39,141件見つかりました

法律相談一覧

  • 会社法

    ベストアンサー

    会社法上の背任や贈収賄、特別背任などは、公益法人・医療法人・学校法人などの経営者にも適用されますか?

    弁護士回答
    1
  • 会社法についてです

    いつも違法または違法ギリギリまで行為をしているが、営業成績が抜群の社員Aがいます。あなたが社員Aを雇用する会社の社長であるとして、この社員Aに違法または違法ギリギリな行為を辞めさせるためには、どのような説得を行うか、具体的な法律の条文を2つ以上使いまとめてください。

    弁護士回答
    1
  • 会社法について

    ベストアンサー

    前社長が1年半前に代表取締役を助成金不正受給と資金使い込みが発覚し解任されたが、現社長で筆頭株主である父が突然兄を社長に戻すと言い出しました。役員設置会社なので役員会の開催を申し出ましたが、それ以前に筆頭株主の立場として任命されているので、専務(私)の要求には応じられないといわれました。臨時株主総会の開催をする気もありません。この横暴とも取れるよ...

    弁護士回答
    1
  • 会社法に関して

    実刑判決が出て刑の終了日が来てから何年間法人の社長(役員)になれないのでしょうか? また代表取締役以外(専務等)役員なら全て同じ条件でしょうか?

    弁護士回答
    1
  • 会社法の「社員」の定義について

    会社法の「社員」の定義が日常用語での「社員」とずいぶん異なるものなのはなぜなのでしょう? 別の用語を用いるわけにはいかなかったのでしょうか?

    弁護士回答
    6
  • 会社法と準用規定について

    会社法は旧商法の頃に比べて準用の規定がずいぶん少なくなっているようなのですが、これには何か理由はあるのでしょうか?

    弁護士回答
    4
  • 会社法 刑事罰などについて

    【相談の背景】 会社法の罰則を刑事罰であたえたい場合について 【質問1】 どのような場所にどのような訴えをおこせばいいのでしょうか?

    弁護士回答
    2
  • 粉飾決算について 会社法

    ベストアンサー

    会社法960条 特別背任罪について さまざまな情報がありなにが真実かわからないので、こちらでプロの方にご教授いただきたく、質問させてください。 粉飾決算をした法人は 会社法960条に違反したことになり、罰をうけることになりますか? また代表取締役など含めて、役員はどこまでが対象になりますか?

    弁護士回答
    1
  • 会社法484条についての

    会社法484条について 清算株式会社の「財産」が その債務を完済するのに足りないことが明らかになったときは、 清算人は、直ちに破産手続開始の申立てをしなければなりません。 とありますが、 破産手続をせずに、偽りの通常清算をした場合罰則などありますか?

    弁護士回答
    2
  • 会社法についての質問です。

    ベストアンサー

    祖父の会社で悩んでいます。ご教授下さい。 会社法499条1項の知れている債権者と記載されていますが、 清算の登記をしている間に 残業代の訴訟を提起された場合は、 相手方は知れている債権者となりますか?

    弁護士回答
    3
  • 定款の変更及び会社法について

    定款に、明記されていない物品販売をいまは、税理士にて雑収入で処理しています。雑収入のウエイトが多くなっています。定款変更した方がいいでしょうか?会社法違反になりますか? イベント会社です。よろしくお願いいたします。

    弁護士回答
    1
  • 会社法の日付について

    ベストアンサー

    以下の点について、ご教示ください。 ・会社法366条 3項の5日以内は、会社休業日は除いた方がいいのでしょうか? 以上よろしくお願いいたします。

    弁護士回答
    1
  • 会社法 事業譲渡について

    会社法における事業譲渡について教えてください。 「株式会社」から「株式会社」へ事業譲渡する場合と、「有限会社」から「株式会社」へ事業譲渡する場合とでは法律的な違いは有りますか? また、事業譲受会社が屋号は承継していない場合でも、譲渡会社に対する債権を譲受会社に請求できますか? よろしくお願いいたします。

    弁護士回答
    1
  • 会社法で訴える方法について

    ベストアンサー

    会社法で訴える法律を教えてください。 当該の会社は、数年間その会社名を使用しておらず、架空会社名を利用して運営していました。 昨年、架空会社の名前での悪事がTVで公表されたため、唯一登録した会社名を使用して悪事を働いています。

    弁護士回答
    3
  • 会社法487条とは??

    調べていたら 仮に、清算人の不正行為等、清算人の悪意又は重過失により第三者に損害を与えた場合には、清算人に損害賠償請求が可能です(会社法487条1項) というものがありました。 労働債権があるのにも関わらず 秘密裏に通常清算をし、 さらに取引業者には支払いをしていたようです。 会社法487条の違反にはならないのでしょうか?

    弁護士回答
    1
  • 会社法の法律について

    友人に株式会社または合同会社の定款及び各種書類の作成を依頼されました。 提出は友人が行うのですが、私は発起人でも役員でも会社に関係のない第三者になります。 この場合会社法上は問題ないのでしょうか。 また、企業として手数料を取った上で、上記のような代行を行っても良いのでしょうか。 宜しくお願いいたします。

    弁護士回答
    1
  • 会社法908条について

    【相談の背景】 会社法第908条 この法律の規定により登記すべき事項は、登記の後でなければ、これをもって善意の第三者に対抗することができない。登記の後であっても、第三者が正当な事由によってその登記があることを知らなかったときは、同様とする。 故意又は過失によって不実の事項を登記した者は、その事項が不実であることをもって善意の第三者に対抗することがで...

    弁護士回答
    3
  • 会社法についての質問です。

    【相談の背景】 会社法 第487条 清算人がその職務を行うについて悪意又は重大な過失があったときは、当該清算人は、これによって第三者に生じた損害を賠償する責任を負う。 【質問1】 清算人の悪意、重大な過失とは具体的にはどのようなことが当てはまるのでしょうか?

    弁護士回答
    2
  • 会社法502条についての

    弁済前における残余財産の分配の制限 会社法第502条 清算株式会社は、当該清算株式会社の債務を弁済した後でなければ、その財産を株主に分配することができない。 ↑ 上記について 例えば、資本金などは対象ですか?また仮に資本金を全て使用していた際は分配はどうなるのでしょうか? また株主に対しての分配は 決算報告書などに記載の、どの金額が対象となるのでし...

    弁護士回答
    1
  • 会社法上の措置について

    ベストアンサー

    関東地方に店舗を有し、主に大衆向けの衣料品の販売業を営んでいる株式会社Aはかねてから関西地方に進出することを計画していた。同社の取締役Xは、会社に無断で関西地方に「A株式会社」という商号で会社を設立し、自ら代表取締役となって、主に高級衣料品の販売を開始した。この場合、株式会社Aは会社法上どのような措置をとることが出来ますか。

    弁護士回答
    1
  • 会社法429条について

    ベストアンサー

    会社法第429条(役員等の第三者に対する損害賠償責任)について質問です。 1 役員等がその職務を行うについて悪意又は重大な過失があったときは、当該役員等は、これによって第三者に生じた損害を賠償する責任を負う。 ネットで検索すると、主に株主とのトラブルが出てくるのですが、以下のような会社でも適用できますか? ・有限会社 ・代表者、取締役2名の小規...

    弁護士回答
    1
  • 会社法430条について

    役員などの連帯責任 第430条 役員等が株式会社又は第三者に生じた損害を賠償する責任を負う場合において、他の役員等も当該損害を賠償する責任を負うときは、これらの者は、連帯債務者とする。 会社法430条について 親族で経営し、同居しており かつ、役員等に名を連ねている場合 親族経営ではない 企業より、 その連帯責任をおう可能性は高いのでしょうか?

    弁護士回答
    1
  • 会社法430条について

    会社法第430条 役員等が株式会社又は第三者に生じた損害を賠償する責任を負う場合において、他の役員等も当該損害を賠償する責任を負うときは、これらの者は、連帯債務者とする。 とありますが、 1、役員等とありますが、その役員に当てはまる役職を教えてください。 2、役員の内一人でも、損害賠償責任を立証できたら、役員数人に支払い義務が発生するのでしょうか?...

    弁護士回答
    3
  • 会社法についての質問です

    会社法第481条 清算人は、次に掲げる職務を行う。 一 現務の結了 二 債権の取立て及び債務の弁済 三 残余財産の分配 ↑ 上記二の違反をした際の罰則はありますか? 第499条 清算株式会社は、当該清算株式会社の債権者に対し、一定の期間内にその債権を申し出るべき旨を官報に公告し、かつ、知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない。 ↑ この違反...

    弁護士回答
    1
  • 会社法908条についての

    会社法908条 この法律の規定により登記すべき事項は、登記の後でなければ、これをもって善意の第三者に対抗することができない。登記の後であっても、第三者が正当な事由によってその登記があることを知らなかったときは、同様とする。 2、故意又は過失によって不実の事項を登記した者は、その事項が不実であることをもって善意の第三者に対抗することができない。 ↑ ...

    弁護士回答
    1
  • 会社法の事業譲渡について

    今会社法の判例について研究しています。 事業譲渡の判例(最昭40.9.22)について勉強していた所、事業譲渡には3つの説があったのですが、 どの説にも事業譲渡の要件として、有機的一体として機能する財産とありました。 この有機的一体とは具体的にどういう意味なのでしょうか? またこの判例では会社が唯一の営業用財産である工場を構成する土地、建物、機械、器...

    弁護士回答
    1
  • 会社法の競合について

    ベストアンサー

    現在、実家の株式会社の役員をしています。 そこでは商品の卸売を会社、商店向けに行っています。 直接、小売りはしておりません。 しかし会社、商店向けだけではなく、直接小売りをしたかったのですが、 インターネット販売の登録時に会社の名前を出さないようにするために、 (会社の名前を出すと会社、商店に取引を停止される恐れがあったため) 別にインターネ...

    弁護士回答
    1
  • 会社法と行政法の違いについて

    民間企業を縛る会社法と行政を縛る行政法の違いには、どのような特徴がありますか? 似通った点も多いのでしょうか?

    弁護士回答
    3
  • 会社法429条が適応されるときとは?

    ベストアンサー

    会社法429条というのは 具体的にこのような時に認められるという判例などをもとにご教授いただけると幸いです。

    弁護士回答
    1
  • 会社法484条についての質問です

    ベストアンサー

    会社法484条 清算株式会社の財産がその債務を完済するのに足りないことが明らかになったときは、清算人は、直ちに破産手続開始の申立てをしなければならない。 ↑ 労働債権を支払わないために、 通常清算をしました。、 本来は労働債権を支払う、もしくは、破産手続をしなければならないはずですが、 会社法484条には罰則はありますか?

    弁護士回答
    1
  • 会社法第440条

    会社法第440条には「公告」を義務付けていると聞きました。 では、とある株式会社が公告をしているかどうかを調べるにはどこをどのように調べれば良いのでしょうか。 その株式会社には問い合わせをせずに調べたいのですが。

    弁護士回答
    1
  • 会社法429条による提訴について

    ベストアンサー

    ある会社の代表だった私の父親が資金繰りに詰まり自殺しました。もともとその会社の前代表(父親が代表になってからは役員)が資金を用立てることを前提で代表に就任したのですが、結局何もしてもらえませんでした。 この場合遺族は第三者として会社法429条に基づき損害賠償請求は可能でしょうか?

    弁護士回答
    2
  • 会社法 臨時株主総会について

    ベストアンサー

    会社法関係の質問になります。 役員報酬を期の途中で増額させるには臨時株主総会が必要になると思います。 例えば100%出資の子会社が役員報酬を期の途中で増額させるたが、臨時株主総会を行っていなかったばあい、どのような罰則が課せられるのでしょうか?

    弁護士回答
    2
  • 団体の名称について(会社法関連)

    会社法第7条で「会社でない者は、その名称又は商号中に、会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない。」とあります。 会社でない組織(サークル、個人事業など)が株式会社○×とか○×社とか名乗ってはいけない、というのはわかりますが例えば、以下のような名称は抵触するのでしょうか。 〇×興業 〇×産業 〇×商事 〇×電鉄 会社がよくつけている...

    弁護士回答
    1
  • 会社法499条についての質問

    会社法499条 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない。 という条文がありますが、 知れている債権者とはどうなれば知れたる債権者と判断できるのでしょうか? 例えば労働債権において、労働基準局に尋ねたところ労働基準法では、給与を支払いと同時または、別でもその月々に残業代は支払わなければならないと言われました。 残業代を未払の状態であ...

    弁護士回答
    1
  • 会社法331条の解釈

    ベストアンサー

    執行猶予期間中の代表取締役社長就任が可能かを教えて下さい。 会社法331条の解釈について。 執行猶予中の罪名は、 ・ストーカー規制法第13条 ・刑法第159条 有印私文書偽造同行使 懲役3年、執行猶予5年

    弁護士回答
    2
  • 会社法429条についての質問です。

    会社法429条について 以下記載内容が会社法429条があてはまるのかが気になりました。損害賠償を請求したいと考えております。 長文ではありますが、ご教授下さい。 残業代請求で勝訴し、請求しましたが、 無視を続けています。(あまりに悪質な態度、月間300時間超が数年続いたこともあり付加金も認められました) 再三裁判官からの和解をけり、引き延ばしその間に閉鎖...

    弁護士回答
    1
  • 会社法429条の適用はできないのでしょうか?

    ベストアンサー

    会社を経営していた父が亡くなりこの会社とは関係のない自分が相続したのですが、財産の中にこの会社への貸付金があり、この会社へこの貸付金の内容を問い合わせたところ、法的には返さなくてよいお金なので教えられないと答えてくれませんでした。 相続申請はこの会社の顧問税理士にお願いしていたのですが、 この貸付金のおかげで相続税額は高額となり、この税理士も...

    弁護士回答
    1
  • 会社法487条、 刑法は?

    ベストアンサー

    残業代請求の訴訟をし、 勝訴しました。 訴訟では、裁判官が和解をすすめましたが、 被告は全く応じずにのらりくらりと 秘密裏に通常清算をしていました。清算結了もされていました。清算人が代表取締役で私の訴訟中なので、 私の労働債権を知らないわけはないです。 その為勝訴した頃には残業代の請求ができなくなりました。 会社法487条というものがあるので該...

    弁護士回答
    1
  • 会社法356条につきまして

    ベストアンサー

    会社法356条の「株主総会」は、取締役会が設置された会社では「取締役会」と読み替えることになるかと思うのですが、取締役会を招集せず、株主総会で代用することは可能なのでしょうか? 取締役を競業避止義務違反で解任になった理由が、取締役会を経ていないとの事ですが、代表取締役も同様の事業を別法人でしており、確認した所、株主総会で承認しているという回答をさ...

    弁護士回答
    2
  • 改正会社法467条について

    改正会社法467条1項2号の2イについてですが,「当該譲渡により譲り渡す株式」とは,実際に譲り渡す子会社株式のみを意味しているのでしょうか,それとも親会社が保有する譲渡対象の子会社株式全体を意味しているのでしょうか。 条文の文言的には,前者の読み方が自然なような気がしますが,そうすると,実際に譲渡する株式の帳簿価額がイに該当しないように分割して譲渡す...

    弁護士回答
    1
  • 会社法による取締役の義務と責任

    発注者(私)と請負者(法人)との請負契約において、請負者は契約違反をしており法令違反・詐欺などの刑事犯罪を犯した場合、会社法429条に該当し損害賠償責任が役員個人としても請求可能だと思います。 ここまでは調べて理解できたのですが、取締役と法人登記されている方なのですが、実際は社長のワンマンであり社会通念上の取締役の権限を社内で持ち合わせていない(...

    弁護士回答
    1
  • 会社法上の大会社とするメリット・デメリット

    【相談の背景】 現在、JVの設立を検討しており、会社法上の大会社(資本金5億円以上)とするか、それ以外の会社とするか検討を進めています。そこで、大会社とするメリット・デメリット(機関設置のための手間、人件費増以外に何かあるのでしょうか)をお伺いしたいです。 【質問1】 会社法上の大会社とするメリット・デメリット(機関設置のための手間、人件費増以外...

    弁護士回答
    1
  • 会社法について。また 脅迫 強要罪になりますか?

    代理です よろしくお願いします 現在マンション賃貸業を営む者です 代表取締役に母 平役員が息子 平役員が母の妹 以上三名です この中の平役員の息子が俺は役員の中でも監査役だといい 代表の許可なく代表を見定め 宗教法人に足をはこぶなら職務怠慢だと代表をおりろと命令をだします そもそも監査役とは誰が決めるのですか? また監査役には役員会議なしに決定す...

    弁護士回答
    1
  • 会社法、役員について

    ベストアンサー

    私の父が、伯父の会社の監査役をしています。 監査役設置会社じゃなくなったので、監査役を辞めて欲しいと一方的に通達してきました。 そこで質問です。 1、監査役設置では無くなったことを、証明するよう、定款のコピーを相手方会社に見せるように請求できますか?(会社が遠いため管轄の法務局に行くのを避けたいので) 2、今回、役員を辞任させるにあたって取締役会の...

    弁護士回答
    4
  • 会社法に詳しい方 お力を貸して下さい。

    ベストアンサー

    会社法について相談です 取締役の減給に関してですが いきなり 同意なしの減給の場合 会社法のどの部分に引っかかるのでしょうか? どなたか 詳しく教えて頂きたいので よろしくお願いします。 いきなりの減給で困っています。

    弁護士回答
    3
  • 会社更生法

    消費者金融大手に債務があり返済中です。(裁判所にて支払督促にて和解) 近日、消費者金融大手が会社更生法を申請しましたが返済している人、利用している人に何等かの影響はあるのですか?

    弁護士回答
    2
  • 会社法に書いてあるものは 定款に敢えて記載がなくても良いのか?

    ベストアンサー

    みなし承認規定 ですが 定款に特に記載されていなくても適用されるのですか? その他の会社法も特に変更がない場合は大前提に適用されるものとして 記載する必要はないのでしょうか?

    弁護士回答
    2
  • 招集通知はなぜ会社法で義務付けられている?

    ベストアンサー

    【相談の背景】 頭の悪い質問かも知れませんが、1つ気になったことがありまして。 【質問1】 会社法には株主へ定時株主総会の提出が要求されていますが、 何故、投資家保護を目的とする金融商品取引法ではなく、会社法で要求をしているのでしょうか?

    弁護士回答
    1
  • 会社法違反の場合の訴える公的機関

    取締役報酬を 違法な手段で減給された場合 会社法に違反している場合は 公的機関で 訴える場所は あるのでしょうか? 例えば 労働者ならば 労基があるように 会社法に 違反の場合 訴える機関は裁判以外にないのでしょうか? 社長が許せないので 社会的制裁をしたいのですが よろしくお願いします。

    弁護士回答
    1

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから