弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

家事調停

一部の家事事件では、いきなり訴訟を起こすのではなく調停から始めなくてはなりません。この原則を調停前置主義と言います。例えば、子供の認知や離婚の可否など、当事者間で話し合いをして解決する方が馴染むような場合に適用されます。調停が成立したら、判決と同じ効力を持つ調停調書を書記官に作成してもらいます。成立しなかった場合、事件によっては自動的に審判に移行します。審判に移行しない事件の場合、改めて訴訟を申し立てて、解決方法を裁判官の判断に委ねることができます。ここでは、家事調停について流れや費用などをご紹介します。

家事調停に関する法律相談

  • 面談交流について質問です

    面談交流調停の質問をさせて頂きます。 元配偶者は外国人で、子供を無断に海外の実家に預ける可能性が高いです。ハーグ条約未加入国で、もう子供に会えなくなる恐れもあります。この場合、調...

    1弁護士回答
  • 婚姻費減額の申し立てについて

    タクシーの運転業務で昨年に人身事故をおこし30日の免許停止がきました。この事を理由に1ヶ月分だけの婚姻費減額調停を申し立てられますか?ちなみに講習を受ければ1日で済みますが講習を...

    1弁護士回答
  • 納骨に関するトラブルと対処法

    30年以上前に父が公営墓地の購入をしました。 当初は父が管理者でしたが25年ほど前に兄に移しています。その後管理費は兄が払っていました。 7年ほど前に兄が亡くなり、現在は兄嫁が管理者に...

    4弁護士回答
  • 死亡養親との養子離縁について。

    養子縁組の解消についてです。 私の父は母と婚姻後数年してから、母方の祖父母と養子縁組をしました。元々は父の姓を名乗り、縁組した際に母方の姓になりました。 この度、祖父母が逝去し、...

    2弁護士回答
  • 調停の最中ですが、相手の弁護士から調停の代理人辞任届けが届きました。これは申立ての取り下げですか?

    親族間調停の最中ですが、相手(申立人)の弁護士からこちらの弁護士に調停の代理人辞任届けが届きました。これは調停の取り下げを意味しているのか、申立人が代理人なしで調停を続行するの...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

民事紛争の解決手続きのニュース

  1. 安倍首相が主張する「悪魔の証明」…なぜ「な...
  2. 弁護士はなぜ文章に「、」ではなく「,」を使...
  3. <双葉病院訴訟>原発事故後に認知症患者が失...
  4. ペットのウサギが治療で骨折 「動物病院」に4...
  5. 満員電車で後ろから吐かれてフードが悲惨な姿...
  6. 「夫婦別姓」最高裁で弁論――原告団「政治が動...
  7. 婚姻中に妊娠したら夫の子「嫡出推定ルールは...