弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2018年12月23日 15時52分

ブラック企業大賞に三菱電機、WEB投票賞はセクハラ問題の財務省

ブラック企業大賞に三菱電機、WEB投票賞はセクハラ問題の財務省
ブラック企業大賞の授賞式の様子

「ブラック企業大賞2018」の発表・授賞式が12月23日、東京都内でおこなわれ、三菱電機が大賞に選ばれた。システム開発の技術者や研究職の男性社員5人が長時間労働が原因で、精神障害や脳疾患を発症して、2014年から2017年に相次いで労災認定された。このうち2人が過労自死していた。

ウェブサイトや会場での投票数による「WEB投票賞」(市民投票賞)は、事務次官による女性記者へのセクハラが問題となった財務省だった。ウェブ上での投票は、ほかと比べて圧倒的だったという。

「特別賞」は、長時間労働とパワハラがあったほか、多数の外国人実習生が在留資格を失った日立製作所・日立プラントサービスが選ばれた。「有給ちゃんと取らせま賞」は、違法な長時間労働があったとして労基署から是正勧告のあったジャパンビバレッジ東京となった。

今年で7回目となるブラック企業大賞には、ジャパンビジネスラボ、ジャパンビバレッジ東京、日立製作所・日立プラントサービス、モンテローザ、ゴンチャロフ製菓、財務省、スルガ銀行、野村不動産、三菱電機がノミネートされていた(計9社・1官公庁)。ノミネート理由はこちら(http://blackcorpaward.blogspot.com/)。

ブラック企業大賞は、弁護士やジャーナリストでつくる実行委員会が、労働環境を改善する活動として、2012年から開催している。労働法令などに抵触したり、またはその可能性があるグレーゾーンな条件や、パワハラなど暴力的強制を従業員に強いる体質の企業や法人(官公庁を含む)を「ブラック企業」として定義している。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」