弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

誹謗中傷の被害にあった時の対処法

「誹謗中傷の被害にあった時の対処法」などのインターネット問題に取り組む弁護士や法律相談のページです。 伊藤 紗耶子弁護士、伏見 宗弘弁護士、秀島 晶博弁護士などのインターネット分野に注力する弁護士や、「虚偽告訴罪と取調べ時の刑事の対応」、「解雇目前の部下(パート)からの誹謗中傷について」、「病気の方からの嫌がらせの対処法を教えてください」などの「誹謗中傷の被害にあった時の対処法」に関連の高いものをピックアップしています。

インターネットの発達により、誰でも気軽に情報を発信することができるようになりました。しかし、その弊害として、誹謗中傷を受けるケースが増えています。以下では、特にインターネット上で誹謗中傷を受けた場合の対処法について説明します。

書き込みの削除を請求する

誹謗中傷の被害にあった時に、真っ先にやるべきことは、その書き込みを削除させることです。削除させることにより、これ以上、誹謗中傷の書き込みの閲覧者が増えないようにし、被害の拡大を食い止めることができます。

削除させるためには、その書き込みがあるページの管理者に削除を依頼します。

ネット掲示板に書き込まれた場合等のように削除を依頼する先と書き込んだ者が異なる場合は、丁寧な態度で依頼するべきですが、ブログ記事の中で誹謗中傷を受けた場合や、SNS上で誹謗中傷をポストされた場合等のように書き込んだ者自身に削除を依頼する場合は、毅然とした態度で臨んでもよいでしょう。

また、削除を依頼するときは、該当する書き込みのあるページのURLとその文言を正確に示しましょう。素直に削除に応じない場合は、その応じない理由を確認して交渉するなどの対応が必要となります。

それでも、応じない場合は、弁護士に依頼して、弁護士から削除を要請することが考えられます。弁護士からの連絡を受け、一転して削除に応じることがあります。それでも、削除に応じない場合は、裁判で削除を求めることもできます。

謝罪と訂正を請求する

書き込みの削除だけなく、一歩進んで公に謝罪と訂正を行わせることによって、棄損された名誉を回復させることが考えられます。もっとも、誹謗中傷をブログ記事やSNS上でポストされたような場合に謝罪と訂正の追記事をポストさせることは名誉を回復させるために有効でしょうが、匿名掲示板等の場合はそこで謝罪と訂正の書き込みをさせたところで名誉を回復する効果はほとんど期待できず実質的意義が乏しいといえます。

また、これについても、相手方が応じない場合は、弁護士から要請したり、裁判を起こしたりすることが考えられますが、裁判でこれを認めてもらうことは削除以上に難しいです。

損害の賠償を請求する

損害の賠償を請求するためには、まず、損害額を算定しなければなりません。名誉を毀損されたことにより、社会的な評価がどのように低下し、その結果どのような損害が生じ、その額はいくらなのかというとことを、相手方に対して示す必要があります。

また、誹謗中傷が匿名掲示板のような場所で行われた場合は、書き込んだ者を特定しなければなりません。特定するためには、サイト管理者に削除を依頼する際に、併せて書き込んだ者の情報の開示請求を行います。また、削除する際にログも一緒に消えてしまい、書き込んだ者の情報が分からなくなってしまったということがないように、ログの保存も併せて求めておくべきです。

なお、サイト管理者にも書き込んだ者の名前等は、会員制サイトでもない限り分かりませんので、請求することができる情報としては、IPアドレス、携帯電話端末等からのインターネット接続サービス利用者識別符号、携帯電話端末のSIMカード識別番号、タイムスタンプ(書き込んだ正確な日時)になります。これらの情報から、書き込んだ者が書き込みに利用したインターネットサービスプロバイダや携帯電話キャリアが分かります。

それが分かったら、次は、そうして判明したプロバイダ等に対して書き込んだ者の氏名や住所の開示を求めます。また、そもそも、その掲示板サイトの管理者の連絡先が分からない場合は、運営者が誰なのかを探すことから始めなければなりません。

匿名掲示板の書き込みに対する損害賠償請求は、とても難しいというのが現状です。

告訴


また、上記のような民事上の請求に加えて、誹謗中傷が名誉棄損罪や侮辱罪に当たる場合は、警察に告訴し、刑事処分を求めることもできます。

誹謗中傷の被害にあった時の対処法のみんなの法律相談

  • 虚偽告訴罪と取調べ時の刑事の対応

    ...私の彼女がネットの誹謗中傷による名誉毀損罪で逮捕されました。 被害者は私の元浮気相手です。 被害者は、私も共犯者だという内容の被害届を出していたらし...

    4回答 /
    2弁護士回答
  • 解雇目前の部下(パート)からの誹謗中傷について

    ...自己都合による欠勤が多いパート①(女バツ1)の出勤日数を減らし、 そのパートの急な欠勤の時にも、嫌な顔せず出勤してくれるパート②(女既婚者)を 信頼し...

    6回答 /
    3弁護士回答
  • 病気の方からの嫌がらせの対処法を教えてください

    ...10年程付きまとい嫌がらせストーカーに悩まされています。仕事上の打ち合わせ等もしたことのある、普通の関係でした。 相手の言動が、おかしくなってきたので...

    2回答 /
    1弁護士回答
  • リベンジポルノ予告の対処について

    ...はじめまして。 2ヶ月ほど関係を持っていた相手からメールで裸の写真やあなたの本性を会社の責任者と顧客に送ると言われました。 私は独身、相手は既婚者...

    2回答 /
    1弁護士回答
  • 元夫からの執拗なメール

    ...再婚した妻の元へ、元夫から子供に関する連絡を装ってしつこくメールが来ます。妻は10年前に離婚、調停の結果監護権を取得しています。 普通の内容なら問題視...

    1回答 /
    1弁護士回答
  • 自治会から不当な請求を議決され困っています。

    ...平成21年に自治会の総会で、発言を求めたのに拒否されたため、退会の申し入れを拒否され、22年3月に共益費を1500円とするという和解判決で3年間支払っ...

    8回答 /
    2弁護士回答
  • 歩きスマホにおける訴訟を積極的に行いたいとき

    ...初歩的な法律の勉強をしている一般人ですが、社会問題となっている「歩きスマホ」について、本人訴訟を含め、積極的に訴訟を起こしたいと考えています。 そこで...

    1回答 /
    1弁護士回答

※質問するには会員登録が必要です。新規登録はコチラ

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

インターネットのニュース

  1. 任天堂、ゲームの画像や動画の投稿ガイドライ...
  2. 六本木交差点のカメラで「通行人」の属性をリ...
  3. ベネッセ情報流出訴訟、高裁に差し戻し…最高...
  4. フェイスブック中傷投稿に「いいね!」、スイ...
  5. 名前晒し「2人の縁が切れ、私と結ばれますよ...
  6. 同僚との「一度の性的関係」を職場で部長にバ...
  7. 無修正「カリビアンコム」運営、米国籍男性の...