倒産・債権回収など幅広く対応します。
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所
池袋副都心法律事務所

迅速・丁寧に事件を処理し、相談者の希望を叶えるため最善を尽くします。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

※【弁護士直通】でのやりとりが可能です。

ご相談例

・労働問題を解決してほしい。
・取引先、消費者から代金を回収できていないので、回収してほしい。
・契約書や就業規則をチェックしたい
・顧客からのクレーム対応についてアドバイスをもらいたい。
・お客が変なクレームをつけてきた。
・商標著作権などの知的財産分野の相談をしたい。
・取引先が倒産しそうだ。売掛金を回収してほしい。

取り扱い案件

・契約書作成チェック
・労務規則チェック
・コンプライアンス法務
・顧問弁護士契約
・企業倒産
・債権回収
・事業承継/M&A

メッセージ

企業間の取引には契約書が欠かせません。
その契約書の中身をきちんと把握せずに、調印してしまうと後々、条件交渉などの場面で不利な立場に置かれる可能性があります。
当事務所では、予防法務の一貫として、各種契約書のチェックや作成など、将来のトラブルを回避するためのサポートを行います。

電話相談可能

簡単なご質問はお電話での対応も承っております。
無料ですので、安心してお問い合わせください。

強み

◎お客様の気持ちを汲み取るため、なりよりもまず丁寧な聞き取りが重要です。この点手を抜くことは決してございません。
◎皆様のビジネスを加速させ,売上を改善するリーガルサービスをご提供します。
◎常に柔軟性のある思考力を持ち、取り組みます。

顧問料について

顧問料 5万5000円〜(税込)

アフターケアも丁寧に行います

ご依頼の件が済みましても、関連する問題につきましてはアフターケアを怠りません。気軽にご相談ください。

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
顧問料 顧問料 5万円/1カ月
着手金 経済的な利益の額に対し
300万円以下:8%
300万円~3000万円以下:5%+9万円
3000万円~3億円以下:3%+69万円
3億円以上:2%+369万円
成功報酬 経済的な利益の額に対し
300万円以下:16%
300万円~3000万円以下:10%+18万円
3000万円~3億円以下:6%+138万円
3億円以上:4%+738万円
備考 ※上記は税別になります。
※交通費・日当を別途いただくことがあります。
※お支払いは個別にご相談させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
池袋副都心法律事務所
所在地
〒171-0021
東京都 豊島区西池袋3-29-12 大地屋ビル6階
最寄り駅
JR池袋駅 徒歩4分 、副都心線池袋駅 徒歩1分
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉

電話で問い合わせ
050-5877-7182

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

池袋副都心法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5877-7182

※池袋副都心法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 22:00
  • 土日祝10:00 - 22:00
定休日
なし
備考
平日20時以降や土日祝はお電話が繋がりにくい場合がありますので、その場合はメールにてお問い合わせください。