現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
小笠原 憲介弁護士

( おがさわら けんすけ ) 小笠原 憲介

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【馬車道駅徒歩2分】◆慰謝料請求/離婚請求/養育費・親権◆
丁寧なヒアリングとアドバイスで、納得の解決になるよう尽力いたします。まずはご相談ください。
馬車道法律事務所
馬車道法律事務所
馬車道法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

―――――――――――――――――――
離婚・男女問題はお任せください
―――――――――――――――――――
離婚・男女問題は、当事者同士だけで解決しようとすると、感情のもつれから問題がより複雑になったり、解決まで長期間かかってしまったりすることが多々あります。

そんなとき、弁護士が間に入ることにより、第三者目線での冷静な話し合いと、適切な対応策や手続きをとることができます。
まだ具体的に離婚などを考えているわけじゃない、といったん場合でも、まずは今のつらいお気持ちだけでもお話いただき、心の負担を軽くしませんか。

誠心誠意、目の前のお悩みにアドバイスやサポートを行ってまいりますので、まずはご相談ください。


―――――――――――――――――――
よくあるご相談
―――――――――――――――――――
下記のようなご相談を多くいただいております。同じ内容のご相談はもちろん、離婚・男女問題に関する幅広いお悩みをサポートいたします。

▶夫が浮気をしていることが発覚したので、慰謝料を請求したい。
▶配偶者から暴力を受けていて、今すぐ離婚したいが、怖くて言えない。
▶別居している夫が生活費を全くいれてくれない。
▶離婚した場合、住宅ローンの支払いはどうなるのか。
▶別居に伴い、夫に子どもを連れて行かれたので、取り戻したい。


―――――――――――――――――――
重点取り扱い案件
―――――――――――――――――――
・慰謝料請求
・養育費、親権
・面会交流
・財産分与
に関するご相談を重点的にお受けしております。


―――――――――――――――――――
サポート・対応環境の特徴
―――――――――――――――――――
【1】分かりやすい説明でサポート
法律の専門用語もできるだけ分かりやすくご説明いたします。
納得いただける解決を迎えるためにもご不明な点は、お気軽にご質問ください。

【2】密なコミュニケーション
丁寧な聞取りを行い、こまめなご連絡で意思疎通をはかるほか、スピーディーに対応できるよう努めております。
依頼者の方のお気持ちに寄り添って、最善の解決を迎えられるよう尽力いたします。

【3】アクセスに便利な事務所です
みなとみらい線馬車道駅5番出口から徒歩2分、横浜市営地下鉄関内駅9番出口から徒歩5分、JR関内駅北口から徒歩7分と複数の駅と路線がご利用いただけます。
なお、お車でお越しの方は、事務所ビルの面している道路上に、コインパーキングがあります。

【4】完全個室でプライバシーに配慮
完全個室の相談室でお話をおうかがいしますので、周りの目を気にせず、安心してご相談いただけます。ご家族やご友人の同席も可能です。


―――――――――――――――――――
安心の費用体系
―――――――――――――――――――
◆お支払い方法も様々◆
ご事情に応じて、分割払い・一部後払い等お支払いのご相談にも応じております。資力要件を満たす場合には、法テラス(民事法律扶助制度)のご利用も可能です。


【ホームページ】
http://bashamichi-law.jp/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと,初回相談料が30分無料になります。
調停事件または交渉事件 【着手金・報酬金】
30万円以上50万円以下(税別)
離婚訴訟事件 【着手金・報酬金】
40万円以上60万円以下(税別)
備考欄 ※調停事件から続いて訴訟事件を受任するときの着手金は、上記の訴訟事件の着手金の額の2分の1とします。
※財産分与、慰謝料などの財産給付を得られたときは、財産給付の経済的利益の額を基準として上記民事事件の表に基づいて算定された着手金及び報酬金の額の範囲内で適正妥当な額を加算することがあります。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【初回相談無料】【馬車道駅徒歩2分】◆残業代請求/労災/不当解雇◆
労働問題は毎日の生活に直結する重大な問題です。トラブルが起きた際はなるべく早めにご相談ください。
馬車道法律事務所
馬車道法律事務所
馬車道法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

―――――――――――――――――――
労働問題はお任せください
―――――――――――――――――――
パワハラやセクハラ、残業代の未払いなどの労働問題は、労働者にとって毎日の生活に直結する非常に身近な問題である一方、会社を相手方とすることになる難しい問題です。
声をあげたら会社にいられなくなるのではないか、家族に迷惑をかけることになるのではないか、と悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合でも、泣き寝入りをする必要はありません。
会社に対して少しでも疑問がある場合には、一度お話をお聞かせください。ご依頼者様の納得できる解決となるよう、全力でサポートいたします。


―――――――――――――――――――
よくあるご相談
―――――――――――――――――――
下記のようなご相談を多くいただいております。同じ内容のご相談はもちろん、労働問題に関する幅広いお悩みをサポートいたします。

▶未払いの残業代を請求したい。
▶勤務中に怪我をしたが、会社が労災扱いしてくれない。
▶上司からパワハラを受け、鬱病と診断された。
▶理由なく突然解雇を言い渡された。
▶有給休暇をとらせてもらえない。


―――――――――――――――――――
重点取り扱い案件
―――――――――――――――――――
・未払い残業代請求
・労災
・不当解雇
・配置転換
に関するご相談を重点的にお受けしております。


―――――――――――――――――――
サポート・対応環境の特徴
―――――――――――――――――――
【1】分かりやすい説明でサポート
法律の専門用語もできるだけ分かりやすくご説明いたします。
納得いただける解決を迎えるためにもご不明な点は、お気軽にご質問ください。

【2】密なコミュニケーション
丁寧な聞取りを行い、こまめなご連絡で意思疎通をはかるほか、スピーディーに対応できるよう努めております。
依頼者の方のお気持ちに寄り添って、最善の解決を迎えられるよう尽力いたします。

【3】アクセスに便利な事務所です
みなとみらい線馬車道駅5番出口から徒歩2分、横浜市営地下鉄関内駅9番出口から徒歩5分、JR関内駅北口から徒歩7分と複数の駅と路線がご利用いただけます。
なお、お車でお越しの方は、事務所ビルの面している道路上に、コインパーキングがあります。

【4】完全個室でプライバシーに配慮
完全個室の相談室でお話をおうかがいしますので、周りの目を気にせず、安心してご相談いただけます。ご家族やご友人の同席も可能です。


―――――――――――――――――――
安心の費用体系
―――――――――――――――――――
◆お支払い方法も様々◆
ご事情に応じて、分割払い・一部後払い等お支払いのご相談にも応じております。資力要件を満たす場合には、法テラス(民事法律扶助制度)のご利用も可能です。


【ホームページ】
http://bashamichi-law.jp/

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと,初回相談料が30分無料になります。
着手金 (労働者側)
解雇関係:交渉10万円(税別)〜、審判、仮処分、訴訟20万円(税別)〜
残業代:交渉10万円(税別)〜、審判、訴訟15万円(税別)〜
※上記はあくまで最低限であり、事案の難易によりご相談の上、決めます。
その他の類型も含め、概ね経済的利益の5%〜8%になります。

(使用者側)
あっせん、労働審判、訴訟対応:30万円(税別)〜
その他については当事務所報酬規程によります。

※上記はあくまで最低限であり、事案の難易によりご相談の上、決めます。
報酬金 (労働者側)
経済的利益の10%〜20%

(使用者側)
あっせん、労働審判、訴訟対応:請求額と解決額の差額の20%(税別)

その他については当事務所の報酬規程によります。
備考欄 上記は目安ですが,労働者側の場合,弁護士費用は着手金0円で報酬で清算するなど,経済的状況によって,ご相談に応じます。また使用者側の場合には顧問契約締結の場合には費用を減額するなどの対応も可能です。お気軽にお問い合わせください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談料無料】【馬車道駅徒歩2分】【電話相談可】【当日/休日/夜間相談可(要予約)】
◆法テラス利用可◆まずは、お気軽にご相談ください
馬車道法律事務所
馬車道法律事務所
馬車道法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

◆借金・債務整理はお任せください!
「業者からの取り立てが辛い」
「債権者から督促がきているが生活が苦しくて支払えない」
「住宅を手放さずに借金を整理できないか」
「毎月の支払い額を減らして、無理なく支払っていきたい。」
「自己破産を検討している」

・個人の方へ
個人の債務整理(任意整理、破産、個人再生、過払金請求)などの業務を取り扱っております。
悩みや問題を一人で抱え込むのは、心にも身体にも大きな負担になります。
ご相談いただければ「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」のいずれかの方法で借金・債務整理を解決することが可能です。

・事業主の方へ
会社等の法人の破産業務を取り扱っております。
会社等の法人を経営する方にとって、経営状態が悪化したといえども、今日まで経営してきた会社の破産を検討することは大変な艱苦を伴います。
もっとも、適切な時期に破産手続をとらなければ、負債が増大するなどにより、従業員や取引先等の債権者に負担をかけ、問題が複雑化することにつながります。
破産手続の準備期間や費用を確保し、破産手続を選択すること自体が困難になることもあり得ます。
破産するべきかの検討のためにも、早期に御相談いただくことが重要です。

弊所には、裁判所から管財人に選任され破産管財業務を取り扱う弁護士も在籍しています。
御依頼者様の事案に応じて、弁護士複数名で対応するなどして、適切に手続を進めさせていただきます。

◆サポートや対応環境の特徴
〇分かりやすい説明でサポート
法律の専門用語もできるだけ分かりやすくご説明いたします。
納得いただける解決を迎えるためにもご不明な点は、お気軽にご質問ください。

〇密なコミュニケーション
丁寧な聞取りを行い、こまめなご連絡で意思疎通をはかるほか、スピーディーに対応できるよう努めております。
依頼者の方のお気持ちに寄り添って、最善の解決を迎えられるよう尽力いたします。

〇アクセスに便利な事務所です
みなとみらい線馬車道駅5番出口から徒歩2分、横浜市営地下鉄関内駅9番出口から徒歩5分、JR関内駅北口から徒歩7分。事務所ビルの面している道路上に、コインパーキングがあります。

〇完全個室でプライバシーに配慮
完全個室の相談室でお話をおうかがいしますので、周りの目を気にせず、安心してご相談いただけます。ご家族やご友人の同席も可能です。

◆安心の費用体系
〇お支払い方法も様々
ご事情に応じて、分割払い・一部後払い等お支払いのご相談にも応じております。資力要件を満たす場合には、法テラス(民事法律扶助制度)のご利用も可能です。

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分の相談は無料で承ります。
通常は30分5,000円(税別)です。
任意整理事件 【着手金】
対象となる債権者の数×2万円 (税別)

【報酬金】
対象となった債権者の数×2万円(税別)
各債権者との和解金額が、当該債権者主張の元金を下回るときは、その差額の10%に相当する額
各債権者との交渉により、過払い金の返還を受けたときは、債権者主張の元金の1割相当額に、返還を受けた過払い金の2割相当額を加算した額
破産・免責申立事件 【着手金】
債務額が1,000万円以下の場合
・債権者数10社以下:金20万円(税別)
・債権者数11社~15社:金25万円(税別)
・債権者数16社以上:金30万円(税別)

債務額が1,000万円を超える場合
・金40万円(但し事業者の場合は金50万円以上)(税別)

【報酬金】
免責決定が得られたとき
左記着手金と同額がかかります。
※その他諸費用(印紙、郵券、通信交通費、謄写代、日当、宿泊費等)は別途ご請求いたします。
個人再生申立事件 【着手金】
住宅資金特別条項を
提出する予定のない場合:31万5,000円(税別)
提出する予定のある場合:42万円(税別)
※再生計画の認可決定が得られず改めて自己破産を申し立てたときは、個人再生の着手金とは別に自己破産の着手金を受領します。 この場合、事情により自己破産の着手金を減額することがあります。

【報酬金】
債権者数が
1社から10社までの場合:31万5,000円(税別)
11社から20社までの場合:42万円 (税別)
21社以上の場合:52万5,000円(税別)
※その他諸費用(印紙、郵券、通信交通費、謄写代、日当、宿泊費等)は別途ご請求いたします。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

【破産】法人(相談時営業中)と代表者破産申立を同時に行った事例(負債総額約3000万円)

  • 自己破産
依頼主 50代 男性

相談前

パン・菓子の製造・小売業を営む会社の代表者の方から、店舗賃料の不払が長期に渡って発生しており、会社資金がショートするという段階でご相談をいただきました。
打ち合わせを重ね、事業を継続しても負債が増えてしまう一方であり、可能な限り従業員への給与を補償する形で、会社と代表者の破産を同時に行うことになりました。

相談後

店舗に設置されていたリース機材はリース会社と交渉し、可能な限り安価に回収を依頼できました。
また、店舗の賃貸借契約については貸主と協議し、店舗内の資材を可能な限り撤去したうえで、敷金を残置物の処分費用に充当することで賃貸借契約を合意解除し、無事に明け渡しを済ませることができました。
売掛債権の回収とともに、換価処分可能な財産を処分し、従業員の給与を確保しました。
従業員は6名いましたが、事情を説明し合意を得て解雇し、解雇予告手当を支払うことができました。

小笠原 憲介弁護士からのコメント

小笠原 憲介弁護士

本件は、相談に来られた時点で、追加融資等を受けることもできない状況にあり、じきに会社の財産が底をつき、負債を支払えないだけでなく、申立費用も準備できなくなってしまうという状況でした。そのため、売掛金が入金される月末のタイミングで事業を停止するとともに、債権者への支払いをストップすること等によって、申立費用を用意することができました。
 また、従業員の給与を可能な限り補償するために、優先的に解雇予告手当を支払い、最終月の給与については未払賃金立替払制度を利用することで、従業員に可能な限りの給与を確保することができました。
会社であるか、個人であるかにかかわわらず、破産申立のタイミングや財産の保全は非常に重要です。
そのため、お早めにご相談いただくことがスムーズな解決につながります。

借金・債務整理

特徴をみる

借金・債務整理の解決事例 2

【個人再生】住宅を維持しながら、700万円近くあった負債を150万円にまで減額した事例。

  • 個人再生
依頼主 40代 男性

相談前

母親を介護しながら、中学生の子ども二人を育てている男性から、母親の介護費用や子どもの学費等により借金が増額し返済が滞るようになり住宅ローンの支払いも厳しくなったという状況でご相談をいただきました。「母親や子どものためにもなんとか家だけは残したい」とのことでした。

相談後

住宅を残しつつ、他の借金を圧縮するため、個人再生手続をとることになりました。
収入と毎月の支出を計算し、住宅ローンを支払いつつ他の借金を返済していく見通しを立て、裁判所へ申立を行いました。
無事に認可決定が下り、借金の大幅な減額に成功しました。

小笠原 憲介弁護士からのコメント

小笠原 憲介弁護士

多額の負債を抱える方の中には住宅を諦めてしまう方も少なくありません。
しかし、個人再生手続により、住宅を残しつつ借金を圧縮することが可能です。
借金問題でお困りの方はお早めに一度お問い合わせください。

借金・債務整理

特徴をみる

借金・債務整理の解決事例 3

【債務整理・時効援用】時効援用により約180万円の借金が消滅したケース。

依頼主 60代 女性

相談前

相談にいらした依頼者は、ご自身でも借入をしたことを忘れていた程以前に、貸金業者から借り入れをし、返済をせず時間が経過し、年月が経ってから突然債権回収会社から貸付金及び遅延損害金について合計約180万円の支払を求める通知が来たということで、ご相談に来られました。

相談後

相談したところ、最後の返済時期から5年以上が経過していました。
すでに消滅時効にかかっていると考えられたため、債権回収会社に対して消滅時効を援用することを内容とする通知書を送付しました。
当該時効の援用により180万円の債務は消滅し、支払わなくて良くなりました。

小笠原 憲介弁護士からのコメント

小笠原 憲介弁護士

ご依頼者様がご相談にいらした当初は、詐欺の可能性も検討し、詐欺ではないことを確認しました。

最後の返済から5年以上が経過している場合には、消滅時効にかかっている可能性があります。
一方で、請求に対して一度でも支払いをしてしまうと時効は中断してしまい、消滅時効の効果を主張できなくなってしまいます。
そのため、最後に返済をしたときから長期間が経過してから請求が来た場合には、まずご相談いただくことが解決につながります。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
馬車道法律事務所
所在地
〒231-0011
神奈川県 横浜市中区太田町4-55 横浜馬車道ビル6階
最寄り駅
馬車道駅から 徒歩2分、関内駅・桜木町駅からそれぞれ徒歩7分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5368-3878

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
馬車道法律事務所
所在地
神奈川県 横浜市中区太田町4-55 横浜馬車道ビル6階
最寄駅
馬車道駅から 徒歩2分、関内駅・桜木町駅からそれぞれ徒歩7分

小笠原 憲介弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5368-3878
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日09:00 - 21:00
定休日
備考
※コロナ緊急事態宣言下においても電話、skypeやzoomでのご相談に対応可能です。
事前にご予約頂ければ当日・夜間も対応致します。メールフォームによる24時間受付可能です。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。